メンタル

人生で「お金」が大切と思う人はヤバイ。退屈な人生を送らないために必要なこと5つ

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

発作的にブログを書きます。

皆さん、突然ですが人生において大切なものって何だと思います?

人間関係?地位や名誉?才能?それともお金ですか?

僕から言わせてもらうとこれらは大事だけど1番じゃない。

ほとんどの人が人生において1番大事なものが何かをわかっていないですよ。

だから多くの人が人生で大きな目標を達成できないし、お金持ちにもなることができない。ただただ無駄な時間を過ごして自己嫌悪になるだけ。

そんな皆さんも経験ありませんか?

大体の人は人生において重要なものの順位付けを間違えているんですよ。だから失敗する。または非常に遠回りしてしまっている。こんなの消耗戦でそのうち倒れますよ。

僕はここ数か月でようやく「それ」の大切さに気付きました。マジでみんなに気づいてもらいたい。

ということで、今回は僕が思う人生において大切なコト・ベスト5を書いていきますぞ。

この記事を読めんで人生において大切にすべきものに気づけたら、あなたの人生をもっと豊かに、そして有意義にすることができるし、目標達成へも近づくことができます。


第1位『時間』



いきなりトップから発表しちゃいます。

僕が考える人生において1番大切にしないといけないのは『時間』です。

皆さんは時間を効率的に、自分のために使えてます?

特に仕事。日常的に残業したり、休みの日は疲れてぐったりしていませんか?

残業代がでるならまだしも、出ないのなら最悪。時間の無駄。

時間ってどんな人間でも有限なんです。誰しもそのうち死が訪れる。タイムオーバー。

社会人になるとあっという間に時間が過ぎ去っていきますよね。1週間、1ヵ月、1年が瞬く間に終わっていく。

やりたいことがあっても「そのうち・・・」とか「仕事が落ち着いたら・・・」とか思っていません?

夢があっても仕事に追われていたら、達成できずに終わっていきますよ。

これはマジで時間の無駄

いいですか?

人生において1番に大切なことは時間なんです。時間さえあればあなたの夢ややりたいことを叶えるために惜しみなく行動することができるんです。

行動した分だけ見返りがあるのが人生ですよ。

無限に時間があればいいのですが、それは不可能。

だから限りあるあなたの時間を大切に使わないといけないんです。ぶっちゃけると働いている場合じゃないですよ。

働くっていうのはあなたの限りある時間+労働力をお金に変換しているんです。今の仕事がやりたいことならまだしも、そうでないなら今すぐ行動した方が良い。

お金なんて時間を有効に使えばすぐに取り返せます。しかし無駄にした時間は絶対に戻ってこない。

それにいつ死ぬのかもわからない。だったらそんな無駄なことをしないでもっと自分のために時間を使いましょうよ。

もっともっと時間に意識を向けましょう。1分でも1秒でも時間を無駄にしないようにしましょう。

仕事なら効率化をすべきだし、人に任せることだってできるはず。

「そんなのできないよ!」って思ってる人もいるでしょうが、視野が狭くなって思考停止していますよ。 

それはあなたがやるべきことですか?そもそも必要なことですか?もっと効率化できるはず。無駄な時間を強いられたら逃げ出したっていいでしょ。

時間があれば挽回することができる。若いならなおさら。

僕はそれで新卒で入った会社を2ヵ月で退職しています。そこから挽回して今はやりたいこと、好きなことでお金を稼ぐことができています。


[blogcard url=”https://60pablog.com/201704-freshman/”]

時間を浪費してしまったことに早く気付くべき。無駄になった時間は戻ってはこないですよ?


第2位『健康』



もう1位を発表してしまったので、あとは時間との関係を見ながら解説していきます。

人生で大切なコト2位は『健康』です。体が資本とはよく言いますよね。この場合体だけでなく精神的なことも含みます。

健康を害していたらいくら時間があっても思うように行動することができなくなります。

だから少しでも健康に気を遣って、できれば死ぬまで自分の好きのことができる体を手に入れましょう。

これは習慣レベルで矯正していかないと大変ですが、とにかく不摂生な生活はやめましょう。

特に食事と運動はしっかりと管理すべき。

万が一健康を害しても時間をかければ治ることもあります。もちろん病気にもよります。

そのうえで1番大切なのは時間だと思っています。

ですが時間に匹敵するぐらい健康も大事。

とにかく避けることのできる病気は避けて、健康には気を遣っていきましょう。


第3位『信用』



人生において大切なこと3つ目は『信用』です。

ここでいう信用というのは人間関係のこと。仕事などでの実績も信用になりますが、今回は置いときます。

人間という生き物はコミュニケーションを通した社会性のある生き物。どうやったって一人で生きていくのは不可能です。

「一人の方がいい!」って人もいるでしょうが、まったく人と関わらない生き方なんて楽しい人生といえるのでしょうか?

