社会に貢献できるのが仕事のやりがい?嘘をつくな!まずは金だろ!金!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

ちょっといつも気になっていることがあります。

就活でその会社で働いている社員さんにやりがいなんか聞くと、

『社会へ貢献できた時です!』



みたいに社会貢献を打ちさす人いますよね。

仕事に対するやりがいとして、自分のやっていることがお客や社会に貢献しているのが嬉しいみたいな。


これめっちゃうざくないですか?


本心なの?貢献よりお金でしょ。


確かに言っていることは素晴らしいですよ。誰かの役に立つことは気持ちの良いことです。

だけどそれは本心なの?

給料低くても役立てればOKなの?休みが少なくてもいいの?
自分がボロボロになってでも社会に貢献したいと思う?


絶対そんなことないですよね。


屁理屈のようですが、そんな簡単に社会に貢献しようとは思わないです。

ましてや自分のことでいっぱいいっぱいの就活生には『社会への貢献がやりがい!』なんて絶対に響かないですよ。

まずはお金やライフワークバランス。そこが整ってから社会への貢献でしょ。

実際にそれらの待遇が整っている会社もあるでしょうが、ブラック企業がはびこり、給料も低い水準のこの世の中じゃ、大体が不満のある待遇を受けていると思います。

そんな社会で貢献なんて打ち出してもなにも響かないです。それはただの嘘つきですから。

『社会に貢献!』、そんなことより金をくれ。


会社に入るとやたらお客に貢献、会社に貢献、社会に貢献と綺麗事を並べやがる輩がいます。

正直いってかなりウザい。


要望だけが高く安い金しか落とさない客になんで貢献しないといけないのか?
安い給料で、休みも少ない会社にどうして貢献できるのか?

一向に良くならない景気に、責任や義務だけ重くなる社会にどうして貢献できると思うのか?

もううんざりです。
強制的に貢献させるのは貢献とは言いません。強制労働です。


こういった不満をもっている人いませんか?漠然ととにかく貢献しろと言われる世の中に嫌気がさしている人。

おそらくこういう考えの人多いと思いますよ。

だって自分には大したものが返ってこないのに誰が貢献しようなんて思うんですか。
そんなことよりも働いた分のお金をくれよと。貢献するのはそのあとだ。

もういい加減にしてほしいですよね。いまは自分でいっぱいいっぱいの人が大勢いるんです。
そのなかで社会に貢献なんて無理です。


強制貢献社会は滅びている。


ブラック企業なんてまさに強制的に貢献させることによって成り立っている会社ですよ。
やりがいだなんてポジティブな言葉で貢献させている。

それが社会まで広がっている。ブラック社会です。

でもそんなブラック社会も崩壊してきています。
もう人々が耐えられなくなっているんですよ。大した見返りもないことに疑問を持ち始めているんです。

元々無理して維持されていたような社会ですから。滅びて当然です。

余裕が無いんです。

残念ながらこんな世の中で本気で貢献しようとする人も貢献してくれる人もいません。


理想だけを並べるのもいい加減にしろ。

まとめ


ブラックな世の中ほど、ポジティブな言葉で誘ってくる人は大体嘘つきです。それか洗脳されたまま思考停止しています。

社会に貢献なんて今の時代無理です。自立していくのにも必死なのに。5年後自分がどうなってるかなんてわからないですから。

とにかく正当な対価を受け取れる世の中になってほしいです。
そうすれば心にも余裕が出て、人にやさしくしようと思えるはず。

まぁこのままの日本では永遠に無理でしょうが”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*