企業理念は社長自らが伝えるべき。出来ない会社は滅びるという話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近はなにかと新入社員に関するニュースが多いけど、いろいろ理不尽なこと多いなーと感じる。
社会は理不尽だらけだけど、それがまかり通るほうがおかしいし、それに負けたくないと僕はいつも思ってます。

某ニュースの特集で新人研修の様子を取材したものが流れてました。
その中で人材育成会社の社長が、クライアント会社の理念や社長の名前を新入社員に答えさせるテストをさせ、ほとんどが答えられない状況で怒鳴る、なんていう内容でしたが、ここに思うところがあります。

社長の名前は別として、会社の理念って社長が”直接”伝えるものじゃないのかい????


就活での理念の暗記は無意味


-shared-img-thumb-PAK85_lalamaittawai20140321_TP_V

就活ではよく受ける企業の理念を暗記することはありますけど、ほとんどその真意なんて理解できませんよ。
たかだか1行程度のキャッチコピーと、数行の説明で理解なんてできませんわ。文字や動画で伝わるのは数%ぐらいです(経験則)。
少なくとも僕は今まで受けてきた会社や今の会社の理念なんてこれっぽちも理解していません。



コンセプト=理念の共有に時間をかけるべき


-shared-img-thumb-PAK86_testderuzo20141123172553_TP_V
僕はデザイナーなのでその視点から言わせてもらうと、コンセプトがチームで中途半端に伝わったままだと、はっちゃかめっちゃかになるのは目に見えてます。

プロジェクトが始まる前にリーダーがメンバーにコンセプト=理念をしっかりと共有して、理解してもらうのが一番大事なところです。むしろそこに一番時間をかけるべきです。

コンセプトがチーム内で共有できるているなら、はっちゃかめっちゃかになることはほぼ無いです。だって見ているゴールが同じですから。


他人頼りは経営者として失格


なのにこの一番大事なところを外部の企業に研修を依頼して叩き込むとか、新入社員自身に覚えてもらうとか言語道断ですよ。はっきり言うと経営者失格です。もう一人で会社やったらどうですかって感じです。人をまとめる才能無し。


経営者がしっかり自分で伝えろ。


-shared-img-thumb-YOTA82_akusyuwomotomeru15123614_TP_V
理念は新入社員に表面だけ覚えさせるのではなく、理念を考えた経営者自らが(ここ重要)しっかり伝えるべきです。
社員全員が同じ方向を向いてこそ会社は成長してきます。

それができない会社はすべからく滅びます。というか滅びろ。

今は新入社員の研修というよりは、社長や経営者の伝える力の研修をやるべきだと思います。

ふぬけてるのは最近の若者ではなく、あなたたち経営者です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*