メンタル

ネガティブな人は、全てはポジ・ネガ両面があることを知ると救われる

アメコミ大好きユトピ(@yutopi60pa)です。
今年はたくさん映画が公開される予定なので、楽しみ過ぎて寝苦しい夜を過ごしております。

突然ですが、これを読んでいるあなたは「ポジティブ思考」ですか?それとも「ネガティブ思考」ですか?

おそらくネガティブ思考の方の方が多いと思います。日本人はネガティブな考え方をする人が多い傾向がありますので。
もちろん僕もネガティブ思考です。

昔から心配性な性格でして、何をするにも準備万端にしないと気が済まないし、何度も何度も確認してしまいます。

病的な程ではないものの、僕はつい物事をネガティブに捕らえてしまう傾向があります。

慎重な性格になれるので、時には良い方向に向くこともありますが、全部が全部そうではない。


なので、何度かポジティブ思考になろうと無理やり考え方を変える努力はしました。
でも大体が半日ぐらいで挫折ですw

染み付いたネガティブ思考をそう簡単に変えることは難しいのです。


ですが、僕はようやく気付きました。


物事はポジティブな面とネガティブな面両方があることを。


どんなことでもポジティブとネガティブが存在する。


生きていると大小いろいろな出来事に出会いますね。

・恋人ができる
・ケガをして入院する
・旅行に出かける
・就活が上手くいかない

などなど上げたらキリがない。

これらの出来事には一見しただけではポジティブにしか見えないし、ネガティブにしか見えないものばかり。

しかしこれは果たしてそうなのでしょうか?

例えば恋人ができることは大変喜ばしいことですが、半面お金がなくなる、友達との時間が減る、自分の時間が減るというデメリットもあります。

ケガをして入院した場合はどうでしょう。安全に対する意識が上がり、今後の事故や災害に対処しやすくなる、体を強くしうと考える、チヤホヤされるなどなど。


無理やりなところもありますが、結局はその事柄の一部分だけを見てポジティブまたはネガティブと決めつけているんですね。

いろんな出来事はいろいろな事柄が重なり合った上で起きます。決して一つの原因ではないわけですね。
そしてそれがポジティブにもネガティブに働くわけです。

どんな事柄でも両局面が存在するんです。


雨が降ったら嫌な気持ちになる人もいますし、嬉しい気持ちになる人もいますよね。
要はそういうことだ。

ポジティブかネガティブかをその場だけで決めつけない。


なにかの出来事が起きたときは一瞬でポジティブな感情とネガティブな感情が湧くと思います。
これは生理現象なので仕方ないところはあります。


でもそれをいつまでも引きずるのは良くないです。

ポジティブの場合は別に引きずってもいいのでしょいうが、ネガティブはどうしても引きずりたくないもの。
落ち込むし、今後にも影響でちゃいそうですしね。

しかしそういうときは物事をネガティブ一辺倒でとらえないことですよ。
冷静にもう一度考えてみるとポジティブに働くことだってあるはず。


先ほどでも例を出したように、出来事を「点」で捉えないで、「線」で捉えるんです。

この出来事が今後どうのように働くかを考えれば意外とポジティブ面もあったりするんですよ。
要は未来志向ですね。過去のことや今だけで決めつけない方がいいです。

そういう考えを持っていれば、例え辛いことが起きてもうまく受け止めることができるようになります。そして小さな出来事には動じなくなり、どっしりと構えることができますよ。

まとめ


いろいろと言ってまいりましたが、ポジティブだったらそのままでもいいんですけどね。
今回の話はネガティブに対する対処法みたいなものなので。

それでも油断は禁物ですね。

これはもはや心配性の性ですな。

また辞めるの?あなたが新しいことを続けられない理由と2つの解決法

腕毛が濃いで有名なユトピ(@yutopi60pa)です。

最近は写真撮影にハマっておりまして、外出する際は必ず一眼をもっていくようにしております。
カメラを首からぶら下げた女子を見るたびに「サブカル女子wwww」とか嘲笑っていたのに、今じゃ僕がサブカル男子です。ごめんなさい。

あ、撮った写真は3日で作ったポートフォリオサイトに掲載してますので、よかったら見てね。

[blogcard url=”http://yuto-p.tokyo/”]


ということで、こんな風に何か新しいことを始めることは多々あると思います。
この記事を見ている人だとブログを始めたとか。アフィリエイト始めたとかが多そうだね。

でも大体は最初だけで、あとはガス欠になって手を付けなくなるのがオチだと思います。

これってどうしてでしょうか?

