WEB

毎日更新をやめます。意地にならないで自分を縛らないようにする。

どうもユトピ(@yutopi60pa)よ。

ここ最近は写真撮りたい欲が凄まじく、毎日のように首からカメラをぶら下げて外出しています。

ザ☆サブカル男子ですね。

ということで今日は運営について。

僕は先月あたりから1か月ぐらい毎日のようにブログを更新してきましたが、ちょっとそれを辞めようと思います。

理由は『コンテンツ作りに集中したいから』

自分から解放されたい

まぁ、これを読んでいる人の中には「過去記事と言ってること矛盾してるやろ」って思う人もいると思うけど、そんな人はこの記事を読んでね。

[blogcard url=”https://60pablog.com/syoujiki/”]

人間は常に変化するものよ。そのスピードは人それぞれだけど僕も変化するのさ。だから矛盾したってえーじゃないの。

そしてなによりここは僕のブログなんでね。

自分を縛るとろくなことないよ。消耗しちゃうだけだから。

自分が素直に正しいと思った方に柔軟にシフトできるような心持ちでいるのは本当に大事。

意地になって、間違った方向に努力するのは完全に徒労に終わります。

完璧主義にならないようにもしておきたいよね。

何が正しい方法かは自分で判断する。

『コンテンツ作りに集中したい』なんてカッコイイ理由を付けましたが、単純にめんどいってのもあるよ。

睡眠時間を削ってまでやっても仕方ないし、その日のうちに書いた記事と、数日かけた調査の上で書かれた記事では圧倒的にクオリティーに差が出てしまいます。

だったらもっと『愛』を込めてコンテンツ作りに集中した方が良いのではないかと思い始めました。

ほら、海外SEO情報ブログさんでもこんなこと言ってますしね。

[blogcard url=”https://www.suzukikenichi.com/blog/it-is-love-that-you-need-to-create-high-quality-content/”]

WEB界隈の流れが変わってきていますので、自分も変わっていかないとですよね。

別に毎日更新することも悪いことではない。

文章力は筋トレみたいに数をこなすのが大切ですし。

ブロガーさんによっては、「毎日更新すべき!!」って人と、「更新頻度を落としてでも1記事のクオリティーを上げるべき!!!」という両端な意見を展開する人がいるけど、ぶっちゃけどっちも正しい。

しかしメリット・デメリットを理解しておくべきだよね。

毎日更新はモチベとクオリティーの維持が大変だし、更新頻度を落とすと飽きられちゃう可能性とかある。

まったくデメリットをとらないっていうのは不可能なので、自分に合った方を選ぶべき。

僕の場合はどっちもやってみましたが、やっぱり更新頻度落としてでも1記事のクオリティーを上げる方に注力した方が合っている気がします。

なにが正しいやり方かは自分で判断しないと。ブロガーの言っていることは飽くまで提案・アドバイスレベルです。

参考程度に聞いていおいて、あとは自分で何が最善な方法なのかをしっかり判断しましょう。

まとめ

ということで当ブログは更新頻度を落としていきます。

あ、でも週に2、3記事は書きたいと思っているので、ネタがある限りは書いていきますよ。

あまり放置しすぎると腕がなまるのでね。

コンテンツ作りに関してはこのブログの記事もそうですが、作りたいサイトを作ったり、写真を撮ったりとここ以外の活動にも力を入れていくつもりです。

結構飽きやすい性格なので、作りたい!と思った瞬間にやらないとすぐ冷めてしまいます。だから僕は今作りたいものを作っていきます。

そんなユトピですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。


(とか言ってまた毎日更新しはじめるかもね)

ブログに同じテーマの記事はご法度か?ユトピ『何度でも書けよ』

花粉症ではないユトピ(@yutopi60pa)です。

毎年今年こそは花粉症になってしまうんじゃないかと戦々恐々としているんですけどね。

皆さんはブログのネタを考えるときに、過去に書いたテーマを書かないようにってしていませんか?

ネタが被るのはよくないとか考えて、常に新しいテーマを出さなきゃってねっていません?

