意見

フレンドリーが苦手。誰もがスグに友達になれるわけじゃないんだよ。

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

僕は人見知りこそしないものの、心の壁は結構厚いほうです。すぐに人と仲良くなるのが苦手なんです。

そういう方って多いと思います。

中でもフレンドリーな人ね。とっっっっっても苦手!

いきなりタメ語だし、めっちゃ目見てくるし、めっちゃ質問してくるし、なんなのよ!


タメ語で話せばフレンドリーになれると勘違いしている


フレンドリーってなぜかタメ語で話してくる人多いよね。
初対面でもウェーイなノリで詰め寄ってくる。


敬語で話せや!!!!!!



いくらフレンドリーでも友達でもなんでもないのだからまずは敬語だよね。
貴様のやり方を押し付けられてもこまるんですよ!距離感考えようよ!

そんな距離感じゃ運転時に車間距離狂って追突してるぞまじで。

タメ語で話せば初対面でも仲良くなれると思ったら大間違いだからな。むしろ反感をかうことだってある諸刃の剣だってことを理解しろ!!


フレンドリーとは波長が合わない


そもそもフレンドリーな人たちとは波長が合わないことが多い。

あいつらって基本ポジティブ思考。僕はネガティブ思考。

そりゃ合わんわ。

ポジティブってテンションが高いやん?ネガティブってテンション低いやん?

そりゃ合わんわ。

彼らのノリにはついていけないんですよねー。
みんな酒と音楽があればウェーイに慣れると勘違いしちゃってる。

それがうざったいって思ってる人もいるんだよ!バカ!


フレンドリーな人たちは良い奴


でもね、フレンドリーな奴らは良い奴なんです。じゃなきゃフレンドリーにはなれんから。
やっぱり世界平和にはフレンドリーは欠かせないわけですよ。LOVE&PEACEなんですよ。





でもどうしてもダメなんだよね。

こっちが頑張って厚い厚い壁を張りめぐらせても、超大型巨人のように単純な力でその壁をぶっ壊してこっちに詰め寄ってくる感じが苦手。

僕としてはもう少しステップを踏んでほしいわけです。
付き合いたてのカップルが手もつながずいきなりS〇Xおっぱじめるのと同じぐらいこっちは心の準備ができていないんです。

そんな理由からわざとフレンドリーたちにテンションを合わせても、無理している自分がバカらしく感じる。
だからわざとツンツンしてフレンドリーな奴らが寄ってこないようにしている。


もっと素直になれればいんだけどね。


フレンドリーたちも仲良くしてくれようとしているのはわかるけど、もうすこし時間をくださいよ!
そうしたらこっちも心を開けるから!

なんでもかんでもすぐに仲良くなれるわけじゃないことを知ってくれ。

まとめ 


とにかくフレンドリーな人に言いたいのは、

・初対面のタメ語ダメ。
・酒と音楽ではウェーイとなれない。
・もうすこし距離感を持って。


ということです。

あ、でもこの記事読んでいる人は僕と同じタイプだろうから、ここでフレンドリーな人に訴えかけても意味ないのか。


アーメン。

あなたのブログがつまらない原因と面白くするために必要なコト

どうもユトピ(@yutopi60pa)ですぞ。

今回は僕と同じようにコンテンツ作りに励んでいる人向けです。


皆さんブログは楽しんでますかー?
果たして自信満々にイエスと言える人はどれくらいいるのかな。

最初のうちは楽しくできたけど、1か月も過ぎればその熱意も冷め、惰性で更新してるまたは辞めちゃったって人もいることでしょう。

そんな人に言いたいことがあります。

みんな、楽しんでる?


コンテンツは感情が動かないと意味がない。


コンテンツがヒットするために何が必要かわかりますか?
様々な要素はありますが、僕は人間の感情が一番大事だと考えます。

人間の感情というのは、行動の源になるものです。
喜んだり、怒ったりしないと人間は行動を起こさないものです。

ツイッターなどで炎上している時でもユーザーの「怒り」の感情を動かされて炎上しているんですよね。感情が動かされた時に初めてユーザーはアクションを起こします。


どんなコンテンツでも人の感情を動かさないと成功しません。


シェアだけじゃなく、アフィリエイトで購入というアクションを起こすのにも感情が動かされないとダメなんですよ。


逆に感情を動かすことが出来ないコンテンツは無いのと同じ。
一番悲しいのは好きでも嫌いでもなく、「無関心」なのです。そこに存在していないかのようになってしまうんですよ。

様々なWEBコンテンツがありますが、人気なものはどれも感情を動かされるものばかり。ブロガーにしろYoutuberにしろなんでもそうなんですよ。


本当に人間の感情を軽く見たらダメなんですよ。
まずは見ている人の感情を動かすこと。これがコンテンツにとって大切なことなんです。

感情を動かすコンテンツを作るには自分が感情を動かすこと。


それではここまで感情の重要性について長々説教してきましたが、実際のところどうやってユーザーの感情を動かすコンテンツを作ればいいのでしょうか?