簡単です。何かを始めるときは何かを捨てなければなりません。


せっかく始めたのに続けられないのはキャパオーバーだから。


人間というのは同時に色々やることは難しい生き物です。
どうしてもどちらか一方に引っ張られたら他のものは疎かになります。

新しいことを始めたときもそうです”]。

例えばブログなら毎日更新しようと最初は意気込むものの、仕事や家事などに追われてそれどころではなくなるなんてことが考えられるでしょう。

大抵の人は睡眠時間を削ってやろうとしますが、そんなの体がもちませんよ。

これは明らかにキャパオーバー。
新しいことへ配分する時間が無いからキャパオーバーになるんです。

そりゃそうですよ。
今までの生活を変えずにいきなり新しいことを詰め込んだらパンクしますよ。挫折するにきまってる。

これがあなたが新しいことを続けられない原因です。

新しいことを続けるためのコツ1:なにかを辞める


それではどうしたら長続きさせることができるのでしょうか?
理論としては単純。

まず一つ目は『代わりに何かを辞める』ことです。

簡単ですね。カッコよく言うと生贄です。
挑戦するための余裕を持たせるために何かを捨てるんです。

例えば夜の晩酌を辞めてブログにいそしむだったり、土日の遊びの予定を減らして勉強するだったり。

単純でしょ。

難しいのは今までの習慣を変えることと、新しい習慣を定着させること。

人間というのは本来変化に対しては本能的に拒否してしまいます。
ずっと同じで安定の方が平和に暮らせますから。

しかしそこをうまくコントロールして新しい生活習慣を作ることが大切。

とにかく何かを始めたいと思ったときは何かを捨てることを考えておかなければなりません。

そうすることで空いた隙間の時間に新しいことを始めることができますからね。


新しいことを続けるためのコツ2:効率化する


さて、だからと言ってどうしても捨てられないものがあるかもしれません。
または捨てたけどそれでも時間が足りないなんてこともあるでしょうね。

だったらとにかく効率化するしかありません。

仕事を効率化して早く帰宅する、家事のやり方を見直して効率化する(家電で自動化するするなど)、めちゃくちゃ早く風呂を出るとかね。

そういった効率化を進めることによって少しでも時間を作りましょう。
案外1時間ぐらいは余裕で作れたりしますよ。

とにかく新しいことを始めるための余裕を生むことが大事です。

それでもだめなら・・・


何かを辞めてもダメ、効率化してもダメ、そんなこともあるでしょう。

ここまでやっても時間が無いなら思い切ったことをするしかありません。

仕事を辞めるとか、家事を誰かに任せる、実家に帰るなど思い切ったことをしないと時間は作れません。

しかしそれほどの覚悟もまた必要にはなってきます。

今の現状に不満があり、あと何十年も続けていくなんて嫌だ!って人や、好きなことを追求していきたいって人にはこの方法がオススメです。


ちなみに僕は自分の好きなWEBデザイナーをやるために新卒で入った会社を2か月で辞めました。
数か月ふらふらしたのちに希望の職種に就いています。

[blogcard url=”https://60pablog.com/201704-freshman/”]

やっぱり覚悟は要りますが、やってよかったです。
やった後悔よりもやらない後悔の方が圧倒的に大きい。


あなたはどうしますか?

まとめ


写真撮るのは楽しいよー!始めてよかったです。
もともと移動時間で撮ったりすることが多いので、隙間時間を上手く利用してやってます。

時間の使い方ってホント大事。
新しいことのために生活を見直すと、本当に必要なことと、不要なものを見直すきっかけにもなるしね。

自分にとって楽しめることをやっていきましょうぜ!


あ、睡眠とかは削ったらだめだからね!睡眠大事!お布団大好き!

ポジティブ人間は嘘つきだから信用するな。ネガティブを利用する本当のポジティブ思考とは?

暑いのは苦手ユトピ(@yutopi60pa)です。

突然ですが、僕って結構ネガティブ人間なんですよ。

このブログでもだいぶ吐き出していますが、昔から心配性でとにかく最悪のパターンばかりを考えて生きています。

なかなか疲れますよねー。心労で胃に穴が開きそうです。いっそのことポジティブ思考になりたいなんて考えます。

ポジティブといえば、やたら前向きな人っているじゃないですか。意識高い系にもそういう人多い気がする。

でもポジティブ人間ってすごい不自然じゃないですか?