でもそんな悩みで頭を抱える必要なんてないよ。

記事のテーマは別にかぶっても大丈夫OK。むしろ被らせるっていうやり方もあります。

伝えたいことはいつも何度でも。

ブログによっては大きなテーマが決まっていて、そのテーマ内だと記事ネタに困ることもあると思いますが、基本的には伝えたいことがあれば何度だって記事した方がいいです。

あなたのブログの読者はそのテーマに興味がある人が多いはず。

だったら同じことを何度も記事にして、読者にあなたの伝えたいことを刷り込むんです。

要するにファンの育成ですよね。

こうすることであなたのブログを支えてくれるファンができるんです。

また新規の人があなたのブログに来た時って、せいぜい1~2記事ぐらいしか見てくれないと思います。

あなたの伝えたいことが埋もれていたら全くもって意味がないですよね。

そうならないために伝えたいことは何度でも記事にして、新規の人にも見てもらえるようにしといた方がいいです。

もちろんどうしてもこの記事が読んでもらいたいんだ!!っていうのがあればトップやオススメ記事にリンクを置いておく対策も必要ですけどね。

うまく切り口を変えていこう

もちろん多少切り口を変えることも必要。

例えば僕なんかは『新卒やめようぜ』とか『就活は無意味』とかいう記事をよく書いていますが、それらに関するニュース記事を見た際に自分の意見を加えて記事を書きます。

そのなかでもう一度伝えたいことを付け加えるんです。

『○○のニュースはこんなこと言ってますね。だけど僕は前から言っているように△△は××だと思いますよー』

こんな感じでね。

他にもやり方はありますが、基本的には伝えたいことがメインなので、そこを忘れないように軸として持っておきましょう。

まとめ

テーマを持ったブログを運営するときって、軸を持つって大事よね。

軸がブレブレだと、読む方も『なんやこのブレブレマンは』ってなる。

だから自分にとっての軸をしっかりさせるためにも同じテーマの記事を書いたほうがいいです。

自分の伝えたいテーマが決まっているならしっかりと記事を書いていきましょうぜ。

ブログネタが思いつかないなら、あなたが感情的になれることを書けばいいよ。

やぁ。ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

やぁ。ユトピだよって挨拶もそろそろ飽きてきた。

今のところ全部の記事の最初はこれで始まってるけど、別にこだわりはないし、次からはやめちゃおうかな。

それか変えちゃおう。

今日も元気なユトピだよ!!とかにしようかな。

ということで今回はブログのネタについて。

ブログ運営しているとどうしてもネタが思いつかなかったりする。

湯水のようにネタが思いつくときと、そうではないときって結構ある。

逆にネタはあるんだけど、今それについて書く気分じゃないんだよなーってのも僕はあるんですよ。

気分がノラないとスラスラ書くことできなくて、無駄に時間を費やしちゃう。

こんなのもったいない。

だからそういう時僕はいつも『感情的になれること』を思い浮かべて記事にすることにしています。

感情は執筆スピードを爆速化させる。

僕は感情っていうのに重きをおいていて、振り回されず上手に利用すれば行動するための推進力になると考えています。

喜怒哀楽それぞれを利用してかくと、変な話感情の赴くまま記事をかけるので、迷いもなくスラスラと文章が思いつくんですよ。

たとえば僕は怒りの感情を利用して記事を書くことが多いですが、怒りってかなり記事の執筆スピードを上げてくれます。

例えばこんな記事。

[blogcard url=”https://60pablog.com/itcompany-home-work/”]

[blogcard url=”https://60pablog.com/premium-friday-baka/”]

この辺りなんて、下書きは30分くらいで書いていますよ。

どちらもニュースなどを見て沸いた怒りをそのまま書いたものです。

こういった内容って、あまり周りにぶつける対象もいないので、ブログで吐き出している感じですね。

ツイッターでも不満を吐き出すこともありますが、それだけにとどめるのは個人的にはもったいないなと思います。

他の人のツイートにどんどん埋もれて、自分の意見を発信するにはいささか混みあっています。

だけど自分のブログなら埋もれることは無い。しかも文字制限もないし、しっかりと自分の言いたいことを言えるわけです。

そっちの方が精神衛生的にもよかったりしますよ。

そして無事に記事として書き上げるとスッキリしますw

感情を溜め込まないで、ブログという形で吐き出すとストレスフリーになれちゃいます。

こんな感じで、ネタがないときは今自分が嬉しかったり、怒っていたり、悲しかったり、楽しかったりすることを共有するような形でネタを思い浮かべていけば、スラスラと記事を書くことができますよ。

ホントにオススメ。


でもこういう記事ってお役立ち系の記事とは違って、誰かの生活を便利にしたりするわけではないよね。

それじゃこの記事は意味がないのか?

