電話に出ない就活生が正解。電話を使う企業なんかと仕事したら大事な時間を強盗されるよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもユトピ(@yutopi60pa)です。

もう春。温かい空気を感じると憂いていた時期を思い出します。

先日話題になっていたこの記事。

[blogcard url=”http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170309-00000004-nikkeisty-bus_all&utm_content=buffer74390&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer”]

要するにメールでは礼儀正しく、しっかりとした対応を行えるのに、電話対応がまともにできない・苦手な就活生は評価が下がるといった内容。

そりゃ仕事をしていると否応なしに電話をとるかかけるかしないといけない場面が多々ありますよ。

でもそれが普通にできる人もいればできない人もいる。

僕もその一人です。

電話なんて今すぐなくなってくれ。

電話対応のせいで新卒退職

僕は電話は苦手です。

まず相手の顔が見えないことに違和感があるし、何よりこちらの都合をガン無視して時間をぶんどっていくのが耐えられない。

さながら時間の強盗ですよ。

これが大した事ない内容だったら思いっきり受話器おいてしまうぐらいに苛立ちます。

実は新卒入社した会社の業務の中で一番嫌だったのが電話対応。

取次とかならまだしも、お客さんからのクレームだったらたまったもんじゃないですよ。

僕はクレーム対応の係ではないので、基本的には担当者に渡すんですが、その隙が無いくらいにまくし立てて怒っている人が多いんです。

もうそれが耐えられなかった。

一日中自分のペースを保てず、そわそわしながら仕事なんてできやしないよ。

僕にはそれがどうしても耐えられず、そのまま精神を病み、退職しました。

『電話対応でその会社のことを学ぶ』なんていうことを言った上司がいましたが、僕は電話が自分にとってどれだけ邪悪なものかを学びましたよ。

電話は前時代の遺物になりつつある

スマートフォンの普及でLINEなどのメッセージアプリが普及している中、いまだに電話でのコミュニケーションに主軸を置いた働き方をしている大人はたくさんいます。

ちょっとした確認でも電話、挨拶程度でも電話、メールで済む内容を電話・・・etc

と、大したことない内容でもやたらと電話をかけてくる人が多いこと多いこと。

働いているとたまにこういった電話をかけてくる人もいます。

『○○の件、メールしましたのでご確認お願い致します!以上です!』

アホか!


何のためのメールや。本気で無駄。けたたましい音を鳴らして人の時間を奪ってその内容かよと思わず電話の相手に言いたくなる。

電話は無駄なんですよ。緊急性が伴わないような内容で使うコミュニケーション手段ではありません。

その点、今の就活生を含めた若者たちは合理的。時代を先取りしています。

メッセージでのやり取りの方が早いし、ストレスにもならない。好きな時間に確認できて、好きな時間に返信ができます。

かなり無駄を省けていますよ。電話が嫌いになるのもうなずけます。

若者がこういう傾向になっているということは、数年して彼らが社会の中心となった時

電話でのコミュニケーションは廃れます。どれだけ無駄ということかを理解しているんですから。

電話は確実に遺物になりつつあります。

電話対応をチェックする企業はなんて無能

上での記事にもありましたが、東証マザーズに上場しているアプリ開発会社では電話対応を採用時にチェックしているそうだ。

どういった方法でチェックしているかはわかりませんが、そんなくだらないことで優秀な人材を逃したらと思うとアホらしくて仕方ありません。

電話対応なんてできる人間がやればいいし、アプリ開発会社ならエンジニアやデザイナーなどに電話を取らせるべきではないです。

こういったモノづくりの職種は集中力が命ですよ。それを無駄な電話でぶった切るのは損失が大きすぎる。

再び同じ集中力を取り戻すのは難しいでしょうね。

緊急性のない内容ならチャットで十分。電話対応なんてできる費用はない。

電話をかけてくる人とは仕事をしたくない

この宣言しているひとは結構よく見ますが、僕もそれに大賛成です。

[blogcard url=”http://www.ikedahayato.com/20161107/66976654.html”]

[blogcard url=”https://www.ryukke.com/?p=5401″]

電話は人の時間を奪う行為。

それを理解せずにガンガン電話かけてくるような人とは仕事はできません。不効率極まりないし、邪魔でしょうがない。

基本はチャットやメール。そっちの方が効率も良いし、何より証拠も残る。

電話なんて録音していない限り、言った言わないの押し問答になったら面倒ですよ。

そうならないためにも重要な内容ほどメールなどで伝えるべきなんです。電話なんて危なっかしくて使ってられないよ。

まとめ

ここまで電話を中心でディスってきましたが、いまだにFAXなんていうものを使っている企業も多いです。

特に役所関係はFAX使っているところばかりですw

FAXはアメリカのスミソニアン博物館に展示されてるような、電話以上に遺物と化した通信手段ですよ。

たぶんメールもまともに使えないおじさんおばさんばかりなんでしょうね。

ホントに紙がもったいない。先ほども言った通り証拠を残す観点からも文書は電子化するべき。

もちろん言葉と文字では伝わる内容も印象も異なることはありますが、そんなの恋人同士のイチャイチャでやってくれよって感じです。

早く電話文化無くなってくれ。

就活生は臆することなく電話は無視してもらいたいねw

電話で大事な用事を伝えてくる企業が悪いですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*