だってただの嘘つきですもん。

ポジティブ人間はネガティブから逃げている。

どんなにポジティブ人間でもネガティブな部分はあります。色んな物事両極ですから。

でもポジティブ人間って、ネガティブなことを無理やりポジティブに変換していますよね?物事をポジティブいうフィルターを通して見ている。

というよりも悪い面を見ないようにしている。

それは自分に嘘をついています。とっても不自然に映ります。

別にポジティブが悪いことだとは思いません。

しかし何でもかんでも行き過ぎは良くない。物事をポジティブ/ネガティブ両面からとらえないと本質は見えてこないんです。

ただネガティブ面は見ないようにしたり、歪曲してポジティブに変換しているのはただの逃げ。自分に嘘をついているだけなんです。

やたらめったらポジティブ発言している人はただの嘘つきです。嫌なことから目を背けているように見えます。

少なくとも僕にはそう映ります。

ポジティブ人間は信用できない。

ポジティブ人間って信用できません。

何故かというと先ほども言った通り嘘つきだから。

例えばあなたがポジティブ人間に真剣な恋愛相談をしたとしましょう。

あなたが好きな人にフラれて、落ち込んでいる。

それを見たポジティブ人間は「相手に見る目がなかっただけ!そんな女(男)諦めな!」と言うでしょう。

一見慰めているように見えるし、その場では気持ちが落ち着くかもしれません。

でも根本的な解決にはなっていないんです。

フラれたのには原因があります。見た目、性格など何かしらの原因があるはずです。

そのネガティブ要素にポジティブ人間は目を背けてその場限りの言葉しか吐かないんですよ。

こんなの人のためになりません。ただ嘘をついてるだけじゃないか。


ただ単にいまある事柄を無理やり「見る目がない」と相手のせいにして、ポジティブに歪曲したってなんの意味もありません。

ポジティブ人間は嘘つきなんです。しかも自分だけじゃなく他の人にも嘘をつきます。

こんな人信用できますかね?

本当のポジティブはネガティブを受け入れてこそ生まれる。

ポジティブとネガティブは相反するように見えますが、実は違います。

いや、正確に言うと同じでもあり異なることもある。

大分ふわふわしたことを言いましたが、本当のポジティブはネガティブを受け入れてこそ生まれます。

問題の原因を把握し、分析してから反省し、次へつなげる。

この原因を把握と分析、反省がネガティブな部分、次へつなげるがポジティブな部分です。


ここをはき違えて、悪い点には目を背けて、良い点だけみることはポジティブとは言いません。それは逃げですよ。

本当のポジティブというのはまずはネガティブを受け入れないとダメなんです。

そこから次へつなげるのが自然なポジティブ思考です。

逆にリアルやSNS、ブログなんかでポジティブ発言しかない人は信用したらダメですよ。

ネガティブ、ポジティブ両方発言してこそ信用できます。

ネガティブな感情があることは自然なことなんです。思考でどうにかなるものじゃない。

だったらネガティブを受け入れたほうがよっぽど楽です。

ほら、愚痴を誰かに言うとスッキリするでしょ?

一旦受け入れたうえで吐き出すとすごく楽になります。

だから無理やりポジティブ思考にもっていくことはないんですよ。

真のポジティブ人間にはネガティブが一番の必要な燃料なんです。

まとめ

『無暗にポジティブ発言をする人間は信用ならない』は結構信ぴょう性の高いライフハックですよ。

逆にネガティブ人間は現状を見ることができています。こっちのがよっぽど信頼できる。

あとは次に活かす行動だけですもんね。

ポジティブ人間と一緒にいると疲れます。思いっきりネガティブ発言してやりたくなりますw

あ、あと個人的にはフレンドリーな人も苦手かな。

心の壁は大型巨人でも壊せないユトピでした!

追記 2017/5/23

たまたま見つけた坂爪さんのこのツイート。

僕がこのツイートを見て思うのが、『何笑ってんだよ』です。


こっちが真剣に相談しているときに笑い飛ばされたらそれは友達じゃないよ。もう二度と相談しないですね。

こいつらは肯定してくれるだろうな?それは逃げのポジティブ思考だよ。ふざけんな。

あれ?僕って真面目すぎ?

承認欲求の獣になるな。いいねは1個で十分だろ?

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。むらむらしています。彼女ほしい。

GWはいかがですか?

僕は気温差についていけず体調崩しています。

気温に激強な体を手に入れたいものです。

ところでみなさん。こんな風にブログやらツイッターなどのSNSをやっているとどうしても承認欲求って出ちゃいませんか?

ホントにこいつ厄介で、最初のうちは少ない反応でも嬉しいのに、どんどん欲求が高まっていくんですよ。

もっといいねが欲しい!もっとPV数が欲しい!なんてね。

これキリないですよ。

おそらく僕がジャスティンビーバー並みのインフルエンサーになってもこういう気持ちになると思います。

いつもより反応が少し悪いだけでモヤモヤしちゃうんです。

排便欲みたいにうんこすれば収まるわけではなく、欲求は無限に膨らむばかりですから。

その点排便欲はうんこは無限に膨らまないからいいですよねw

と、汚い話はおいておきましょう。

正直この承認欲求から解放されるにはこういう情報発信なんかやめてしまうほかないと思います。

やっている以上はなくならないですから。

でもそうはいかないの現代社会。僕もブログやSNSをやめるわけにはいかないですからね。

とにかく承認欲求の獣にはならないように心掛けないといけないです。

それでは具体的にどうしたらいいのか?

他人が都合が良いときに承認される。そんなのバカらしい。

そもそもどういったときに他人から承認、要するに認められるのか?