答えはNOです。

感情的な記事は共感を得やすい。

見出しのとおりなんですが、感情がもとになった記事って読者の共感を得やすいと僕は考えています。

前にも似たような記事を書きましたね。

[blogcard url=”https://60pablog.com/blog-emotion-buzz/”]

ブログって読者の感情を動かせると結構バズを起こせる可能性が上がるんですよ。

その記事に共感したりすることで、どんどん拡散されるわけですね。

詳しくは上の記事を見てほしいんですが、つまり読者の共感を得れないとあまり盛り上がらないってこと。

共感を得るにはwikipediaみたいな辞書的な文章よりも、感情的に書かれたものの方が良いんです。

人間は他人の感情と共鳴してしまう生き物ですからね。

『日本死ね』なんてある意味そんな感じかもね。

もちろんしっかり内容を伝えられるような、最低限ロジカルな文章じゃないとダメですが、ある程度理解できるなら口語体に近い文体でも効果的だったりしますよ。

なのでお役立ち系の記事も良いですが、そのネタがないときなんかはこういう手法を使ってネタを出していくとうまくブログを続けていくことができます。

まとめ

感情の原動力ってホントすごいよ。

人によってどの感情が大きいかは違うと思いますが、ネガティブな感情でさえうまく利用できると結構最強です。

怒りがこみ上げてきたら行動するための燃料を投下されたといつも思っています。

悲しいことはそりゃ嫌ですが、溜め込むよりはマシ。どんどん発散していかないと。

ポジティブな感情についても十分共有する価値はあるしね。

ということで今日はこれで終わりンゴ。

しゃぶしゃぶ食べたい。

あなたは情報商材に頼るから稼げないんだ。ネットは簡単に稼げるなんて大ウソ。

やぁ。ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

今日、姉妹ブログのフィギュアレビューサイトとテーマがモロ被りのブログを見つけました。

PV数やSEO、撮影技術に関してはまだまだという感じでしたが、明らかに行動力が違いましたね。ホントにこのテーマが好きなんだなと感じました。

そういう人は非常に強いですよ。

取材とかもしちゃってるんやもん。僕なんかせいぜいイベントレポートぐらいなので、これから脅威になりそうですね。

僕もそろそろ本腰いれて頑張っていかないとなぁ。

ということで今回はネットビジネスに関して。

最近は少なくなった気がしますが、いまだに『ネットで月収100万円!!』とかの胡散臭い情報商材の広告がありますよね。

僕もなぜだかツイッターでよくそういうアカウントにフォローされます。

超キモイんで無視しているんですが、たまにそのアカウントのツイート見てみると大体が「食べ物」か「旅行」の写真なんですよ。

『ほら、ネットで100万稼げればこんな夢のような生活ができるんだぜ!』

と言わんばかり。

残念ながら僕は食べ物にも旅行にもそこまで魅力を感じないので、全く響きませんね。


僕のフォロワーにいるけどこのアカウントとか超キモイ

女子大生社長@あかね (@EddieMo76811335) | Twitter

副業月収200万@ゆな (@bosehahonntouni) | Twitter


これ完全にbotだからね。

固定ツイートにあるリンク先のページもだいぶ怪しいよ。

でもいまだにこんなのに引っかかる人もいるんだよね。

情報商材が勧める稼ぎ方はつまらない

情報商材って基本的にせどりかアフィリエイトをすることを勧めてくるのが定石。

特にアフィリエイトは酷くて、「高単価の案件を見つけて、ブログを作って紹介するを繰り返す」だけですよ。


しかも薄っぺらいブログを量産する手法ももうGoogleのアリゴリズムが賢くなっているので、通じません。

そんなやり方わざわざお金払わなくたって思い尽くし、しかも高単価の案件が自分に興味のあるものじゃなかったら苦痛なだけですよ。

確かに高単価の案件でブログを作って紹介すれば理論的には可能ですが、そもそもその商品を買わずに紹介するなんて無理だし、興味も無かったら本当に苦痛。

クレジットカードに興味無いのに、紹介できますか?しかもライバルだってたくさんいるのに。

情報商材に騙されるような人はネットで稼げない

これだけは言いたいんだけど、いまだに情報商材屋に騙されるレベルならネットで稼ぐことなんて無理だよ

だってウソとホントを見分けられていないじゃん。

しかもこんな簡単にウソだってわかるのレベルをだよ。

要するにまだネットビジネスに関する知識が圧倒的に足りないんです。

僕も全然勉強途中ですが、もっともっと勉強した方がいいです。

しかも勉強するのに情報商材なんか必要ないです。正直書いてある内容はググれば出てくるレベルのものばかり。

こんなのにお金払うなんてバカらしいよ。