僕もどちらかというと人見知りだし、一人の方が楽と思うこともありますよ。

やっぱり気の合う人たちといたほうがいいですよね。それに人間関係以外でも信用があれば仕事だって回ってきます。これは非常にありがたいこと。

そういった意味でも人と人との信用はマジで大事。

裏切るようなことや嫌がることはしたらダメですよ。それがあなたの評判になり、人が離れていきます。

そうなるとかなり厳しい。

もちろんかなりの時間をかければ信用回復することもできるでしょう。ただできることならそんなことしたくないし、まさに時間の無駄です。

逆に信用が大事だからって親しい人にばかり時間を使うのもナンセンス。そこは上手く塩梅をとりながら自分の時間も大切にしましょう。

道徳の授業のようなことを言いますが、とにかく人には親切にしましょう。時には厳しくするのも大事ですが、それも遠回しには親切。「情けは人の為ならず」ってやつですね。

信用を無くして自分に対するヘイトを集めたってろくなことないですから、大切にしていきましょう。


第4位『お金』



さて、4つ目にして『お金』が登場。

5つのうち4つ目なので優先度はそこまで高くない。上位3つと比べながら見ていきましょう。

お金なんて時間があれば稼ぐこともできるし、仕事の効率化や資産を作っちゃえばもっと楽に稼げます。よってお金よりも時間が大事

体が健康ならばお金を稼ぐことができます。しかし病気になったらできなくなります。またお金ですべての病気を治すことはできない。よってお金より健康が大事

信用があれば自分の評判があがり、仕事が回ってくることがある。自分の価値をあげることができる。よってお金より信用が大事

ここまで読んだ方なら理解できると思いますが、お金ってそこまで大切じゃないです。

ただ目に見えてわかりやすいだけ。欲望をすぐに叶えることができるから一番大事なように見える。短期的な目線の人はお金が大事なように感じるんです。

だけどそのお金を人生において最優先になるとろくなことにならないよ。

『残業代が欲しいから月に何十時間も時間を浪費する。』

その何十時間でスキルアップしていたら数年後の年収が上がっていたかもよ?

『健康を無視してお金が欲しいがためにがむしゃらに働く』

体や精神を壊したらどうするの?

『お金のために人を裏切ったり騙したりする。』

言わずもがな。または「お金>家庭」にしたばかりに家庭崩壊

もうわかりますよね。

お金は人を狂わせます。ろくなことないです。

お金は目的ではなく、『手段』であることをしっかりと意識しておきましょう。時間、健康、信用あってのお金ですからね。

時間も健康も信用も長期的な目線からみないとその大切さに気付けません。お金ばかり見ないで、もっと先のことを考えながら生きていきましょう。


第5位「」



 こんなオチで申し訳ございません。


まとめ

ということで、僕が思う人生で大切なことベスト5でした。まぁ実質4つですが。

時間って大事なんですよ。だから徹底的に無駄な時間を排除していきましょう。

そしてそれを自分のために有効活用しましょう。

今回の記事も一番大事なことを伝えるためにあえて1位から発表しました。

僕の記事は無駄に長くなることが多いので、読者のみなさんの時間をとらせるわけにもいかないですしね。


皆さんもこれからはしっかりと時間の大切さを意識してそれぞれの目標に向かって頑張ってまいりましょう。

ギリギル癖のある奴は、いい加減に未来の自分を信用するのはやめろ!今やるんだ!!