これはいたってシンプル。
自分も感情が動くコンテンツを作ればいいんです。


言葉は簡単ですが、なかなか難しいですよね。結局のところブログでもなんでも自分が楽しめないとユーザーも楽しめないんですよ。文章からつまらないオーラが出てるんですよ。

最初のうちはその楽しさが続きますが、だんだんモチベーションも下がっていくので楽しむことが難しくなるわけです。

モチベを上げるのはまず刺激を与えることですね。
一人で黙々とやるのもいいですが、たまには刺激が無いと飽きてしまいますから。

同業者に会ってみたり、セミナー参加したり、イベントに行ったりとか色々あると思います。
そうしてモチベを上げ続けていればおのずと自分も楽しみながらコンテンツ制作ができるようになります。

話は少し変わって、以前も紹介したヒカキンさんのセルフ24時間密着動画に面白いシーンがありますよ。




xx分のところで動画を編集しながら笑っていますよね。
まさに自分も面白いと思いながら作ってるんですよ。

ここが重要。テストにでますよ。

ヒカキンさん自身も自分の動画を面白いと思って編集して公開しているんです。だからそれを観たユーザーも感情が動かされて面白いと感じているわけです。

経った数秒のシーンに今回の記事で言いたいこと全て詰まってましたw

確かに自分も楽しみながらやり続けるなんて本当に大変なこと。僕も別ブログで丸4年フィギュアのレビューし続けてますから気持ちわかります。

でもここが出来ないならコンテンツでの勝負はやめた方がいい。時間が無駄になるだけです。

自分がオススメって本気で思ってないのに、アフィリエイトのために記事書いて楽しいですか?
そんなことじゃユーザーには届かないですよ。感情が動かないと買われることはないです。

いまコンテンツ作りや運営で悩んでいる人がいたら一旦立ち止まって、自分が楽しんでできているか考えてみてください。

もし楽しむことができていないなら、初心にかえってもう一度モチベを上げる作業に注力しましょう。

まとめ

今回は少し長くなってしまった。
途中から半分興奮気味に書いてますw

先ほども言った通り、別ブログでの商品紹介に最近マンネリ気味なところがあったので、もっと頑張りたいなと思いながら記事を書きました。

今一度自分が楽しめているか振り返らないとなぁ。
完全に義務感になっていたかも。

もっと楽しんで気楽にやっていきましょうかね。

ブログはいつでも手放せるようにしろ!WEB業界で執着心は命とりだぞ

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

最近はSuchmosという日本のバンドにハマっております。流行ったのが去年なので周回遅れ甚だしいですが、良いものは良いのだよ。


僕は本業はWEBデザイナーとして働いています。
WEBデザイナーは流行は取り入れながらサイトのデザインを考えていくのが主なお仕事です。

IT業界で働いていると流行にはかなり敏感にならないといけません。
そしてその流行が、今持っている技術と相反したり、古いものになってしまった場合はすぐに捨て去らないとダメなのです。

例えばひと昔前は覇権を握っていた『FLASH』
今では全く聞かなくなりました。

もともとiPhoneがFLASHに対応していなかったり、FLASHに頼らなくてもアニメーションを実現できる技術が出てきてしまったので、瞬く間に消えていきました。

今ではFLASHアニメーションを作っているのところなんて鷹の爪ぐらいじゃないでしょうか?

このようにIT業界では突然状況が変わって、あっという間に廃れていくことがあります。
それがITの面白いところでもあり、恐いところでもあります。

IT業界で流行に乗り遅れることは非常に危険ということですね。


ブログも一緒。
ブログもIT業界の分野の一つ。流行もあれば、廃れることもあります。

でもせっかく築き上げてきた資産、いくら廃れたからと言って捨て去るのは心苦しい。


じゃどうすればいいの?