例えばブログで稼ぎたいなら、ひたすら人気ブロガーの記事を読んで、自分で書いてみることです。

ネットショップで稼ぎたいなら、売れているショップを研究して、良いところを真似てみることです。


最初は失敗します。うまくいきません。

でもなんでもトライ&エラーです。

方向性が間違っているなら修正していけばきっと稼げるようになりますよ。

情報商材屋に頼るのは明らかに間違った努力です。今すぐやめてください。

ネットビジネスに近道はない

ハッキリ言うとネットビジネスに近道なんてないです。

ごくたまにブログ作ってすぐ炎上してあっという間に人気者みたいな人はいますが、あんなのみんな狙ってできたわけじゃないです。

本当にただの偶然。

それ以外の99%の人に近道なんてない。

ネットは作業を効率化することはできますが、すぐに稼げるようになるわけではないです。

とにかく稼げない期間をどれだけ我慢していけるか。

失敗を繰り返しながら徐々に徐々に成功に近づいていくんですよ。

結局は継続が大切。これはネットビジネス関係ないよ。

なんでも続けることが大事なんだよね。

それができなきゃネットでもリアルでも稼ぐことなんて無理。

これだけはハッキリ言いたかった。

まとめ

ということで、僕がここ数年で悟ったことでした。

ちなみにここまで偉そうに言っていますが、僕も3年前に2万円の情報商材を買ったことがありますw

内容はさっき例に出したブログを量産するというもの。

当時はそうだと信じてましたねー。

結果は言わずもがな。

あんな手法はもう二度とやりたくないです。

だからこそ今回こんな記事を書きました。

これを読んでいるみなさんにも騙されないようにしてもらいたいです。

とにかくネットビジネスに近道はないです。

でも頑張った結果は素晴らしいものです。好きなことをしてお金を稼げるようになれます。

道のりは険しいですが、自分を信じて突き進んでいきましょうぜ。

『共感』も『反感』も得れない記事は一生読まれない。

やぁ。ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

最近マクロスΔに登場する「ワルキューレ」というグループの『ワルキューレがとまらない』という曲がたまらない。

ワルキューレがとまらないんだよね。リピートがとまらないんだよ。

つべこべ言わず気になった人は聞いてみてよ。

ということで今回はブログの書き方について。

ブログって拡散されたりする主な理由って何か知ってます?

それは読者の感情を動かすこと。

もっと具体的に言うと、「共感」か「反感」をかうことです。


まず共感の場合は、

「あ、すごく良い事言ってるなー。みんなに教えたろ!」

「めっちゃ役に立つ!素晴らしい記事や!」

だったりと記事を読んでポジティブな感情が働いた時に拡散されるパターン。

反感の場合は、

「なんやコイツ!!めっちゃ腹立つわ!みんなで叩いてやろうぜ!」

「コイツの言ってる事どうかしてるわ。みんなどう思う?」

みたいなネガティヴな感情が動いた時に拡散しれるパターンやね。

これを意識してブログを書くと格段に拡散されやすさが上がるんだよね。

でもこれってほんとに難しいんだよ。

炎上は共感に比べたら簡単。

よく見るのは大体が反感のパターン。

要するに炎上


キンコン西野さんや、東京で消耗するのを嫌がる人とかね。

肯定意見もあるけど、大体が否定的な意見が目立ってます。

でもなるべくなら炎上はしたくないもの。

あえて炎上を起こすパターンもあるけど、あまり良い印象を与えない。

真っ当な意見を言った上での炎上は仕方ないけど、どう考えてもおかしいだろっていうのはやっぱりダメ。

この炎上ですが、起こすのは結構簡単。



コンビニおでんを指でツンツンすれば炎上します。

嘘です。犯罪はやめよう。

炎上は反社会的なことを言って、上から目線で、煽ると反感をかって拡散されていきます。

大体の炎上はこのパターンだよ。

煽るだけのパターンもある。イケハヤさんはこのパティーンかな。

キンコン西野さんもお金を否定して絵本を無料公開するという今の社会では反社会的な感じに取られることをやって炎上しましたね。

(個人的には面白いからアリだとは思うけど)

このように基本的に読者の反感をかうのは共感を得るより簡単なんですよ。

それじゃ共感はどうするのか?

共感を得るには経験談が1番

それでは共感のパターン。

これは正直言うと僕も意図的に起こして拡散されるのは難しいです。(一度も経験無いしね)

ただお役立ち記事を書けば良いと言うものでもないんですよね。

読者にとって役立つだけでも充分ですけど、ここから拡散っていうのは難しい。

「東京のコンセントがあるカフェまとめ!」


とかは確かに役に立つけど、拡散はされない。

ひっそりと自分のお気に入りに入れられたりするのがオチ。

ならどうすれば共感を得ることができるのか?