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

僕って結構ギリギリ癖があるんです。
どうにも目の前の欲望に負けてしまうことが多いんです。

特に眠気には勝てませんね。



僕「1時間寝た後にやることやろう・・・。」



~1時間後~


僕「明日やろう・・・。今日はもうお布団だ・・・。」



こんなのを数日続けてギリギリになってしまうことがありました。

皆さんも経験あるんじゃないでしょうか。


これのダメなところって欲望に弱いところ以上に、未来の自分を信用し過ぎているところだと思うんですよ。

未来の自分にまかせることで、上手いことその場の欲望に逃げることを肯定しちゃってるんですよね。


この癖はマジで辞めたほうがいい。
未来の自分を信用しない方がいいよ。


今やらなければ、未来もやらない。


最近つくづく思います。
結局のところ今やらないならば、その先もやらないんですよ。


だって数時間後や数日後にやる気が出る根拠はどこにあるの?やる気が出るようなことをしているわけでもないのにやれるわけないよね。

しかも先延ばしにすることで事態はますます面倒な状況になりますよ。
仕事が溜まりまくって、急いで片づけた結果雑なものになってしまったらどうしようもないですよね。

もっとゆとりをもって丁寧にやれたらよかったんです。これは先延ばしにした結果です。


僕みたいにギリギリ癖のある人は、いつまで経っても根は怠惰なんですよ。だから未来の自分も怠惰なのです。
これはそうそう揺るがないですよ。

だからもう未来の自分にぶん投げるのはやめましょう。未来のあなたも信用なりません。

未来の自分もどうせなんやかんや言い訳を見つけて、そのまた未来の自分にまかせてしまうんです。もはや無限ループ。



それならば一体どうすれば良いのか?

答えは簡単!


今やれ!!!




すっごく明快ですね!!



めんどくさいを感じる前に体を動かす!


と、ずいぶん乱暴に「今やれ!」とぶん投げたわけですが、ここからは今やるための僕なりのコツを紹介。

何かしなければないらないことに直面した場合、大体はすぐに「めんどくせぇ・・・」の声が聞こえてくると思います。
かくいう僕もそうなので。


なので、この「めんどくせぇ」が頭の中に鳴り響く前に体を動かしちゃいましょう。


おそらく0.000001秒ぐらいの世界ですが、頭の中に無意識に「めんどくさい」が思い浮かぶ前にやり始めてしまえばいいんです。


結局のところ、人間は始めるまでのハードルが高いのです。ですが逆に言えば一度始めればそのまま集中して作業を続けられます。

ここを利用して、始めるまでのハードルを強引に下げてしまい、脳が嫌がる前に体を動かしてしまうのです。


最初のうちは上手くいかないかもしれませんが、習慣化すると作業スピードがめちゃくちゃ速くなります。
加えてフットワークも軽くなるし、決断も早くなる。
人生が高速化しちゃうわけですね。


問答無用に体を動かせば、「めんどくさい」なんて言葉浮かばなくなるはず。
これでギリギリ癖も未来の自分を信用することもなくなりますね。


まとめ


なんだか解決策が強引なような気がしちゃう人もいそうですが、要は体で覚えろってことですよ。

やるべきことが来たら体が先に自然と動き出すサイクルを作っちゃえばいいんです。

未来の自分なんてあてにならないので、今の自分を信用できるようになりましょう。
そうすれば仕事や作業もゆとりをもってやることができます。



そんなこの記事も「今やれ!」の実践で書いてみました。30分ぐらいで書き終わってくそワロタ。


ということで、皆さんも僕と一緒に信じられる今の自分を作っていきましょーぜ!

楽はいけないことなの?夢をかなえたいなら「苦労の選別」をするべき

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。


先日僕の母親と仕事について話していたところ、人工知能についての話題になりました。

その際人工知能で楽をしようとするのは良くないなんていわれちゃいましたよ。人間が苦労をしなくなるという理由でね。


まぁその意見も一理あります。
でもどうして楽をしたらいけないのでしょうか?一生苦労しながら生きていかなければいけないのでしょうか?

