やる気が出ないなら「未来からのお告げ法」でモチベを上げ、目的を再認識しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも僕だよ、ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

いまいちやる気が出ない病にかかっています。定期的にくるやつです。
困りましたね。

どうにも眠くて眠くてやる気が起きないのですよ。
だからと言って甘えていてたら何も進まない。

しんどいねー。



とかぼーっとしていたら、モチベーションを上げてやる気を維持させる考え方を思いつきました。

今回はその考え方について書こうと思います。


「○○をしなければ」は未来の自分からのお告げだ


頭のなかでは「あれをしなきゃいけない」、「これをしなきゃいけない」ってことありますよね。

わかってはいるけど、どうにも体が動かないし、モチベも上がらない。


例えばブログなら毎日記事を書くのが億劫になるとか。やらなきゃいけないのにどうにも体がパソコンに向かないことってあると思います。
勉強でも運動でも良いです。やらなきゃいけないのに、気が乗らないことは多々あります。


そこで上手くやる気にさせる方法があります。
見出しにある通り、『「○○しなきゃいけない」というのは未来の自分からのお告げ』です。

どういうことか説明しましょう。


運動の場合なら、未来の自分は運動をしてこなかったために寝たきりになっていると考えましょう。
そんな悲しい未来の自分が、過去を変えるために自分に「運動をしなきゃだめだぞ!」ってお告げを送っている。と考えるのです。


よくありますよね。
「過去を変えたいと思うなら、今の自分が未来から来たと思って頑張れよ」みたいな。


未来でダメダメになった自分が、その状況を変えるために今頑張っておけよ!ってお告げをしているんですよ。

そうすればちょっとした焦りと共に、上手いことやる気も引き出せますよ。


現状がこのまま続くとどうなるかをリアルに想像できる。



この方法の良いところはやる気を引き出すだけではありません。
現状がこのまま続くと、未来の自分はどうなってしまうのかということを考えることができるのです。


・運動をしなかったら歳と共に体は衰え、寝たきりになる。
・勉強しなかったら将来的に自分が損をして、様々なチャンスを逃してしまう。
・ブログ書かなかったらいつまで経っても今の貧乏生活から脱することはできない。


このように今サボり続けたらどうなってしまうのかとリアルに考えることで、焦りを感じることができますよね。
こうはなりたくないと思うはず。


そんなネガティブな未来の自分が、今の自分に語り掛けているわけですよ。

「やっとけよ!いま頑張っておけばもっと良い未来がくるぞ!だからやれ!!」


何故今やらなきゃならないかをハッキリさせましょうよ。目的意識が低くなると人はモチベーションが下がってやる気が無くなるのです。


今なんとなくやる気が起きなかったり、やるべきことを放置してしまっている場合はこのように未来の自分を想像して、ネガティブな感情を原動力にすればまた行動できるようになるはずです。


モチベが下がった時こそ、目的を再認識する時だと考えましょう。


皆さんも早速やってみましょうぜ。


まとめ



ちなみに今回はネガティブな未来の自分を想像しましたが、同時にポジティブな未来の自分でも良いわけです。

お金持ちになった自分が過去の自分に「今やっておけば金持ちになれるぞー!」と語りかけていると思えば良い。
これもこれでやる気が出そう。


目的意識って本当に大事だよね。どうしてこんなことをやっているのかと定期的に考え直すことでモチベーションって維持されるからね。

今回のやり方で上手く目的を再認識できれば、三日坊主とかも無くなりますよ。



ということで、ぐーたらしてないで今すぐやりましょう!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*