それは経験談を語るのが1番です。

リアルに経験したことを記事として書いた方が共感を得やすいんですよ。

人間は文章を読むとき、その内容がストーリー調だと自然と自分を投射して読んでいくきます。

そうするとあなたの経験談がまるで読者も同じ経験を味わってる感覚になるんですね。

これはまさに共感です。

逆にwikipedia読んで共感しちゃう人はいないよね。

いたらだいぶ特殊な人です。wiki読んで泣いてる人いたら面白すぎるよ。

とういうことで経験に基づく記事を書いていけばいいのですが、まずはその経験を積まないとなにも始まらない。

だから共感を得る記事って作るのが大変なんです。特に目的に記事が先にきて、あとから経験を積んで、書いていくとなると時間がかかります。

だから過去のエピソードを掘り起こすんです。

なにも特殊な必要はないのです。ちょっと身近なことの方が共感を得やすいですからね。

僕の場合は就活時代のことをよく書いています。

[blogcard url=”https://60pablog.com/post-2704/”]
[blogcard url=”https://60pablog.com/sinsotsu-2month/”]

これは結構反応がよくて、まさに共感を得られていますね。

このように読者から共感を得るにはまず自分が経験しなければならない。

経験談ほどリアルなものはないですからね。

逆に炎上を起こす反感は経験を積まなくても、すこし偉そうなことを書けばいいんです。共感よりはお手軽。でもリスクも大きい。

なので、やっぱり共感を得られるような記事を書いていった方がのちのち自分のためにもなりますよ。

とりあえず真面目にやっていきましょう。

まとめ

ということでブログの読者の感情を動かせよの記事でした。

なかなか僕もまだそれをマスターできていないので、先輩ブロガーの記事を読みながら勉強していこうかなと思います。

まんまと共感したり、反感したらやられたなって思っちゃいますよ。

ここをとにかく勉強して自分のブログに活かしていきましょうぜ!

初心者ブロガーはPVを気にするのはやめよう。とにかく『継続日数』を見る。だって減ることはにないし。

やぁ。ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

今日は半日ぐらいフィギュアの撮影とレビューに費やしてしまってもうヘトヘト。

ブログ書くのがすごく楽に感じますよ。

でもフィギュアいじりは楽しくてやめられんわな(^◇^)

ということで今回はブログのモチベについて。

ブログって最初のうちはすごく書くのが面倒くさくないですか?

やりなれていないことを続けるっていうのは本当に大変なんですよ。

すごく疲れるし、頭も使う。思うように文章が書けないのもイライラしちゃいますよね。

しかもそれでPV数にまったく反応が無かったらもう萎えちゃいます。


ぶっちゃけ僕も去年の夏ぐらいはそんな感じでした。

必死でたくさんの記事を書いてきましたが、反応が薄いったらありゃしない。

よく聞くコツとしては最初のうちはPV数は気にしない方がいいなんて聞きますが、やっぱり気になる。

そうするともうブログ書くのをやめちゃうんですよね。もうモチベはなかなか上がらないし、保つのも大変なんです。


だったら別の数字をモチベの目安にしちゃえばいいんじゃない?

とにかく継続日数だけ見ておこう。

そりゃまぁPV数が上がれば嬉しいですよ。はてなの場合ははてブの数とかもね。

見られているのが如実にわかりますからね。モチベはあがりますよ。

でもそんな幻想を抱いても今すぐ状況が変わるわけではない。とりあえずいまの状況を変えなければなりません。

ブログを人気にさせるのはとにかく記事を書くこと。

毎日しっかりとブログを更新していけば、文章力も上がっていくし、読者も飽きない。

もうメリットしかないよね。

そうすればPV数はきっとついていきます。

そしてそのPV数が少ない間なにをモチベ維持にすればいいのかというと、『継続日数』ですよ。

これは意外とオススメ。

毎日投稿していると確実にこの継続日数っていうのは上昇していきますよね。

これって自分がやってきたことが目に見える形で把握できる。しかもPV数と違ってやめなければ減ることもない。増えていく一方なんですよ。

1週間ぐらいだと効果は見えにくいですが、10日超えたあたりから数字を見た印象が変わってきますよー。

この数字をリセットしたくなくて、また今日も記事を書くっていうのを繰り返すと自然とブログ投稿が日課になっていきます。

ブログを運営する上で連続投稿日数っていうのは一つの指標になり、ブログの価値を上げることにもなる。

単純なことかもしれませんが、これがすごく難しい。1か月続けば良い方。

ブログはとにかく続けることが大事です。筋トレみたいなもの。

なので運営当初はまずPV数ではなく、継続日数を指標にしていきましょう。

この記録を止めたくなくてたまらなくなってきますよー!