捨ててください。



大事な資産なのはブログ自体ではなく自分自身


IT業界で執着心に囚われているとあっという間に腐っていきます。

だから何かしらの革新が起こった場合、ブログそのものが古いものになった場合、即刻捨て去らなければならない。そして新しいものに飛びつくのです。

そうしないとこの業界で生き残ることはできないです。

ここで肝に銘じてほしいことがあります。
資産として大切なのはブログそのものではないのです。


ブログを書いてきたのは誰ですか?
言わなくてもわかる通りあなた自身です。

あなた自身があなた自身の考えて、自分で文章を書いたのです。

ということはブログの源泉となるのはあなたそのものなんですよ。

ブログはあくまで表現方法の一つに過ぎません。
その表現方法の一つが廃れたところで、あなた自身が廃れるわけではないですよね。

だったらブログが無くなっても生き残ることはできるはず。
あなた自身の魅力が変わらなければ新しいところでも生き残るれるんですよ。

もちろん記録としてのブログは大切ですが、そんなの他の場所にバックアップでも取っておけばいいんです。

大事なのはその情報の源である自分自身です。


捨てることができないなら、注力のバランスを変えればいい。


ここまで行ってまだ未練を捨てらなそうだという方。
だったら注力するバランスを変えましょう。

今まではブログに100%の力を注いでいたなら、そこを最初は60%、50%みたいに徐々に抑えていけばいいんです。
余った労力は新しいものに注いでいきましょう。


新しいものが出たからって、一気にスッパリと捨て去るのが一番というわけではありません。
徐々に切り替えていけば、未練も吹っ切れながら挑戦することができます。


こうすれば、なんだかんだでうまいことバランスが取れてきますよ。

一番ダメなのが何もしないこと。少し遅れてもいいから新しいことに挑戦しないIT業界では生き残れないのです。

ブログが廃れる前に自分の魅力を上げておこう


先ほどもいいましたが、一番大事なのはブログ自体ではなく、源泉である自分なのです。

この源泉の魅力を上げることが今大事なことです。
その人に魅力があれば、ブログだろうと、SNSだろうと、Youtuberだろうと、リアルだろうと周りの人間を引き付けることができるのですよ。

ブログも大事ですが、まずは自分自身の魅力を上げていくことに注力していきましょう。

まとめ

めっちゃ説教くさくなってしまったけど、僕も女々しい方なので、すぐにブログを捨てろといわれても戸惑ってしまいそう・・・。

でも一応WEB業界で数年働いていますので、いつなんどきでも捨てる覚悟はあります。

恐いですよねーIT業界って。明日なにが起こるかなんてわからないですから。
聞いたこともないようなものがいきなり流行りだしたり、安泰だと思っていたものがあっさり崩れ去ったり。
油断はできないですね。


僕も自分の魅力あげていかないとなー_(:3」∠)_

就活で心身が壊れる前に頭に入れてほしいこと5つ

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。


どうやら6月から2018年卒の就活がスタートしたみたいですね。
僕の時は3年の12月でしたので、随分とズレこんだなーという印象。

まぁ、それでもやることや労力の量なんかは変わらないから、短い期間にギュッと詰め込まれたということでしょう。

ちなみに今回の有効求人倍率はバブル期越えの1.48倍だそうです。

www.nikkei.com

しかーし!騙されないように!不景気なのは変わらないし、多くの学生が大企業に集まる状況も変わらないからね!




新田さんが言うように、この構図はしばらく動くことはないです。
手をこまねいているのは中小零細です。もちろんその中にはホワイトもあればブラックもあることを忘れないでください。

ということで2018年卒の就活の現状を見たところで、今回は僕が就活で心身ともに疲弊しないように頭に入れてほしいことをまとめました。


就活をしていると気持ち的にも身体的に結構きつくなる時が来ます。その際に就活生に知っておいてもらいたいことを5つ書いていきます。


できれば僕も就活する前に知っておきたかったなーと思いますよ。



自分を過小評価しない。


就活をしていると大体の人が不採用を食らうことがあります。
それが積み重なるとどんどん自信が無くなってくるし、自分を過小評価してしまいます。


しかしそんなことはない。
落選したのはただその企業に合わなかっただけで、あなたそのものが否定されたわけではない。

やたらめったら告白すればみんなが恋人になってくるわけではないように、企業だって受ければ合格するわけではない。

バンバン内定もらう人はただ愛想が良かっただけです。別にあなたより優れていたというわけではないんです。

ただ合わなかっただけなんです。それだけよ。


社会人なんて大したことない。


自分を過小評価すると、同時に社会人誰もが凄い人に感じてしまうことがあります。
つまり過大評価しちゃうわけですね。


しかし残念ながら社会人なんて大したことないですよ。8割は無能です。

間違えた9割かな。


どちらにしても社会人の大半は全然凄くない。もしそんな人だらけなら何故こんなにも不景気なんですかね。

仕事が適当な社会人だってたくさんいるし、いい加減な人が多い。働くのは難しくないんですよ。


だから自分を過小評価する必要もないし、社会人を過大評価する必要もない。

大したことない社会人に面接で落とされたぐらいじゃあなたの魅力は変わりませんよ。


ホワイト企業が本当にホワイトだとは限らない。


ホワイト企業が本当にホワイトなのでしょうか?
残念ながらそんなことはありません。



僕の友人Rくんの話をしましょう。


Rくんは誰もがうらやむ大企業N社に勤めています。従業員数は万単位、売上高もウン兆円超え、高給で福利厚生も充実している誰もが羨む大企業です。

高学歴の学生たちがこぞって受けに来る企業です。


それではRくんは幸せなのかというと、決してそういうわけではない。むしろ辞めたいと常々言っています。

N社はホワイト企業なのでしっかりと残業代が支払われます。ですが残業代をなるべく減らしたいN社は残業規制を導入し、申請が無ければ残業が出来ない仕組みになっています。