それは大体その人にとって都合の良い存在になった時です。

・面白いネタを探しているときにたまたまあなたのツイートが当てはまった。

・オシャレな写真を探しているときにたまたまあなたの写真が気に入った。

別にこれらが悪いことではないですが、基本的には相手の都合です。

悲しい気分の時に面白ツイートが目に入っても場違いなだけです。

たまたま相手が暇だったから、あなたのツイートを気に入っただけです。

なかなかの確率の偶然ですよ。

こんな偶然を期待しすぎると身がもたないのは当然。

承認欲求が強すぎる人はこんな偶然にすがってばかりいます。

これは他人のために自分をネタにしてあげているようなもの。馬鹿らしくないですか?

だったらもう他人なんか気にしないで、良い意味で自分勝手にやっていった方が精神衛生的に楽です。

承認欲求に悩んでいるときは他人の人生を生きているときです。

もっと自分のために生きていきましょうよ。

とにかく自信を持つ。小さいことでもほめること

承認欲求強めな人は自信が無い人が大半です。

他人に認められることでしか自分を肯定できないんです。

果たしてそうでしょうか?

重大な犯罪を犯したわけでもなければ、誰かを傷つけたわけでもないなら誰にだって褒められる部分はあります。肯定して良い部分があるんです。

とにかく自信をもって、小さなことでもほめるようにしましょう。

1日過ごしてだけでもほめてあげましょう。悪いことじゃないならすべて肯定しましょうよ。

いいねが1つ付けばそれで充分。誰かのお気に入りになったわけじゃないですか。それはすごいこと。

逆に反応がなかったら周りの人間のセンスが無いぐらいに思った方が気が楽ですw

僕もインスタの反応が薄かったらそう思うようにしています。

あ、でも傲慢にはならない程度にね。自分を過小評価し過ぎている人にはもってこいの方法だと思います。

まとめ

常々承認欲求には困らせられます。

僕もあまり自分に自信があるわけではないので、気を抜くとすぐに承認されたくなります。

でもそれに振り回されて承認欲求の獣にならないようにしないと、そのうち精神がやられちゃいますよ。

ゆるーい自分勝手な感じで生きていきましょうぜ。

人の目を気にして何もできない人間は、自分の気持ちを最優先にしないと死ぬまで死ぬほど後悔するよ。

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

腹痛で駆け込んだ駅のトイレは便座がヒンヤリしていて、いつもゆっくりゆっくりお尻をつけて座ってます。


ところでみなさんはやりたいことや好きなことはありますか?

と、質問されたら大体の人はあると答えるでしょうね。

やりたいことなくても好きなことはあるはずです。

出来れば好きなことだけやって一生を終えたいですよね。

僕もその一人。

でもどうして皆さんやらないの?

生活できないから?

稼げないから?

違うよね。

1番気にしてるのは人の目。

これがあなたの行動を邪魔しているんです。

あなたは誰のために生きてるの?

なにかをするとき、始めるとき、人の目を気にしちゃうことって多くないですか?

親、友達、世間体という他人の目。

この人たちのことを無意識に気にしちゃいますよね。

「反対されるだろうな」、「嫌われるだろうな」、「バカな奴だと見られるだろうな」とかね。

要するに嫌われたくなくて、なおかつ自分の評価を下げたくないんです。

日本社会ではこれらはある意味「死」に値するように思われてる。

でもさ、これ馬鹿らしくない?

あなたは周りの人間のご機嫌を伺うために生きてるんじゃないんですよ。

たかだか周りの人間からの評価が落ちたところで死にはしないし、やりたいことが出来なくなるわけでもない。

あなたは誰のために生きてますか?

簡単です。自分のためですよ。

まずは自分を最優先にしよう

過度に自分より他人を優先させても良いことなんて一つもない。

まずは自分が充実しないとだめなんですよ。

それから周りに還元してもバチなんて当たらないです。

自分を押し殺してもいつか爆発する。

よくツイッターとかfacebookをやってる人で、自分の意見なのになぜか叩かれることを気にして好きなように投稿しない人いますよね。

あれほどアホらしいこともないと思います。

そのアカウントは自分のものでしょ?

自室みたいなものだよ。自分の部屋なら何したっていいんですよ。

誹謗中傷とか犯罪行為でなければ、自分の考え、意見として投稿したって構わないはず。

それをとやかく言う人間もいるけど、全員が自分と同じ考えなんて不可能ですからね。

あなたは他人のためにSNSをやっているわけじゃないでしょ。

まずは自分の気持ちを優先させておくべきです。

そうでないと本気で後悔しますよ。

そういえば、昔こんな記事を投稿しましたが、お時間があれば読んでいただきたい。

[blogcard url=”https://60pablog.com/jinse-koukai-taisetsu-8/”]

