昔から、僕はなにか作業に打ち込んでいるときに誰かに見られるのが本当にいやな人間でした。

後ろから横から覗かれるのが本当に嫌。


これはいまでも変わっていないです。
集中できないんですよねー。せっかく集中してても茶々を入れられたらたまったもんじゃありません。せっかくの集中力を返してくれまんかね。もう家でやらしてくれよーなんて何回思ったことか。

僕が神経質なだけかもしれないですが、誰でも覗かれるのは良い気分しないはず。
こんな環境じゃ100%の力で無いですよ。(このブログは60%ぐらいの脱力ブログですがね)

だから社員全員のデスクに仕切りを作って個人スペース作りません?理想はドア付きで完全にこもれるタイプ。
漫画喫茶のようなイメージです。
こんな風に個人のスペースを確保できればメリットだらけですよ社長さん。

自宅のような安心感

and_167413出典:http://getnews.jp/img/archives/imp/and_167413.jpg

会社で仕切りをつくってその中を自分なりにアレンジすれば、そこに生まれるのは正にユートピア。画一されたデスクなんかよりもよっぽど仕事がしやすい。
好きなものを近くに置いておくのもいいでしょうね。これがあるかないかでも仕事のモチベーションが変わっていきますよ。仕切りの壁にもポスター貼っちゃいましょう。

完全に自分の部屋のようにアレンジしていくことで自宅のような安心感をゲットできちゃいます。

集中できる

20090730151625出典:http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sangoroid/20090730/20090730151625.jpg

個人スペースを確保することで集中もできます。人に見られてると感じられるとやっぱり気になります。
「なんであいつこっち見てんだよ・・・。」っていうことが無くなります。
隣の人からちゃちゃ入れられることもなくなります。

周りの目を気にせず仕事ができるので、集中力もアップします。

在宅ができない企業こそスペースの確保を

img_201410_02

個人スペースをつくることのメリットを述べましたが、IT企業などで在宅勤務を導入できない会社はこれをやるべきです。
クリエイティブ系の職種はこのような個人スペースを確保することで、アイディアも生まれやすくなります。
集中できる環境は本当に大事。

まぁ、あとは多少サボっても気づかれないしね。
サボっても仕事が出来れば無問題な主義なもので。