もちろん早く帰れるのは素晴らしいですが、仕事量が減ったわけではない。Rくんは家に帰って仕事の続きをしているのです。

もちろんそれだけでは終わらないので、休日も家で仕事をしています。その間の給料は出ません。実質サービス残業ですね。

こんな生活が続くあまり、やりたいこともできずストレスが溜まってしょうがないみたいです。



どうです?
N社は世間的にはホワイト企業です。ですが実態はブラックと変わらない労働を強いられています。

これが果たしてホワイト企業と言えるのでしょうか?ライフワークバランスもクソもないですね。 


これはN社に限ったことではなく、他のホワイト企業と言われている会社でも行われている可能性があります。

いくらホワイトだからと言って本当に真っ白かというとそういうわけではない。


高給なだけに惑わされがちですが、お金を使う時間すらないのなら人生の満足度は低いですよ。
時給換算したら恐ろしいことになりそう。

(他にもDeNAのWelq事件みたいに社会倫理に反することをしてバッシングを受けた”ホワイト”企業もありましたね。)


こういった事実をしっかり頭に入れて会社の見極めをしてください。ホワイトの皮をかぶったブラックに騙されないように。


自分のやりたいことを軽んじない


僕が就活生に強く言いたいことは絶対にやりたいことを仕事にしてくださいということ。


内定が欲しいがために妥協して興味のない仕事をしてもしんどいだけです。
僕はそこで失敗しました。新卒入社した会社を2か月で退職しています。


www.yutopi-60pablog.com


当時は本当に辛かったです。たった2ヶ月ではありますが、1日1日が長く、死にたくなることもありました。

こんなに興味のないことをし続けるのが苦しいとも思いもしませんでした。


就活生の中には自分のやりたいことを軽んじる人もいますが、絶対に最優先事項にすべきです。

僕みたいにこんな辛い思いしてまで遠回りがしたいですか?
自分にウソをつくことは後々ツケが回ってきます。


学生の皆さんは、就活が始まったばかりのこの時期のうちにやりたいことを見つけましょう。
今やらなきゃいけないことはそこですよ。


色々な道があることを忘れるな


最後になりましたが、就職することが絶対的なことではないですよ。
今は世の中が大きく変わってきています。


フリーランスの数も増え、人工知能もどんどん実用化されてきています。同一労働同一賃金が実現されれば、正社員も非正規もアルバイトも同じ仕事内容なら同じ給与をもらうことができます。
ベーシックインカムだって導入されるかもしれません。


今や就職することがただ一つの進路ではなくなりました。

1年後の卒業後を考えるよりは10年後、20年後、さらにその先のことを大局観的に見て自分の進路を決めてください。

もし就職に迷った場合はそういった別の道を考えるようにしてみましょう。もっと広い視野で自分の将来を考えてみてください。


 まとめ


就活をしているとしんどいことは多々あります。結構孤独な闘いなので、辛いくなってきます。

でもそういうときは大体視野が狭くなっているか、疲れているかのどっちか。
視野が狭くなっているなら、今回書いたことを参考にすればいいし、疲れているのなら寝ましょう。

周りは関係ないです。自分の人生なのだから全て自分で決めていきましょう。


(それにしても就活なんて制度は早く無くなってもらいたいですよね。みんな揃って一斉に就職するって気持ち悪い。)

ネガティブな人は、全てはポジ・ネガ両面があることを知ると救われる

アメコミ大好きユトピ(@yutopi60pa)です。
今年はたくさん映画が公開される予定なので、楽しみ過ぎて寝苦しい夜を過ごしております。

突然ですが、これを読んでいるあなたは「ポジティブ思考」ですか?それとも「ネガティブ思考」ですか?

おそらくネガティブ思考の方の方が多いと思います。日本人はネガティブな考え方をする人が多い傾向がありますので。
もちろん僕もネガティブ思考です。

昔から心配性な性格でして、何をするにも準備万端にしないと気が済まないし、何度も何度も確認してしまいます。

病的な程ではないものの、僕はつい物事をネガティブに捕らえてしまう傾向があります。

慎重な性格になれるので、時には良い方向に向くこともありますが、全部が全部そうではない。


なので、何度かポジティブ思考になろうと無理やり考え方を変える努力はしました。
でも大体が半日ぐらいで挫折ですw

染み付いたネガティブ思考をそう簡単に変えることは難しいのです。


ですが、僕はようやく気付きました。


物事はポジティブな面とネガティブな面両方があることを。


どんなことでもポジティブとネガティブが存在する。


生きていると大小いろいろな出来事に出会いますね。

・恋人ができる
・ケガをして入院する
・旅行に出かける
・就活が上手くいかない

などなど上げたらキリがない。

これらの出来事には一見しただけではポジティブにしか見えないし、ネガティブにしか見えないものばかり。

しかしこれは果たしてそうなのでしょうか?