www.yutopi-60pablog.com

『他人がどう思うか気にしなければ良かった』なんて正に今回テーマにしている人の目を気にし過ぎて後悔しているパターンですよ。

老人になってから思いたくないですね。

自分の気持ちに正直なった方が充実度高いですよ。ストレスも少ない。

人の目を気にすることがどれだけ愚かかお分かりになりましよね。

承認欲求は満たされることはない。

ちなみに他にも人の目を気にする人には、承認欲求が強い人がいる。

他人から認められないと自分の価値を測れないんです。


正直、人のことは言えないのですが、僕もそういうところあります。

自分が作ったものに反応が無かったり、ブログの記事のPV数が思った以上に伸びなかった時はホントに嫌な気持ちになりますもんw

しかし、例えその一瞬承認欲求が満たされたところで、それは長続きしないし、また次の承認欲求不足が襲ってきます。

しかもさらに大きくなってね。

お腹すかせた猛獣のごとく自分を認めてくれるものを求めるんですよ。

こんなのキリがないと思いませんか?

極端なことを言うと、所詮は他人の暇つぶしのネタを提供したに過ぎないんです。

あなたがどんなに頑張っても他人には暇つぶしレベル。

だったら気にする必要なくない?

人の目なんか気にしないで、もっと自由に、自分勝手やっちゃえばいいじゃん。

そっちの方が絶対満足度高いし、老人になってもきっと後悔しないはず。

承認欲求人間は他人にとってはピエロに過ぎない。

そんなバカらしいこと辞めて、自分の価値を自分で認めてあげましょうよ。

まとめ

皆さんもやった後悔より、やらなかった後悔の方が大きいことを知っているはずです。


もう人のこと気にしてないで、自分の思うがまま行動しましょう。

人の目を気にして嫌なことを我慢する必要なんてないんです。

本来人間は自由ですからね。

そっちの方が絶対に楽しい人生を送っていけますよ。

『めんどくさい感情』と仲良くして、効率化に役立てたい。

寒いよね。ユトピ(@yutopi60pa)です。

寒いから彼女をください。神様お願いします。僕にも春一番をください。

ということで今日はめんどくさがりな性格について。

めんどくさいっていう感情は本当にめんどくさいですねーw

この負の感情で何も手につかなくて、ズルズルと作業をして、結局大した成果ぎ残らなかった時の後悔は本当に最悪よ。

わかってるよ。やらなきゃいけないことは。

でも体が動かないのよね。

普段の生活でも布団から出るのがめんどくさい、お風呂はいるのめんどくさい、歯を磨くのめんどくさいとか毎日あってほんとめんどくさい。

ここからもわかるように僕はすごくめんどくさがり。

ちなみにだけどうちの家族全員めんどくさがりです。

やるべきことはギリギリまで手をつけない環境で育ったので、この怠惰な性格はこびりついちゃってます。

めんどくさいは効率改善のキッカケ

それではめんどくさい感情を全て押し込めてしまえばいいのか?

実はそうでもない。

めんどくさいという感情は様々な改善のキッカケになるんです。

さっきの例だと、

・布団から出るのがめんどくさいなら早く寝て睡眠の質を上げる

・歯を磨くのがめんどくさいなら電動歯ブラシでなるべく手を動かないようにする。

・お風呂に入るのが面倒なら帰ってすぐに入ってしまう。

などなどね。

全て実行できたら結構な効率化に繋がります。

日頃の生活でもめんどくさいがキッカケになった改善ポイントが見つかるのだから、仕事においてもたくさん見つかるはずですよね。

個人的にプログラマーはめんどくさがりな性格の人とか最強だと思う。

非効率なところを直感で感じ取る能力に長けてるから、そこからプログラムの不要なコードを見つけて、自動化しちゃう人とかもいるからね。

プログラマーじゃなくても仕事のなかでめんどくさいなーと思うことがあるなら、それをどう効率化させればめんどくさくなくなるのかって考えられる。

あれがめんどくさいから自動化してしまう、誰かに頼む、回避策を探るなどやっていれば、日ごろのストレスが軽減していきますよ。


すごいでしょ!

やっぱりめんどくさい君はとっても良いフレンズなんだね!