そんな必要はありません。苦労は自分に役立つかそうでないかで選別するべきものです。

盲目的に苦労はしてはいけない


その昔は「若い頃の苦労は買ってでもしろ」なんて言葉がありました。
これは半分正解で、半分間違い。

正確には自分のためになる苦労はしろということです。


生きていると様々な苦労が待ち受けていると思います。中には避けようのないものも。
しかし、する必要のないものもあります。


例えば不当な労働条件で働かせられて、それに耐えるのは必要のない苦労です。耐えたところで自分のためにはなりませんよね。


世の中にはこういった悪い苦労もあるんですよ。なので、「若い頃の苦労は買ってでもしろ」とか「石の上にも三年」とかを盲目的に信じたらダメです。

冷静になって、その苦労が将来の自分のためになるのかをしっかりと考えるべきです。
そうでないと分かったらすぐに辞めちゃいましょう。


そのまま続けても楽になることはないし、心と体が潰されかねないですからね。
しっかりと苦労を選別する能力を付けましょう。



楽をするための苦労なら喜んでする。


僕としては見出し通り、楽になるためなら苦労は喜んでやっていきます。成長痛みたいなものですから。
そういった苦労は意味のあるものですよね。


苦労の選別は往々にして目標があることによって必要か否かを判断できます。
何でもいいんですよ。お金持ちになりたいとかモテたいとか。


現状から理想までのギャップを埋めるのはそう簡単ではありません。ですが理想に近づけるためにするのが本当の苦労です。


僕は将来的に楽にゆるく暮らしていきたいからいま苦労しています。だから無駄な苦労は一切しません。
目標や夢がなければこういった苦労の見極めは難しいかもしれません。

しかし、明らかに疲弊しきっているなら何が何でも避けましょう。苦労を避けるための苦労もまた自分のためになりますからね。

自分のためになる苦労だけをしていきましょう。


まとめ


人工知能が仕事をするようになれば、社会も楽になるし、今のようにストレスに悩まされる人も減っていくと思うんですよ。無駄な苦労もなくなります。
そんなハッピーな社会が来るなら人工知能大歓迎ですよ。

いろいろな人が自分の目標のために苦労できる世の中が実現するといいですね。

僕はこれからもどんどん無駄な苦労は切り捨てていきます。意味のないことはやりたくないですからね。

劇的に自分を他人と差別化して価値を上げることができるたった1つの簡単な方法

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。


今日から新しいジムに通い始めました。通う前はなかなか踏ん切りがつかず、ネットの口コミばかり見ていましたが、いざ行ってみると思いのほか快適で使いやすく、満足しています。

僕と同じようにそこのジムに通うか迷っている人にオススメしたら、入会を希望するようになりました。


と、こんな風に誰も体験したことないことをしている人がいると、周りの人はそれに食いついてく来ますよね。それが興味を引く話題ならなおさら。


これって実はすごいことなんですよ。
簡単に他人と自分を差別化でき、価値を上げることができるんです。



ということで今回は他人と自分を簡単に差別化して、しかも自分の価値も上げられる方法を書いていこうと思います。


これを読めばブログやビジネスで差別化に悩んでいる人も簡単に周りから抜き出た存在になることができます。


「YouTuber」に学ぶ価値の上げ方


皆さん、YouTuberはご存知ですか?


とかいっても大体の人はもう知っているでしょう。

YouTubeをメインに様々な動画を上げて人気を得ている人たち。ヒカキンやはじめしゃちょー、マックスむらいあたりが有名ですね。

彼らの人気の秘密として「誰もやっていないこと」や「疑問に思っていること」を実践するというところにあります。


例えば最近だと、ヒカルのこんな動画が話題になりました。




この動画は縁日の屋台が出しているくじ引きを全部引いて、本当にアタリが入っているのかを検証した動画です。
実際にはアタリが入っていないんじゃないかという結論になっていました。