例えば恋人ができることは大変喜ばしいことですが、半面お金がなくなる、友達との時間が減る、自分の時間が減るというデメリットもあります。

ケガをして入院した場合はどうでしょう。安全に対する意識が上がり、今後の事故や災害に対処しやすくなる、体を強くしうと考える、チヤホヤされるなどなど。


無理やりなところもありますが、結局はその事柄の一部分だけを見てポジティブまたはネガティブと決めつけているんですね。

いろんな出来事はいろいろな事柄が重なり合った上で起きます。決して一つの原因ではないわけですね。
そしてそれがポジティブにもネガティブに働くわけです。

どんな事柄でも両局面が存在するんです。


雨が降ったら嫌な気持ちになる人もいますし、嬉しい気持ちになる人もいますよね。
要はそういうことだ。

ポジティブかネガティブかをその場だけで決めつけない。


なにかの出来事が起きたときは一瞬でポジティブな感情とネガティブな感情が湧くと思います。
これは生理現象なので仕方ないところはあります。


でもそれをいつまでも引きずるのは良くないです。

ポジティブの場合は別に引きずってもいいのでしょいうが、ネガティブはどうしても引きずりたくないもの。
落ち込むし、今後にも影響でちゃいそうですしね。

しかしそういうときは物事をネガティブ一辺倒でとらえないことですよ。
冷静にもう一度考えてみるとポジティブに働くことだってあるはず。


先ほどでも例を出したように、出来事を「点」で捉えないで、「線」で捉えるんです。

この出来事が今後どうのように働くかを考えれば意外とポジティブ面もあったりするんですよ。
要は未来志向ですね。過去のことや今だけで決めつけない方がいいです。

そういう考えを持っていれば、例え辛いことが起きてもうまく受け止めることができるようになります。そして小さな出来事には動じなくなり、どっしりと構えることができますよ。

まとめ


いろいろと言ってまいりましたが、ポジティブだったらそのままでもいいんですけどね。
今回の話はネガティブに対する対処法みたいなものなので。

それでも油断は禁物ですね。

これはもはや心配性の性ですな。

また辞めるの?あなたが新しいことを続けられない理由と2つの解決法

腕毛が濃いで有名なユトピ(@yutopi60pa)です。

最近は写真撮影にハマっておりまして、外出する際は必ず一眼をもっていくようにしております。
カメラを首からぶら下げた女子を見るたびに「サブカル女子wwww」とか嘲笑っていたのに、今じゃ僕がサブカル男子です。ごめんなさい。

あ、撮った写真は3日で作ったポートフォリオサイトに掲載してますので、よかったら見てね。

[blogcard url=”http://yuto-p.tokyo/”]


ということで、こんな風に何か新しいことを始めることは多々あると思います。
この記事を見ている人だとブログを始めたとか。アフィリエイト始めたとかが多そうだね。

でも大体は最初だけで、あとはガス欠になって手を付けなくなるのがオチだと思います。

これってどうしてでしょうか?

簡単です。何かを始めるときは何かを捨てなければなりません。


せっかく始めたのに続けられないのはキャパオーバーだから。


人間というのは同時に色々やることは難しい生き物です。
どうしてもどちらか一方に引っ張られたら他のものは疎かになります。

新しいことを始めたときもそうです”]。

例えばブログなら毎日更新しようと最初は意気込むものの、仕事や家事などに追われてそれどころではなくなるなんてことが考えられるでしょう。

大抵の人は睡眠時間を削ってやろうとしますが、そんなの体がもちませんよ。

これは明らかにキャパオーバー。
新しいことへ配分する時間が無いからキャパオーバーになるんです。

そりゃそうですよ。
今までの生活を変えずにいきなり新しいことを詰め込んだらパンクしますよ。挫折するにきまってる。

これがあなたが新しいことを続けられない原因です。

新しいことを続けるためのコツ1:なにかを辞める


それではどうしたら長続きさせることができるのでしょうか?
理論としては単純。

まず一つ目は『代わりに何かを辞める』ことです。

簡単ですね。カッコよく言うと生贄です。
挑戦するための余裕を持たせるために何かを捨てるんです。

例えば夜の晩酌を辞めてブログにいそしむだったり、土日の遊びの予定を減らして勉強するだったり。

単純でしょ。

難しいのは今までの習慣を変えることと、新しい習慣を定着させること。

人間というのは本来変化に対しては本能的に拒否してしまいます。
ずっと同じで安定の方が平和に暮らせますから。

しかしそこをうまくコントロールして新しい生活習慣を作ることが大切。

とにかく何かを始めたいと思ったときは何かを捨てることを考えておかなければなりません。

そうすることで空いた隙間の時間に新しいことを始めることができますからね。


新しいことを続けるためのコツ2:効率化する


さて、だからと言ってどうしても捨てられないものがあるかもしれません。
または捨てたけどそれでも時間が足りないなんてこともあるでしょうね。

だったらとにかく効率化するしかありません。

仕事を効率化して早く帰宅する、家事のやり方を見直して効率化する(家電で自動化するするなど)、めちゃくちゃ早く風呂を出るとかね。

そういった効率化を進めることによって少しでも時間を作りましょう。
案外1時間ぐらいは余裕で作れたりしますよ。

とにかく新しいことを始めるための余裕を生むことが大事です。

それでもだめなら・・・


何かを辞めてもダメ、効率化してもダメ、そんなこともあるでしょう。

ここまでやっても時間が無いなら思い切ったことをするしかありません。

仕事を辞めるとか、家事を誰かに任せる、実家に帰るなど思い切ったことをしないと時間は作れません。

しかしそれほどの覚悟もまた必要にはなってきます。

今の現状に不満があり、あと何十年も続けていくなんて嫌だ!って人や、好きなことを追求していきたいって人にはこの方法がオススメです。


ちなみに僕は自分の好きなWEBデザイナーをやるために新卒で入った会社を2か月で辞めました。
数か月ふらふらしたのちに希望の職種に就いています。

[blogcard url=”https://60pablog.com/201704-freshman/”]

やっぱり覚悟は要りますが、やってよかったです。
やった後悔よりもやらない後悔の方が圧倒的に大きい。


あなたはどうしますか?