まとめ

このようにめんどくさいという感情は一概に負なものとは決めつけることはできない。

上手く利用すれば効率化に繋がります。

だから僕はめんどくさい君と仲良くしていきたい。

押し込めるんじゃなくて、あえて耳を傾けて、改善点を探し出すんです。

こうやればきっとより良い人生が送れる気がしています。

なので皆さんもめんどくさがりな性格を一概に悪く捉える必要はないですよ。

あなたは人よりも非効率なところを見つけることに長けてるんです。

そこから一歩踏み出せばいいだけです。

と、自分に言い聞かせてみる_(:3」z)_

リアルでは大丈夫なのに、SNSではコミュ障になるの僕だけ?ネット上では人間を楽しめない。

ユトピ(@yutopi60pa)です。

今日電車に乗っていたら、なぜか手すりを殴りつけている人がいました。

なにかイラッとすることがあったのでしょうか。

東京の朝は余裕がないですね。もうすぐ春だというのに。

ということで今回はSNSについて。

実は僕あまりSNSって得意じゃありません。

ツイッターやFacebookが苦手。

リアルでは全然平気なんですよ。初対面でも普通に話すことができますし、仲良くなれます。

しかしネット上で仲良くしたいと思って話しかけても、返信するまでに無駄に考える余裕が生まれてしまって、変に気を使ってしまうんですよね。

「何か気の利くことを言わないといけない」とか、「面白いことを言わないといけない」とかね。

別にそんな必要なんてないとはわかっているけど、どうしても無意識に考えてしまうんですよね。

相手の反応が文字情報だけでしか読み取ることができないので、不安になってしまうんでしょうね。

だから仲良くなりたい人にせっかく話しかけても、当たり障りのないことを言ったり、結局それが億劫になって返信を放置したりします。

どうやって話しかけたらいいのかわからない。

それが重なるとどうしてもSNSってつまらないなと感じてしまうんですよ。

こんなんだったら僕はリアルで会った方がだいぶ楽です。

世の中では『若者はネット友達ばかりで、リアルな人間関係は築かない』なんて言われていますが、僕は全くの逆。

ネットの友達なんていないよ。むしろどうやって作るの?

リアルな方がよっぽど楽でしょうよ。

リアルに会った方が、その人の雰囲気、声の調子、表情、しゃべり方、人間らしさを楽しめるから、その人がどういう人なのかっていうのがよくわかる。

その人を楽しむことができる。

でもツイッター上のつぶやきの文字だけでは正直この人がどういう人間なのかなんてわからない。

だからどう接していいのかわからない。つまらない。その人を楽しめない。

最近の若者はどうしてそんなにネット友達ができるんでしょうかね。ホント謎すぎる。

ですので、僕はネットで本気で仲良くなってみたいと思ったらまずは会ってみたいです。

その方が仲良くなる方法として最短距離だと思っています。

僕にとってネットほど遠回りなものは無い。

ネットで友達探すなんて疲れるんですよ。

逆に僕と仲良くしてみたい、話してみたいと思うなら、ネットでばっかり絡んでこないで会ってください。

僕はSNSだけの絡みでは仲良くすることはできませんし、親身になることもできません(ビジネスが発生するなら別ですがね)。

そんなに器用ではないのですよ。

これ共感できる人いないかなー。

大人になるって人に合わせることなのか?だったら需要が無いので子供のままでいい。

やぁ。ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

昨日僕の貯金を預けている銀行の口座が突然ロックされてしまいました。

暗証番号を何回も間違えた記憶もないし、それどころかここ最近引き出していないので、入力する機会もないんですよね。

数十万は入っているので、取り出せないとマジ困る。

身に覚えのない仕打ちを食らってしまって、ロック解除後は解約してやろうと思います。おこですよおこ。

ということで今日は大人の話。

あ、エロくはないよ。

僕は大人になるってなんなのかなと個人的によく考えることがあります。

そんな考えをちょっとまとめてみました。

『大人なのに○○なのはおかしい』がおかしい

皆さんは大人になる条件って何だと思います?

例えばよく言われるのが自立すること。

しっかりお金を稼いで、親に依存しなくても生きていけるようになったら大人。

あとは単純に20歳を越えたら大人とされることもありますよね。

条件によってまちまちですが、個人的に思うのが「大人なのに○○なのはおかしい」みたいなのが嫌いなんです。

例えば僕は腕時計をつけるのが嫌いです。

基本的に腕時計を含めてネックレスや指輪も鬱陶しくでつけたくないんですよ。

だからそんなのにお金をかけるつもりもないし、これからも日常的つけるなんてありえないと思ってます。

会社も私服なので全然必要ないです。

またファッションにしても最近はアメコミデザインのポップなものにハマっていて、今更原宿系のポップな感じにしたいと考えてますw

でもこれを言うと大体の人から

「大人なら腕時計なんて当たり前だろ」

とか

「いい歳してそのファッションはヤバイ」

なんて言われます。

え、大人って嫌なものでも無理にしないといけないの?

周りに合わせることが大人になることなの?

だったら子供のままでいいです。

周りに合わせるのが大人なの?

大人ってなんなんですかね。

みんなある程度の年齢達するとファッションが落ち着いたり、腕時計つけたり、おしゃれなバーにいったり、ゴルフしたりと、一体なんなのでしょうかね。

僕はそのあたりにはほんとに興味がない。

ゴルフだって正直つまらんし、バーなんてお酒嫌いの僕にはもってのほか。

これらってみんな好きで始めてるの?

本当に好きなら別にいいけど、周りがやってるから合わせてるだけじゃないの?