このように誰しもが抱くであろう疑問を実践して再生数を稼いでいるわけですね。

まぁこれは資本力の問題もあるので、誰もが簡単にできることではないですが、それでも根本的に主張したいことは同じです。


皆が疑問に思うこと、気になることを率先してやるだけで価値を生み出せるのです。

人間というのは変化することには本能的に拒否反応が起きますし、損したくないという考えがあります。

そこを恐れず突っ込んでいくことで他人とは違う価値を生み出せるんですね。一時的に損はするかもしれませんが、ここで大切なのは他人と差別化すること。


積み重ねればあなたは他の人間とは一味も二味も違う人間として一目置かれることになります。

もう差別化成功ですよ。あなたは誰も持っていない価値を生み出すことができるようになりますよね。


日ごろから疑問をメモする習慣をつける。


ということで、ここまで他人と差別化できる方法について書いてきましたが、それを実践するにあたって必要な習慣があります。

それは日ごろの疑問をメモすること。


疑問というのは結構毎日出てくるもの。電車の移動中、スマホでネットサーフィンしているとき、テレビを見ているときなど。

無意識のうちに疑問はふと沸いてきます。そこを取り逃さないようにするのが大切。


なので、疑問がわいてきたらメモをする習慣をつけましょう。スマホでメモする方がデータとして残せたり共有できたりするので良いでしょう。

メモした疑問の中から実践できて、話題になりそうなものをピックアップしましょう。
それを動画なりブログなりに上げれば簡単に注目の的ですよ。


別に大それた疑問じゃなくても良いと思いますよ。
例えば「水曜日のダウンタウン」の○○説なんてくだらないことが多いですよね。

でもコンテンツとしては非常に面白い。ライトに楽しめるんですよね。
このぐらい軽いネタでも全然良いと思います。


疑問をメモする習慣をつけるのって難しいですが、やっぱり疑問を見逃さないというのは大切なこと。ここから変化が生まれるわけですからね。


まとめ


今回の方法は最初は難しく感じるかもしれませんね。
なかなか受けそうな疑問が浮かばなかったり、実践するのにひよったりね。

とにかく行動ですよ。
行動するだけで価値が生まれるんですから簡単なことです。慣れてしまえば他人と差別化するなんて容易いんですよね。

僕も頑張っていろいろなことにチャレンジしてみようかな。チャレンジ精神大事!!

我慢強さは時代遅れ!思考停止や搾取のターゲットにされるぞ!

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。


関東が梅雨入りしてこれから寝苦しい毎日が来ると思うと憂鬱ですなぁ。
僕はあまり我慢強くはないので、すぐに扇風機やらクーラーをつけてしまいます。

いかんなーとは思いつつも難しいものです。


でもさ、働く上でこの我慢強さって必ずしも必要とは思わないのですよ。
今の時代に我慢強いのは思考停止と同義ですよ。


あなたは日ごろから我慢強い方ですか?もしそうならすこし危機感を持った方がいいかもしれません。

もしかしたら気付かずに搾取されているかもしれませんよ?


石の上にも三年が報われない時代


高度経済成長やバブル期ならば仕事において「石の上にも三年」が報われることがありました。

日本全体が好景気なので、働けば働くほその分の見返りが来たわけです。我慢強い人間はうまく社会で生きていけたわけですね。


ですが今の時代はどうでしょう?
どんなに働いても給料が上がることはなく、世の中は生きづらくなることばかり。


しかもブラック企業なんていう社会の癌がのさばっていますよね。
こんな状況で我慢強い人は搾取のターゲットにされかねない。


未だに「新卒で入社した会社は3年我慢しろ」と言われていますが、もはやこれも古い常識。

時代の変化も早いし、働き方も多様化している時代にそんなことしていられませんよ。
我慢なんかしていたらあっという間に取り残されちゃう。


こうやって社会の流れを見ると、一概に「我慢強い」ことが良いこととは限らないのですよ。
我慢強さは昔ほど通じなくなりました。

特になんでもかんでも我慢しようとする人は危険。我慢とは変化を受け入れないでその場でジッと我慢していることですからね。

変化が出来ない人は本当に生き残れないですよ。


我慢強いは思考停止


嫌なことがあると、そこから逃げることはダメだという風潮もありますよね。

どこかのロボットアニメの主人公が「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」というセリフも有名ですね。

でもあそこで逃げなかったために人類滅亡してしまったわけですよあのアニメ。


まぁこれはあくまで例ですけど。
やっぱりなんでもかんでも我慢するのも良くはないよね。


「我慢すればいつかはなんとかなる」と思い始めたら完全に思考停止してしまいますよ。企業に搾取されているのに気づかないでいると人生終わり。


我慢し続けたばかりに損をするなんて悲惨すぎるでしょ。今は昔ほど働けば働くほどよくなるわけではないのです。


少しでも疑問を持ったらすぐにでも辞めるべき。
心を潰してまで我慢する必要なんかもうないですからね。

理不尽なことをされたり、環境や待遇に疑問があるのなら我慢せず改善していきましょう。
意外となんとかなるものですよ。一番の罪は思考停止してしまうことです。


まとめ


と、まぁ今回の記事のように我慢強くないことは決して悪いことではないなと感じました。
今はうまく逃げることも大事ですから。何事もバランスですね。

常に疑問を持ちつつ変化をしていかなければなりませんね。偉そうなこと言いましたけど、僕も頑張らないとね。

やる気が出ないなら「未来からのお告げ法」でモチベを上げ、目的を再認識しよう

どうも僕だよ、ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

いまいちやる気が出ない病にかかっています。定期的にくるやつです。
困りましたね。

どうにも眠くて眠くてやる気が起きないのですよ。
だからと言って甘えていてたら何も進まない。

しんどいねー。



とかぼーっとしていたら、モチベーションを上げてやる気を維持させる考え方を思いつきました。

今回はその考え方について書こうと思います。


「○○をしなければ」は未来の自分からのお告げだ


頭のなかでは「あれをしなきゃいけない」、「これをしなきゃいけない」ってことありますよね。

わかってはいるけど、どうにも体が動かないし、モチベも上がらない。


例えばブログなら毎日記事を書くのが億劫になるとか。やらなきゃいけないのにどうにも体がパソコンに向かないことってあると思います。
勉強でも運動でも良いです。やらなきゃいけないのに、気が乗らないことは多々あります。