まとめ


写真撮るのは楽しいよー!始めてよかったです。
もともと移動時間で撮ったりすることが多いので、隙間時間を上手く利用してやってます。

時間の使い方ってホント大事。
新しいことのために生活を見直すと、本当に必要なことと、不要なものを見直すきっかけにもなるしね。

自分にとって楽しめることをやっていきましょうぜ!


あ、睡眠とかは削ったらだめだからね!睡眠大事!お布団大好き!

社会に貢献できるのが仕事のやりがい?嘘をつくな!まずは金だろ!金!

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

ちょっといつも気になっていることがあります。

就活でその会社で働いている社員さんにやりがいなんか聞くと、

『社会へ貢献できた時です!』



みたいに社会貢献を打ちさす人いますよね。

仕事に対するやりがいとして、自分のやっていることがお客や社会に貢献しているのが嬉しいみたいな。


これめっちゃうざくないですか?


本心なの?貢献よりお金でしょ。


確かに言っていることは素晴らしいですよ。誰かの役に立つことは気持ちの良いことです。

だけどそれは本心なの?

給料低くても役立てればOKなの?休みが少なくてもいいの?
自分がボロボロになってでも社会に貢献したいと思う?


絶対そんなことないですよね。


屁理屈のようですが、そんな簡単に社会に貢献しようとは思わないです。

ましてや自分のことでいっぱいいっぱいの就活生には『社会への貢献がやりがい!』なんて絶対に響かないですよ。

まずはお金やライフワークバランス。そこが整ってから社会への貢献でしょ。

実際にそれらの待遇が整っている会社もあるでしょうが、ブラック企業がはびこり、給料も低い水準のこの世の中じゃ、大体が不満のある待遇を受けていると思います。

そんな社会で貢献なんて打ち出してもなにも響かないです。それはただの嘘つきですから。

『社会に貢献!』、そんなことより金をくれ。


会社に入るとやたらお客に貢献、会社に貢献、社会に貢献と綺麗事を並べやがる輩がいます。

正直いってかなりウザい。


要望だけが高く安い金しか落とさない客になんで貢献しないといけないのか?
安い給料で、休みも少ない会社にどうして貢献できるのか?

一向に良くならない景気に、責任や義務だけ重くなる社会にどうして貢献できると思うのか?

もううんざりです。
強制的に貢献させるのは貢献とは言いません。強制労働です。


こういった不満をもっている人いませんか?漠然ととにかく貢献しろと言われる世の中に嫌気がさしている人。

おそらくこういう考えの人多いと思いますよ。

だって自分には大したものが返ってこないのに誰が貢献しようなんて思うんですか。
そんなことよりも働いた分のお金をくれよと。貢献するのはそのあとだ。

もういい加減にしてほしいですよね。いまは自分でいっぱいいっぱいの人が大勢いるんです。
そのなかで社会に貢献なんて無理です。


強制貢献社会は滅びている。


ブラック企業なんてまさに強制的に貢献させることによって成り立っている会社ですよ。
やりがいだなんてポジティブな言葉で貢献させている。

それが社会まで広がっている。ブラック社会です。

でもそんなブラック社会も崩壊してきています。
もう人々が耐えられなくなっているんですよ。大した見返りもないことに疑問を持ち始めているんです。

元々無理して維持されていたような社会ですから。滅びて当然です。

余裕が無いんです。

残念ながらこんな世の中で本気で貢献しようとする人も貢献してくれる人もいません。


理想だけを並べるのもいい加減にしろ。

まとめ


ブラックな世の中ほど、ポジティブな言葉で誘ってくる人は大体嘘つきです。それか洗脳されたまま思考停止しています。

社会に貢献なんて今の時代無理です。自立していくのにも必死なのに。5年後自分がどうなってるかなんてわからないですから。

とにかく正当な対価を受け取れる世の中になってほしいです。
そうすれば心にも余裕が出て、人にやさしくしようと思えるはず。

まぁこのままの日本では永遠に無理でしょうが”

ポジティブ人間は嘘つきだから信用するな。ネガティブを利用する本当のポジティブ思考とは?

暑いのは苦手ユトピ(@yutopi60pa)です。

突然ですが、僕って結構ネガティブ人間なんですよ。

このブログでもだいぶ吐き出していますが、昔から心配性でとにかく最悪のパターンばかりを考えて生きています。

なかなか疲れますよねー。心労で胃に穴が開きそうです。いっそのことポジティブ思考になりたいなんて考えます。

ポジティブといえば、やたら前向きな人っているじゃないですか。意識高い系にもそういう人多い気がする。

でもポジティブ人間ってすごい不自然じゃないですか?