まとめ

以上が継続日数でモチベを保っていこうでした。

ちなみに僕も今現在その数字を指標にしている真っ只中。


PV数はあまり気にしないようにしておいて、継続日数が1日1日増えていくことに達成感があります。

積み重ねの数字がしっかりと見ることができますからね。

なんでもそうですが、見える化ってかなり重要よね。

自分がやってきたことをしっかりと見えるようにすることで、現状把握もできますしね。

ということで皆さんも自分をとりまく様々な数字をうまく利用して、自分のモチベーションアップにつなげていきましょう。

初心者ブロガーに分析ツールは無理だから狙った記事は書くな。だってまだブログが何者にもなっていないから。

やぁ。ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

2月だね。バレンタインだね。

かれこれ4年は貰ってない気がするユトピです。

チョコ待ってるよ(´・ω・`)

というわけで今日はブログについて。

よくブログ記事を書くときって、『Googleアナリティクス』『サーチコンソール』『キーワードプランナー』などなどを駆使して検索流入を狙ったものを書くこと多いですよね。

僕もたまにしています。結果がでると嬉しいもんです。デスノートの夜神月の「計画通り」ってやっちゃいます。

でも初心者にはぶっちゃけオススメしません。

よく「ブログを始めるならこれらのツールは必須だよ!」とか「マーケティングの勉強になるよ!」とか言われますが、初心者ブロガーはやめた方が良い。

正確に言うとアナリティクスやサーチコンソールはデータの取得だけしといて、あとはそれ以上は頼らない方がいいよってこと。

なぜかというと”まだあなたのブログは何者にもなっていないから”

まずはブログが何者かをはっきりさせよう。

見出しの通り、まずあなたのブログを何者かはっきりさせないといけないんですよ。

要するにテーマや方向性を決めないとだめ。

特にこの60%ぶろぐみたいに雑記系のブログの場合は、最初のうちにこれらのツールを使って検索流入を狙おうとすると大抵失敗します。

そうすると失敗の体験が積み重なって、ブログを書くことが億劫になってくるんですよ。

こうならないためにも最初から検索流入なんて狙わない方がいいですよ。

まずはあなたのブログが一体なにを中心に書いているブログかを決めて、何者なのかをはっきりさせましょう。

とにかく書きまくってウケる記事を探る

それじゃどうやってブログが何者かを決めていくのでしょうか?

それはとにかく得意な記事を書きまくって、その中でウケた記事を探すんです。

ここで注目したいのは、「得意な」ってところですね。

得意な記事の方が筆が速いんです(キーボードだけどね)。

やたらアフィリエイトの報酬が高いジャンル、例えばクレジットや保険などのようなものを書こうとしても、このジャンルに詳しい人には勝てっこありません。

だったら自分が書くことができる記事をとにかく更新しまくって、そのなかでウケる記事を見つけたら、それを横展開していけばいいんです。

ウケるネタが見つかってからが先ほどの分析ツールの出番なんです。

分析ツールはウケる記事が見つかってから使う。

ウケる記事が見つかってからが本番です。


例えばサーチコンソールには、ユーザーがどのようなキーワードでブログに来たかを調べることができます。

あなたの「資格」について書いた記事がウケたら、その「資格」についての関連キーワードを検索して訪れる人が多いはずです。

そこからまた横展開すればいいんです。

勉強法やオススメの資格、就職に役立つ資格など、とにかく思いつくまま書けばユーザーにウケます。

ユーザーは「資格」に関して興味があるからブログを見に来ているわけだし、あなたも得意なジャンルで記事を書いているので、全く苦にはならないはずですよ。

ここで初めてあなたのブログが何者なのかがはっきりするわけですね。

このようなサイクルでブログを運営していけば伸びていきます。

「とにかく得意な記事を書く」

「ウケる記事を見つける」

「分析ツールを使う」

「横展開する」

「ブログが何者かはっきりする!」

要するに釣り堀でいろんな餌を試してみて、エビでヒットしたならそこからはとにかくエビで展開していけばいいんですよ。

もちろん最初からテーマが決まっているなら違ってきますが、特に決まってないような雑記ブログの場合はこういった展開の仕方が最適です。

「資格」のネタが尽きそうになっても、雑記ブログなので、また同じサイクルで他のウケるネタを自分の得意なところから探せばいいわけです。

このように最初から分析ツールを使っても何者かはっきりしていないブログでは意味がないんですね。

まずはとりあえず得意なジャンルで記事を書いていきましょう。

まとめ

このサイクルでいう横展開が上手くいくと、そのジャンルに特化したブログやサイトを別に作るのも手ですよね。

僕はフィギュアレビューは別に特化型ブログを作って運営しています。(運営歴としてはあっちの方が先ですけどね)