そこで上手くやる気にさせる方法があります。
見出しにある通り、『「○○しなきゃいけない」というのは未来の自分からのお告げ』です。

どういうことか説明しましょう。


運動の場合なら、未来の自分は運動をしてこなかったために寝たきりになっていると考えましょう。
そんな悲しい未来の自分が、過去を変えるために自分に「運動をしなきゃだめだぞ!」ってお告げを送っている。と考えるのです。


よくありますよね。
「過去を変えたいと思うなら、今の自分が未来から来たと思って頑張れよ」みたいな。


未来でダメダメになった自分が、その状況を変えるために今頑張っておけよ!ってお告げをしているんですよ。

そうすればちょっとした焦りと共に、上手いことやる気も引き出せますよ。


現状がこのまま続くとどうなるかをリアルに想像できる。



この方法の良いところはやる気を引き出すだけではありません。
現状がこのまま続くと、未来の自分はどうなってしまうのかということを考えることができるのです。


・運動をしなかったら歳と共に体は衰え、寝たきりになる。
・勉強しなかったら将来的に自分が損をして、様々なチャンスを逃してしまう。
・ブログ書かなかったらいつまで経っても今の貧乏生活から脱することはできない。


このように今サボり続けたらどうなってしまうのかとリアルに考えることで、焦りを感じることができますよね。
こうはなりたくないと思うはず。


そんなネガティブな未来の自分が、今の自分に語り掛けているわけですよ。

「やっとけよ!いま頑張っておけばもっと良い未来がくるぞ!だからやれ!!」


何故今やらなきゃならないかをハッキリさせましょうよ。目的意識が低くなると人はモチベーションが下がってやる気が無くなるのです。


今なんとなくやる気が起きなかったり、やるべきことを放置してしまっている場合はこのように未来の自分を想像して、ネガティブな感情を原動力にすればまた行動できるようになるはずです。


モチベが下がった時こそ、目的を再認識する時だと考えましょう。


皆さんも早速やってみましょうぜ。


まとめ



ちなみに今回はネガティブな未来の自分を想像しましたが、同時にポジティブな未来の自分でも良いわけです。

お金持ちになった自分が過去の自分に「今やっておけば金持ちになれるぞー!」と語りかけていると思えば良い。
これもこれでやる気が出そう。


目的意識って本当に大事だよね。どうしてこんなことをやっているのかと定期的に考え直すことでモチベーションって維持されるからね。

今回のやり方で上手く目的を再認識できれば、三日坊主とかも無くなりますよ。



ということで、ぐーたらしてないで今すぐやりましょう!!!

「理不尽な社会が当たり前思考」が当たり前じゃないことに早く気付けよ。

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。


日ごろから思うのですが、どうして社会は理不尽なことが多いのでしょうか?


上下関係は絶対だから?お金が絡むと理不尽も許されるから?



あーーーーめんどくせ!!





社会は理不尽が当たり前で、それに文句も言わず耐えるのも当たり前。なにそれ?




ばっかじゃねーの!!!


意地悪はいけないことって子供でも分かるぞ


学校でのいじめ問題が取りざたされて、大人たちは声を大にして「いじめダメ、絶対。」って叫んでるよね。

でも大人もいじめしてるじゃん。


そうじゃなきゃこの社会がどうして理不尽だらけになるわけ?

上司が部下をいびったり、元請けが下請けをいじめたり、どうして大人はいじめばかりしているんだ?