だってただの嘘つきですもん。

ポジティブ人間はネガティブから逃げている。

どんなにポジティブ人間でもネガティブな部分はあります。色んな物事両極ですから。

でもポジティブ人間って、ネガティブなことを無理やりポジティブに変換していますよね?物事をポジティブいうフィルターを通して見ている。

というよりも悪い面を見ないようにしている。

それは自分に嘘をついています。とっても不自然に映ります。

別にポジティブが悪いことだとは思いません。

しかし何でもかんでも行き過ぎは良くない。物事をポジティブ/ネガティブ両面からとらえないと本質は見えてこないんです。

ただネガティブ面は見ないようにしたり、歪曲してポジティブに変換しているのはただの逃げ。自分に嘘をついているだけなんです。

やたらめったらポジティブ発言している人はただの嘘つきです。嫌なことから目を背けているように見えます。

少なくとも僕にはそう映ります。

ポジティブ人間は信用できない。

ポジティブ人間って信用できません。

何故かというと先ほども言った通り嘘つきだから。

例えばあなたがポジティブ人間に真剣な恋愛相談をしたとしましょう。

あなたが好きな人にフラれて、落ち込んでいる。

それを見たポジティブ人間は「相手に見る目がなかっただけ!そんな女(男)諦めな!」と言うでしょう。

一見慰めているように見えるし、その場では気持ちが落ち着くかもしれません。

でも根本的な解決にはなっていないんです。

フラれたのには原因があります。見た目、性格など何かしらの原因があるはずです。

そのネガティブ要素にポジティブ人間は目を背けてその場限りの言葉しか吐かないんですよ。

こんなの人のためになりません。ただ嘘をついてるだけじゃないか。


ただ単にいまある事柄を無理やり「見る目がない」と相手のせいにして、ポジティブに歪曲したってなんの意味もありません。

ポジティブ人間は嘘つきなんです。しかも自分だけじゃなく他の人にも嘘をつきます。

こんな人信用できますかね?

本当のポジティブはネガティブを受け入れてこそ生まれる。

ポジティブとネガティブは相反するように見えますが、実は違います。

いや、正確に言うと同じでもあり異なることもある。

大分ふわふわしたことを言いましたが、本当のポジティブはネガティブを受け入れてこそ生まれます。

問題の原因を把握し、分析してから反省し、次へつなげる。

この原因を把握と分析、反省がネガティブな部分、次へつなげるがポジティブな部分です。


ここをはき違えて、悪い点には目を背けて、良い点だけみることはポジティブとは言いません。それは逃げですよ。

本当のポジティブというのはまずはネガティブを受け入れないとダメなんです。

そこから次へつなげるのが自然なポジティブ思考です。

逆にリアルやSNS、ブログなんかでポジティブ発言しかない人は信用したらダメですよ。

ネガティブ、ポジティブ両方発言してこそ信用できます。

ネガティブな感情があることは自然なことなんです。思考でどうにかなるものじゃない。

だったらネガティブを受け入れたほうがよっぽど楽です。

ほら、愚痴を誰かに言うとスッキリするでしょ?

一旦受け入れたうえで吐き出すとすごく楽になります。

だから無理やりポジティブ思考にもっていくことはないんですよ。

真のポジティブ人間にはネガティブが一番の必要な燃料なんです。

まとめ

『無暗にポジティブ発言をする人間は信用ならない』は結構信ぴょう性の高いライフハックですよ。

逆にネガティブ人間は現状を見ることができています。こっちのがよっぽど信頼できる。

あとは次に活かす行動だけですもんね。

ポジティブ人間と一緒にいると疲れます。思いっきりネガティブ発言してやりたくなりますw

あ、あと個人的にはフレンドリーな人も苦手かな。

心の壁は大型巨人でも壊せないユトピでした!

追記 2017/5/23

たまたま見つけた坂爪さんのこのツイート。

僕がこのツイートを見て思うのが、『何笑ってんだよ』です。


こっちが真剣に相談しているときに笑い飛ばされたらそれは友達じゃないよ。もう二度と相談しないですね。

こいつらは肯定してくれるだろうな?それは逃げのポジティブ思考だよ。ふざけんな。

あれ?僕って真面目すぎ?