ということで雑記ブログでなにをどうしたらいいかわからない人はこのようなサイクルで運営していきましょう。

自分の体験談とか得意なことを解説するよなノウハウ系の記事は結構ウケますよ。

そこに自分の個性をいれることができたらなお良しですね。

体験談はそれ自体が個性ですけどね。

過去記事と矛盾してもいいやん。ブログは正直に書いた方が圧倒的に楽だという話

やぁ、ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

いま美容室の待ち時間で書いてます。

すごくドキドキしています。

人見知りはしない方なのに美容室はいつまで経っても慣れないよ。

どこの美容室も僕と属性が違いすぎてつらたん。アウェー感すごい。

ちなみにいまの美容室は原宿系なかんじ。
足立区系の僕には辛いのです。

隣の男の子、なんであんなにベラベラ話せるのかな

ということで今日はブログで発信する上で気をつけてることを書いていこうかなと思います。

皆さんはブログとかSNSって書くときに結構気を遣ったりしませんか?

矛盾がないかとか、これを言ったら叩かれるんじゃないかとか。

ブログ歴が長い人ほどこの症状に陥ることがあります。

僕もありますよー。

ここのブログ歴は浅いですが、姉妹ブログは四年ほど運営しています。

今だって昔書いた記事と矛盾してること書いたらどうしようとか無意識に考えちゃってますw

こんなこと気にしてたら手がピタッと止まってしまいますよね。

矛盾しないように見繕って小さな嘘を書いちゃったりとかしちゃってね。

そしてヤル気がドーンって下がる。

これが続くと「もうブログなんて辞めてやる!!!」ってなるよね。

よくわかります。僕も経験ありますからね。

それで後になってちゃんと書いとけばよかったと後悔するんです。

そこで僕は思いました。


もう「正直」になろうよと!!


大人になると嘘は当たり前のようにつく

でも実際問題、「正直」って結構難しい。

そういえば乃木坂46のオススメ曲を紹介するときにこんなフレーズがあったのを思い出しました。

[blogcard url=”https://60pablog.com/2017/01/26/nogizaka-46-recomend11/”]

いくつの嘘

自分に言い続けたのかな?

誠実じゃない 僕はその分 

大人になった

出典:乃木坂46LLC

要するに嘘をつくたびに大人になったよってこと。

??「おっと、乃木坂の宣伝はここまでだ。」

そうなんです。大人になると正直じゃないのが当たり前になってしまってるんですよね。

子供のころはまだよかったけど、いつからか建前とか保身で正直になれなくなっているんですよね。

それがもう完全に身についちゃって、無意識化してる。

だからブログでも正直に書こうとしてもできないんですよ。

完璧にはなれない。

てかさ、矛盾が出たり、主張がおかしいって叩かれたりするのって仕方ないと思うんですよ。

それら全部クリアしている完璧な人間っていますか?

誰だって失敗も間違いもするし、変化だってする。だから矛盾が生じるのってむしろ当たり前なんですよ。

人間に完璧な人はいないんですよね。

それを意固地になって嘘を重ねると辛くなりますよ。

よくあるのが、嫌いな歌手がいて意固地になって聞かなかったけど、たまたま曲を聴いてみたら結構好きな楽曲だった。

でもいまさら好きだなんて言えない。

だからこのまま嫌いで通す!

みたいなね。

本当は好きになったのに、矛盾が出るからそのまま嫌いだと嘘をつくんです。

でもね、人間は心理的にどんな小さな嘘でも後ろめたさを感じる生き物なんです。

それが知らず知らずのうちにストレスになってくんですよ。

だったら最初からもう矛盾とか叩かれるとか気にせずにやっちゃった方が意外と楽だよ。

矛盾したって、叩かれたって今の自分が思ってることを書けばいいと思います。


突っ込んでくる人もいると思うけど、まともな意見以外はブロックでいいですよ。

疲弊するだけだからね。

正直に思ってることを書いていくとほんと楽ですよ。

無駄な嘘をついていないので、何言われても後ろめたさがないんですもん。

それに今書いてる意見がそのうち真逆に変わったっていいんですよ!

そう思うとほんと記事制作が捗るんです。過去の自分に気を遣わなくてもいいんですからね。

今の自分はこう思ってるんだよ!!!