そりゃ子供のいじめもなくならないわ。

意地悪はしちゃいけないって子供の頃に親や先生に習わなかったのかな?
人には優しくしなさいって教わるだろ。


それを実践できない大人が社会には大勢いるってこった。酷い話だよ。


理不尽に耐えること必要はない


僕は昔から理不尽なことが大嫌いなのですよ。
理由もなく従わせるなんてどうかしています。


中学時代になぜかヤンキーに「敬語を使え」なんて言われた経験があります。意味不ですよね。
理不尽極まりないからタメ語で通した記憶があります。(内心ガクブル)
だって同級生なのに敬語なんておかしいやろ。何様や。シンナー吸って脳縮め。



でもその頃から意味の分からない理不尽には従いたくない根性が芽生えた気がします。

大体は相手が気に入らないから理不尽な接し方をしてくるんだと思いますよ。しかしわざわざ相手の感情に付きやってやる義理もない。


その他に、社会での理不尽のパターンの大体は「お金」が絡むからですよね。
「お金を貰っているんだからやって当たり前」根性ね。これはプロ意識とは違うぞ。

プロっていうのは、正当なお金をもらったうえで期待通りの結果を出すことがプロだよ。



理不尽な要求に答える必要はないわけだ。それが上司だろうとお客だろうと。
お金以上の要求は無視。


自分を潰してまで耐えても何も得ることはないですからね。今の時代に我慢強いのは搾取の対象です。マジでやめた方がいい。


それでも理不尽に抵抗できない君たちは欅坂46の「不協和音」でも聴きやがれ。





理不尽とそれを耐える根性が消えない限りブラック企業は存在する


社会の中で理不尽の権化のような存在といえば「ブラック企業」
ブラック企業は当たり前のように理不尽をかましてきます。しかも人の命を脅かすレベルまで。


こいつらがいなくならない限りは「社会は理不尽が当たり前」という常識は覆らないよ。



加えてそれに耐える従業員も同じだよ。

普段なら同情するけど、完全に思考停止して理不尽に耐える従業員は、この社会を生きずらくしている原因の一つだよ。
理不尽には断固として抵抗する意志の強さがないと。


そうじゃないといつまでたっても搾取される側だよ。あなたは死ぬまで自分の人生を生きることができなくなる。

理不尽なんて我慢しても何も得しない。だから早く抵抗した方が良いよ。
このままだとあなたもブラックな日本社会も救われないです。


早く思いやりに溢れた理不尽の無い社会を実現してもらいたいです。


まとめ


理不尽なんて大嫌いだ!!

もうこれは何回でも言いたい。やっぱり筋の通らないことは納得できない性格なので。


理不尽かましてくる人間もそうですが、それに耐える人間も早くいなくなってもらえたらいいですね。

どっちが先にいなくなるかはわかりませんが、歴史的に見ても耐えていた方が先に爆発することが多いので、今は理不尽社会で耐えている人が爆発するのを待つまでですね。

いつになることやら・・・。



早く欅坂46の「世界には愛しかない」みたいな世界にならないかな。





あ、この記事は別に欅坂46の宣伝記事ではないからね!あしからず!!でも欅坂好きだよ!!

弱みを克服する暇があるなら強みを伸ばせよ!

どうもユトピ(@yutopi60pa)ですよ。

未だにビールが飲めません。だけど飲めるようになる気もありません。

これが弱みなのかどうかはわからにけど、無理に弱みなんて伸ばす必要ないよね。
時間の無駄だし、やっても意味ないから。

弱みを伸ばす努力をしても達人レベルにはなれない。


どうしてこの日本社会は弱みを伸ばすことに注力するのでしょうかね。

そりゃなんでもできる方が良いに決まってますが、そんな完璧人間存在しないですよ。

学校でも会社でも弱みやできないことがあると、できるようになるまで努力させられる。そんなことに意味ありますか?

だってできないものはできないんですよ。


例えば僕はスポーツのなかでも球技が大の苦手。サッカー、バスケ、テニス、卓球・・・どれもまともにできないんですよ。

学生時代は苦労しましたよ。僕はどんなにやってもできないので、体育の授業をずる休みしたこともあります。

ホント、致命的なレベルでできないです。テニスなんてラケットにボールが当たった試しがないですw

逆に水泳は得意でしたね。自分の体だけで道具を使ったりもしないのでシンプルでした。一年中プールの授業があればいいのになーなんて思ってましたよ。

苦手なことをやるのってホントに辛いんです。ただただ楽しくない。


例えこの弱みを克服する努力をしたとしても達人レベルになることはないんですよね。せいぜい一般人レベル。

そんなことに意味があると思いますか?

一般人レベルじゃなんの活躍もできないし、強みにもならない。あってないようなものですよ。

こんな無駄なことはありませんよ。

弱みを克服する労力を強みを伸ばすことに使った方が効率的


弱みを克服することがいかに無駄かを先ほど書きましたが、だったら余った労力をどこに活かせばいいのか?