だから没個性的だって言われるんですよ日本人は。

好きなもの貫いて、嫌いなものを避けてなにが悪いのかほんとに疑問。

「周りがやってるから・しているから自分も合わせる。」

大人になるってそんな低レベルなんですか。

結局周りの人間に合わせたら、それは他人の自分の意志を委ねてるか放棄してることになるよね。

それって本当の意味での自立とは言えない。自分の意志で決められないならそれは大人とは言えないでしょ。


なんでもしっかりとした意志をもってこそ大人になることだと思いますよ。

みんなと同じは需要が無い。個性的こそ生き残れる

多くの人は自分一人だけ浮いてしまうのが耐えられないんでしょうね。

僕は周りに合わせるのが嫌いなので、慣れてますよ。

それに浮いている人間のほうが絶対将来的に需要があると思うんですよ。

個性的な人は唯一無二。最強ですよ。

ネット上でも個性が輝いてる人の方が輝いてるじゃないですか。

そういう人って空気を読んで自分を抑えるとかしないと思うよ。

逆に没個性化された人は需要なんて無いですよ。代えがききますから。

人工知能が社会に進出してきたら、あっという間に仕事が奪われていきます。

人に合わせるのが大人とか思っちゃうと悲惨な目に遭うかもしれませんよ。

だったらもっと好きなものを貫いて、個性を磨いていった方が絶対に生き残るし、充実した人生を送ることができますよね。

だから僕はこのままでいきたいと思います。

今度原宿とか渋谷あたり行ってアメコミ風のポップな服でも買ってこようかな!

まとめ

あと、僕は昔から特撮ヒーローが好きで、それを言うと高確率で「子供みたい」または無言が返ってきます。

大人になって特撮ヒーローを観ないなんて人生損しすぎやろ!あれは人間ドラマだよ!

子供のような気持ちでいることって結構大事なことだよね。

やっぱり好奇心みたいなものは子供を見習いたいです。

なので、僕はこれから良い意味で子供大人を目指していきます!

子供と大人の良いところをもったハイブリット人間になっていきます!!

親戚に人見知りするのはコミュ障なのか?特殊な人付き合いがしんどいです。

やぁ。糖分過多なユトピ(@yutopi60pa)だよ。

1日にココアは二杯までと決めているのに、昨日は5杯飲んでしまいました。

ですので今日はココア節制の日です。

どうでもいいね(^ω^)

年末年始の慌ただしい感じも終わって久しいですが、僕この時期で唯一憂鬱なのは親戚の集まり。

別に仲が悪いとかそういうわけじゃないんですけど、なーーーんか苦手意識ありません?

要するにあまり気さくに話せないんですよ。

下手したら目も合わせられない。

めちゃくちゃコミュ障やん!


この状況にいつもストレスフルでついついスマホいじいじに逃げちゃう。

でも人見知りってわけではないんですよ。

結構初めての人でも気さくに話せますし、意気投合したらもうベラベラ話します。

なのに親戚ってどうにも無理なんですよねー。

ということで、この謎の親戚コミュ障現象について個人的に考えてみました。

共感してくれる人いないかなーっていう感じで書いています。

親戚=家族?

まず前提として親戚は他人なのか、家族なのか。

世間一般でいうと親戚は家族ということになりますよね。というか人間の歴史で見ても家系っていうのは大事にされていて、親族間は非常に親しくするのが普通。

でも僕みたいな人にとっては親族は家族でなはい。
具体的に言うと家族の距離感で接することができないんですよ。

去年、親族の法事の際に初めて会った親戚がたくさんおり、相手は当たり前のように僕に接してきますが、それに対して同じようなレベルで返せなかったんですよね・・・。

うちの祖母の兄弟の息子さんとかわからんよ。

祖母とか祖父とか近い関係の親族ならすんなり交流できるけど、滅多に会わないような叔父さんとか叔母さん、なんだかよくわからない親戚とかはガッツリATフィールドを張っちゃうんですよ。

冷たいようですが、ほぼ他人みたいなものですよ。

久しぶりに会った大学の微妙な知り合いレベル。

そんな距離感なのにいきなり家族みたい接しろっていうのは無理ゲなわけです。

個人的に対人関係の距離感としては、

恋人≧家族>友達>>>越えられないATフィールド>>>滅多に会わない親族>>知り合い

っていう感じで左に行くほど親密度が高いってイメージ。

この図で右から2番目に位置する滅多に会わない親族に対していきなり家族のように接するのって厳しいよね。

でも親族たちの方はそれはもうガッツリと家族のように接してきます。

別にいいんですよ。無下にされるよりよっぽどマシですし。

しかし!!

自分にとっては知り合いレベルの人がいきなり家族の距離感にワープしてきちゃってるわけですよ。それはもう恐ろしくてたまらないわけ。

居酒屋ののれんのごとく僕のATフィールドを潜っているんですよ!