こうやって主張しちゃえばいい。

正直って意外と楽ですよん。

これでやっと自分のブログが本当の意味で自分のものになった気がしますよ。

まとめ

ということで今日はここまで。

一応言っとくけど人の悪口とかはあかんよ。のちのち面倒だからね。これは気をつけた方がいい。


髪も切り終わってスッキリしたし、フィギュアで遊んでもう寝ます!!

WEBデザイナーがアイディアに詰まったときにやってること7つの方法

僕の仕事はWEBデザイナーです。
デザイナーって常にいろいろな制作物をしていかなければならないんです。
WEBサイト、ページ単体、バナー、ボタンデザイン、アイコン、ロゴなど様々なものを作ります。


しかし毎日アイディアを出していると、たまにまーーーーったくなにも思いつかない時があるんですよ。

困ったものです。
特に締め切りが近かったら最悪。


だからといって焦っても余計になにも出ない状況に陥ります。

なので今回は僕がアイディアがまったくでないときやっていること7つをまとめて紹介しようとおもいます。

他のデザインを見る

gf01a201502030100

アイディアが出ないときは頭が固まってしまって視野が狭くなっていることがあります。

そういう時は他のデザインを見て脳に刺激を与えましょう。

重要なのは、同じ分野のデザインだけを参考にしないこと。
この場合は刺激を与えることが大切なので本でも動画でも音楽でもなんでもいいんです。
僕の場合はWEBデザインを作ることが多いのですが、必ずしもWEBデザインにこだわる必要はないということですね。

思いもよらないところからアイディアが生まれてきます。
音楽も視覚的なものではないですが、耳からでも十分脳に刺激を受けることが可能なのです。

自分の作品を振り返る。

ANJ77_arubamumiruanjyu20141115105406_TP_V

ちょっと過去の自分を振り返ってみましょう。

もしかしたら同じ状況に陥ったことがあるかもしれない。
そんな時どうやってアイディアを出したのかを振り返れば、また新しいものを生み出すヒントになるかもしれません。

昔の自分もある意味先生です。

王道デザインを使う

143469d4e943ba9cd42e44fd87e3c3b9_s

デザインには先人たちが生み出したさまざまなルールがあります。
レイアウトや配色など多くのものがあります。

奇抜なものやオリジナリティのあるものを作りたい気持ちもわかりますが、調子が悪いときはそんなアイディアは出ません。
ここは素直に先人の知恵を借りるのも状況を打開するのも効果的ですよ。

王道デザインを外してみる

143469d4e943ba9cd42e44fd87e3c3b9_s

今さっき王道デザインを試してみるといいましたが、ここから外れてみるのもまた1つの方法です。
左のものを右に、上下を逆にしてみる、赤を青になど大胆な外し方をするとなお良いでしょうね。


すこし上級テクニックではありますが、どうしても王道デザインに自分のオリジナリティを入れてみたいのなら少し外してみると良いです。

組み合わせる

2000px-AdditiveColorMixiing.svg

新しいものを生み出すには既存の物と既存の物を組み合わせることで誕生することがあります。
アイディアに詰まったら他のデザインを参考にしつつ、もう一つ別のデザインを出して合わせればそこから新しいものが出てきますね。

これは先ほど書いた、過去の自分を振り返ったときに思い出したアイディアを組み合わせるのも有効的ですね。より一層オリジナリティが増します。

人に聞く

PAK74_mouiikkaiittekudasaiira1209_TP_V

一人でアイディアをひねり出す時はどうしても考えが閉鎖的になりがち。
そういう時はだれかにその扉を開けてもらいましょう。


聞く相手は誰だっていいんです。
隣の人、同じデザイナーの人、エンジニア、事務の人、父ちゃん母ちゃんなどなど誰でもいい。


意外な人からの、意外な言葉で問題がすんなり解決することがあります。

作業をやめる

GREEN_HO20140125_TP_V

ここまやってなにも出てこないなら、なにやっても出てこない。そういうもの。
だったらいっそのことその作業から離れてみましょう。頭のリラックスです。


ちなみに僕はトイレに10分くらいこもって寝ますw
大分スッキリしますよ。


余裕を持たなければ思いつくものも出てこない。
まったく別のことを考えたり外の空気を吸ったりして一度頭の中をリセットすると、意外なところからアイディアが出ることがありますよ。

まとめ


以上が僕がデザインのアイディアに詰まった際にやっていることです。

ここまで偉そうに言いましたが、結局はアイディアを出すのにルールなんてないです。

自由気ままに考えるのが一番。

頭を固くしてもいいことありません。
デザインもブログもビジネスも、自由な気持ちが大事です。

あまり頑固にならずにいろいろなものをみて吸収してください。
そうすればおのずと良いアイディアは生まれてくるものです。