人間嫌いで何が悪いのか?これも個性だぞ。

最近は髭の脱毛がしたくて堪らないユトピ()です。ジョリジョリが@yutopi60pa我慢ならんのです。

今日は愚痴です。

突然ですが僕は人間嫌いです。

なぜかはわからないですが、とにかくあまり人が好きではありません。

理由はどうあれ人間が嫌いだ。

まず疲れます。人といるととにかく疲れる。

心理的には勝手に「嫌われること」へ恐れているらしいです。

確かにそう思う節はあります。

ですが僕は自分が一番だし、周りに気を使って生きていくなんてナンセンスだと考えています。

その他にも人間嫌いな理由には劣等感があるでしょう。

勝手に他人と自分を比較して、勝手に負けてるアレです。

もちろん僕もいろんな劣等感を持っています。

でもこれは誰にでもあるだろうし、気にしても仕方ないというのも理解しています。

それでもやっぱり人は嫌いです。

人が大勢いるところ疲れますよね。ウェーイ系はどうしてあんなに群れて疲れないのか不思議ですよ。鈍感なんですね。

僕は自分でいうのもあれですが、感受性が豊かな方なので人の感情に引っ張られてしまうんです。

とても疲れる。だったら関わらない方が楽ですよ。

人間嫌いは疎外されるべき存在

しかし残念ながらこの世の中人間嫌いは許容されていないんです。

社会というのは大勢の人間から成り立つのでコミュニケーションが重要なのです。人間嫌いは疎外されるべき存在なのです。

僕は偽善の世の中で、人間を好きなフリをして頑張って生きていくしかないです。それがこの社会です。言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン。

でもやっぱり人間なんて大嫌いだ。

いやー、あんまりです。もう少し人権が欲しい。人間嫌いも個性だぞ。 集団なんて嫌いだ。必要最低限の人間で十分。人脈なんてクソくらえだ。無駄な人脈は鬱陶しいだけだ。

Googleで人間嫌いを検索すると、克服する方法なんて出てきますが、克服する必要なんてあるのか?

克服したら何か大事なものを失ってしまう気がする。

だったら無理に好きになろうとは思わない。何度もいうけど人間嫌いも個性。

1歩距離を置いて見えることもあるんだよ。

色々と過小評価してしまいがちだけど、欠点を認められている証拠だよ。ここから改善することができる。

人間嫌い、とても素晴らしいことじゃないか。


そしてブロビレに参加してみます。ブロガー向けのサロンです。どうやらブログを教えないらしいです。アホかと。

人間嫌いブロガーがウェーイ系の集団に入ったらどうなるのか試してみます。

どうやら300人いるみたい(ワキワキ減ってるけど)。人間大杉!!!

ヒカキンの密着24時動画は全然過酷だとは思わない。

どうもユトピ(@yutopi60pa)ですぞ。

もうすでに東京は暑いです。またこの季節が来たんですね。

早くグラマラスな彼女を見つけて、ビーチで水の掛け合いとかしたい。ふるいイメージだ。

いまさらだけど、Yotuberのヒカキンさんがセルフで24時間密着動画なるものを上げていましたね。

それを観た人たちからはその過酷さ故、ヒカキンさんリスペクトな流れになっていました。

実に凄いですヒカキンさん。ほとんど寝ることなく、動画を撮影して編集してをずっとやれるなんて普通の人はできないでしょう。しかも動画で疲れた表情を見せないのもすごい。

さすが子供を笑顔にして飯を食っているだけある。

でもさ、これって本気で好きだからこそできるんじゃないかな?

好きなことなら夢中になって当然でしょ?

このヒカキンを見て、やれ過酷労働だの、ブラックだの言ってるけど、本気で好きなことならこれぐらい大したことないでしょ。

好きなことに夢中になるってこういうことでしょ?それでお金稼げるのならなおさらこんな生活になるよ。

さすがに少し寝ろよとは思うけど、皆さんもこんな経験ないですか?

例えば好きなゲームを買ったとき。

もう夢中でやりましたよね。徹夜なんて普通ですよ。

僕もポケモンとかスパロボやりまくりましたねー。

ポケモンなんて新しいのが発売されるたびにずっっっっっとプレイしていましたよ。それこそ食事や寝ることがめんどうになるくらい。

学校がなかったら好きなだけポケモンをすることができたのになーと。

こんな経験ある人いるでしょ?

ゲームじゃなくてもあるはずです。つまりは遊びですよ。ひたすら遊んでいたいってなるんです。

ヒカキンは遊んでいるだけ

僕から見たらヒカキンさんはまさに遊んでいるんですよ。

動画が嫌いならここまで追い詰めた生活続けられないでしょう。

ブラック企業で嫌々働いている精神状態と変わらないですから。


でも動画が好きだからできているんですよ。

僕らが子供のころ「学校が無かったらずっと好きなことをやっていたいなー」と考えたことをヒカキンさんは現実にしている。

彼は動画自体がメインの仕事となっていますよね。

だから学校はもちろんないし、仕事はあるけど遊びが仕事。


そりゃ徹夜もしますわ。

食事だって簡単に済ませたくなる気持ちもわかります。とっとと食べて早く遊びに戻りたいですもん。(健康は気を使わないとだめだけど)

動画の中でヒカキンさんが編集しながら自分のリアクションを見て笑っているところなんてまるで子供みたいですよ。


もう夢中なんです。

傍から見たら過酷とかブラックとか見えるけど、好きなことならこうなっちゃうんです。

きっとこれが好きなことで仕事をするということなんでしょう。


まとめ

いーなー。ほんと羨ましい。僕もこうやってブログ書いたり、フィギュアいじったり、写真を撮ったりできる仕事がしたいなー。

寝食忘れて夢中で好きなことをやっていきたいです。

まじでがんばろ。この動画は勇気づけられました。

モチベが下がった時にもう一度観ることにしよう。