あなたのブログがつまらない原因と面白くするために必要なコト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもユトピ(@yutopi60pa)ですぞ。

今回は僕と同じようにコンテンツ作りに励んでいる人向けです。


皆さんブログは楽しんでますかー?
果たして自信満々にイエスと言える人はどれくらいいるのかな。

最初のうちは楽しくできたけど、1か月も過ぎればその熱意も冷め、惰性で更新してるまたは辞めちゃったって人もいることでしょう。

そんな人に言いたいことがあります。

みんな、楽しんでる?


コンテンツは感情が動かないと意味がない。


コンテンツがヒットするために何が必要かわかりますか?
様々な要素はありますが、僕は人間の感情が一番大事だと考えます。

人間の感情というのは、行動の源になるものです。
喜んだり、怒ったりしないと人間は行動を起こさないものです。

ツイッターなどで炎上している時でもユーザーの「怒り」の感情を動かされて炎上しているんですよね。感情が動かされた時に初めてユーザーはアクションを起こします。


どんなコンテンツでも人の感情を動かさないと成功しません。


シェアだけじゃなく、アフィリエイトで購入というアクションを起こすのにも感情が動かされないとダメなんですよ。


逆に感情を動かすことが出来ないコンテンツは無いのと同じ。
一番悲しいのは好きでも嫌いでもなく、「無関心」なのです。そこに存在していないかのようになってしまうんですよ。

様々なWEBコンテンツがありますが、人気なものはどれも感情を動かされるものばかり。ブロガーにしろYoutuberにしろなんでもそうなんですよ。


本当に人間の感情を軽く見たらダメなんですよ。
まずは見ている人の感情を動かすこと。これがコンテンツにとって大切なことなんです。

感情を動かすコンテンツを作るには自分が感情を動かすこと。


それではここまで感情の重要性について長々説教してきましたが、実際のところどうやってユーザーの感情を動かすコンテンツを作ればいいのでしょうか?

これはいたってシンプル。
自分も感情が動くコンテンツを作ればいいんです。


言葉は簡単ですが、なかなか難しいですよね。結局のところブログでもなんでも自分が楽しめないとユーザーも楽しめないんですよ。文章からつまらないオーラが出てるんですよ。

最初のうちはその楽しさが続きますが、だんだんモチベーションも下がっていくので楽しむことが難しくなるわけです。

モチベを上げるのはまず刺激を与えることですね。
一人で黙々とやるのもいいですが、たまには刺激が無いと飽きてしまいますから。

同業者に会ってみたり、セミナー参加したり、イベントに行ったりとか色々あると思います。
そうしてモチベを上げ続けていればおのずと自分も楽しみながらコンテンツ制作ができるようになります。

話は少し変わって、以前も紹介したヒカキンさんのセルフ24時間密着動画に面白いシーンがありますよ。




xx分のところで動画を編集しながら笑っていますよね。
まさに自分も面白いと思いながら作ってるんですよ。

ここが重要。テストにでますよ。

ヒカキンさん自身も自分の動画を面白いと思って編集して公開しているんです。だからそれを観たユーザーも感情が動かされて面白いと感じているわけです。

経った数秒のシーンに今回の記事で言いたいこと全て詰まってましたw

確かに自分も楽しみながらやり続けるなんて本当に大変なこと。僕も別ブログで丸4年フィギュアのレビューし続けてますから気持ちわかります。

でもここが出来ないならコンテンツでの勝負はやめた方がいい。時間が無駄になるだけです。

自分がオススメって本気で思ってないのに、アフィリエイトのために記事書いて楽しいですか?
そんなことじゃユーザーには届かないですよ。感情が動かないと買われることはないです。

いまコンテンツ作りや運営で悩んでいる人がいたら一旦立ち止まって、自分が楽しんでできているか考えてみてください。

もし楽しむことができていないなら、初心にかえってもう一度モチベを上げる作業に注力しましょう。

まとめ

今回は少し長くなってしまった。
途中から半分興奮気味に書いてますw

先ほども言った通り、別ブログでの商品紹介に最近マンネリ気味なところがあったので、もっと頑張りたいなと思いながら記事を書きました。

今一度自分が楽しめているか振り返らないとなぁ。
完全に義務感になっていたかも。

もっと楽しんで気楽にやっていきましょうかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*