劇的に自分を他人と差別化して価値を上げることができるたった1つの簡単な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。


今日から新しいジムに通い始めました。通う前はなかなか踏ん切りがつかず、ネットの口コミばかり見ていましたが、いざ行ってみると思いのほか快適で使いやすく、満足しています。

僕と同じようにそこのジムに通うか迷っている人にオススメしたら、入会を希望するようになりました。


と、こんな風に誰も体験したことないことをしている人がいると、周りの人はそれに食いついてく来ますよね。それが興味を引く話題ならなおさら。


これって実はすごいことなんですよ。
簡単に他人と自分を差別化でき、価値を上げることができるんです。



ということで今回は他人と自分を簡単に差別化して、しかも自分の価値も上げられる方法を書いていこうと思います。


これを読めばブログやビジネスで差別化に悩んでいる人も簡単に周りから抜き出た存在になることができます。


「YouTuber」に学ぶ価値の上げ方


皆さん、YouTuberはご存知ですか?


とかいっても大体の人はもう知っているでしょう。

YouTubeをメインに様々な動画を上げて人気を得ている人たち。ヒカキンやはじめしゃちょー、マックスむらいあたりが有名ですね。

彼らの人気の秘密として「誰もやっていないこと」や「疑問に思っていること」を実践するというところにあります。


例えば最近だと、ヒカルのこんな動画が話題になりました。




この動画は縁日の屋台が出しているくじ引きを全部引いて、本当にアタリが入っているのかを検証した動画です。
実際にはアタリが入っていないんじゃないかという結論になっていました。


このように誰しもが抱くであろう疑問を実践して再生数を稼いでいるわけですね。

まぁこれは資本力の問題もあるので、誰もが簡単にできることではないですが、それでも根本的に主張したいことは同じです。


皆が疑問に思うこと、気になることを率先してやるだけで価値を生み出せるのです。

人間というのは変化することには本能的に拒否反応が起きますし、損したくないという考えがあります。

そこを恐れず突っ込んでいくことで他人とは違う価値を生み出せるんですね。一時的に損はするかもしれませんが、ここで大切なのは他人と差別化すること。


積み重ねればあなたは他の人間とは一味も二味も違う人間として一目置かれることになります。

もう差別化成功ですよ。あなたは誰も持っていない価値を生み出すことができるようになりますよね。


日ごろから疑問をメモする習慣をつける。


ということで、ここまで他人と差別化できる方法について書いてきましたが、それを実践するにあたって必要な習慣があります。

それは日ごろの疑問をメモすること。


疑問というのは結構毎日出てくるもの。電車の移動中、スマホでネットサーフィンしているとき、テレビを見ているときなど。

無意識のうちに疑問はふと沸いてきます。そこを取り逃さないようにするのが大切。


なので、疑問がわいてきたらメモをする習慣をつけましょう。スマホでメモする方がデータとして残せたり共有できたりするので良いでしょう。

メモした疑問の中から実践できて、話題になりそうなものをピックアップしましょう。
それを動画なりブログなりに上げれば簡単に注目の的ですよ。


別に大それた疑問じゃなくても良いと思いますよ。
例えば「水曜日のダウンタウン」の○○説なんてくだらないことが多いですよね。

でもコンテンツとしては非常に面白い。ライトに楽しめるんですよね。
このぐらい軽いネタでも全然良いと思います。


疑問をメモする習慣をつけるのって難しいですが、やっぱり疑問を見逃さないというのは大切なこと。ここから変化が生まれるわけですからね。


まとめ


今回の方法は最初は難しく感じるかもしれませんね。
なかなか受けそうな疑問が浮かばなかったり、実践するのにひよったりね。

とにかく行動ですよ。
行動するだけで価値が生まれるんですから簡単なことです。慣れてしまえば他人と差別化するなんて容易いんですよね。

僕も頑張っていろいろなことにチャレンジしてみようかな。チャレンジ精神大事!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*