この違和感のせいでコミュ障を発揮しているんですね。

やっぱりほとんど会わない人は親戚だろうと知り合いレベルから抜けない。

僕にとって滅多に会わない親戚は家族ではないです。

まとめのようななにか

それでも普通に接しなきゃいけないのが大人だよね。

なんとかしなくちゃいけないね。

でも残念ながら即効性のある解決策は無いと思うんです。

もう最初から割り切って接するか、滅多に会うのではなく、頻繁に会うのかのどちらか。

『滅多に会わない親戚とどうやって接するか』最早人類の永遠のテーマですよ。

ということでそんなぼやきな記事でした。

ちなみに直近の課題としては、姉の旦那さんと仲良く接するの_(:3」∠)_

新年だからこそ言いたい完璧主義の危うさと最善主義のススメ。

あけおめことよろユトピ(@yutopi60pa)です。

三が日終わって、今日からから仕事なんて人も多いでしょうね。

新年を迎えるとみんなこぞってやるのが今年の目標をたてること。


恋人作るとか、金持ちになるとか、痩せるとかね。


でもその目標達成できるのってどのくらいなんだろう・・・


たぶん新年に目標立てる人はその前にも似たような目標作って流れちゃってる人が多いんじゃないでしょうか?

年明けをきっかけに改めて立て直すっていうのが大体だと思います。

それじゃどうしてその目標を達成できないかわかります?


やる気がないのは論外として、基本的にみんな完璧主義なんですよ。


例えばダイエットだと、最初の三日ぐらいは間食などもせず健康な食事と運動をこなせても、それ以降に一回でもサボるともうダメになってしまう・・・。

ちょっとサボるとそのままどうでもよくなるタイプって完璧を目指しすぎてるんですよ。


それ本当にやめたほうがいいよ。


完璧主義は疲弊するだけ

そんな僕も昔は完璧主義なところありました。

仕事のWEBデザインでも最初から100%以上の物を作りたいがために無理しちゃうし、完璧を目指すがゆえに優柔不断にもなる。

クリエイターという職業柄、どうしても自分の納得いくものができないと、世に出すのが恥ずかしいと思っちゃうんですね。



これって本当に疲弊しますよ。結局答えのないことに対して完璧を目指すから、無駄な努力をしちゃうだけです。

自分を追い込むだけだし、目標を達成できない自分を嫌いになっていく。


なんでもそうですが、トライ&エラーです。とりあえずやってみてダメなら直せばいんです。

それがわかっていなかったんです。だから自分の実力以上の力を出そうとしちゃう。


ただ最善を尽くせばいい

そもそも完璧なんていうのは無理な理想を無理にこなそうとするから崩れるんです。

完璧なんて不可能と思っておいた方がいいですよ。

ならどうすれば目標達成できるのか?と思う人いますよね。


それはただ単純に最善を尽くせばいい。

スポーツ選手がよくインタビューで言ってるの聞いたことありません?


『自分のできることをしっかりやるだけです』


要するに最善を尽くすってことだよね。自分の実力をありのまま発揮するんです。

もし完璧主義なスポーツ選手がいたとしたら、そんなこと言いませんよ。

サッカーで例えると、絶対に勝ってハットトリックも決めるし、アシストもしまくるみたいなのがもう文句つけようのない完璧な活躍だね。


でもそんなの無理。
世界的な選手でも毎回こんな成績残すなんて不可能。おそらくそのうちメンタルやられてしまいますね。

そんなアホな完璧を目指すなら、自分が今できる最善を尽くすことが一番良いんです。

もちろん最善を尽くしても失敗することはありますよ。

でもスポーツ選手の場合は結果が求められますので、失敗したら文句言われますが、個人の目標ぐらいだったら文句言う人いません。

それに完璧主義だって大体失敗します。だって無理なんですもん。

だったらメンタルにも優しい最善主義で目標に向かって努力した方がよっぽど健全だと思いませんか?


実力も見えるし、サボりも許せる

それに最善を尽くすことで自分の実力もわかります。


自分が今できると思うことをただやるだけなので自ずと実力も見えてくるんですね。

自分を客観視できるので、次の目標にも繋げられるしね。


そして無理をしないということは多少のサボりも大目に見られるんですよ。

完璧を目指していないので、多少のサボりが発生しても柔軟に対応することができます。

なので完璧主義の時みたいに計画が崩れにくい。


というか最初から計画にサボりを入れちゃえばいいんですけどね。

そうやって完璧を目指さず、緩やかに最善を尽くせば目標は達成されます。

しかも成功体験も積めるので次の目標への自信にも繋がっていきます。

こういった最善主義を新年の目標を立てる時期に決めておくといいです。


まとめ

完璧主義はほんとにオススメしません。
弱い人だと心の病に繋がりますからね。無理な理想を達成できなかった自分をダメ人間だと追い詰めちゃうわけですから。

完璧は無理。自分のできることだけをやる。

それだけを頭に入れて今年も目標に向かって頑張っていきましょう。

そしてこれは自分の戒めにもしていきますね(;´・ω・)