それは簡単な話で、好きなことや得意なこと、つまりは強みを伸ばすことに活かせばいいんですよ。

得意なことを伸ばすために努力すれば成長スピードも他人よりも格段に早いし、なんといっても楽しんですよ。

好きなことや得意なことをすると楽しい気持ちになれる。
僕だって水泳してるときは楽しいです。


これを見てるあなたもそうです。
絵が得意なら絵を描きまくればいいし、走るのが得意なら走りまくればいい。ブログを書くのが好きなら書きまくればいいし、写真が好きなら撮りまくればいい。

そうすればいつかはその積み重ねがあなたの技術を達人レベルにまで高めてくれます。それでお金を稼げたら最高じゃないですか!


僕からしたら弱みなんて放っていいんです。自分がやらなくても誰か得意な人がやれば済むはなしですからね。


弱みを克服している暇があったら強みを伸ばせよ。

弱み克服社会は早く滅ぶべし。


なんといってもこの社会は学校も会社も弱みを克服するように努力をさせます。

それがいかに無駄なことかは先ほど説明しましたよね。
弱みを克服することは意味がないんですよ。


それなのにやたらと弱みを一般人レベルに上げるように努力させるなんてどうかしてます。頭イカれてますよ。

何度もいいますけど、オールマイティな人間なんて存在しないですからね。あっちが得意ならこっちが苦手、それが当たり前ですよ。


「弱みから逃げて甘えるな!」なんていう大人もいると思いますが、こっちから言わせてもらえば、「完璧人間なんて理想いつまで持ってるの?甘ったれんな!」と言ってやりたい。


だからさ、何か弱みがあって悩んでいたり、克服するために無理やりやらされてたりする人がいたらそんなこと辞めちゃってください。

あなたは何も悪くないし、それについて悩む必要もない。

ただ強みを伸ばせばそれでいいんですよ。


弱みは放っておけ、強みを伸ばせ!

まとめ


ホント弱み克服社会どうにかならないかなー。
いい加減適材適所という言葉を学んでもらいたいものです。

強みは誰にだってあります。そこを伸ばして達人レベルにしてこそ人生が楽しめるってもんです。


僕も頑張って変態度を伸ばしていきます!

フレンドリーが苦手。誰もがスグに友達になれるわけじゃないんだよ。

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

僕は人見知りこそしないものの、心の壁は結構厚いほうです。すぐに人と仲良くなるのが苦手なんです。

そういう方って多いと思います。

中でもフレンドリーな人ね。とっっっっっても苦手!

いきなりタメ語だし、めっちゃ目見てくるし、めっちゃ質問してくるし、なんなのよ!


タメ語で話せばフレンドリーになれると勘違いしている


フレンドリーってなぜかタメ語で話してくる人多いよね。
初対面でもウェーイなノリで詰め寄ってくる。


敬語で話せや!!!!!!



いくらフレンドリーでも友達でもなんでもないのだからまずは敬語だよね。
貴様のやり方を押し付けられてもこまるんですよ!距離感考えようよ!

そんな距離感じゃ運転時に車間距離狂って追突してるぞまじで。

タメ語で話せば初対面でも仲良くなれると思ったら大間違いだからな。むしろ反感をかうことだってある諸刃の剣だってことを理解しろ!!


フレンドリーとは波長が合わない


そもそもフレンドリーな人たちとは波長が合わないことが多い。

あいつらって基本ポジティブ思考。僕はネガティブ思考。

そりゃ合わんわ。

ポジティブってテンションが高いやん?ネガティブってテンション低いやん?

そりゃ合わんわ。

彼らのノリにはついていけないんですよねー。
みんな酒と音楽があればウェーイに慣れると勘違いしちゃってる。

それがうざったいって思ってる人もいるんだよ!バカ!


フレンドリーな人たちは良い奴


でもね、フレンドリーな奴らは良い奴なんです。じゃなきゃフレンドリーにはなれんから。
やっぱり世界平和にはフレンドリーは欠かせないわけですよ。LOVE&PEACEなんですよ。





でもどうしてもダメなんだよね。

こっちが頑張って厚い厚い壁を張りめぐらせても、超大型巨人のように単純な力でその壁をぶっ壊してこっちに詰め寄ってくる感じが苦手。

僕としてはもう少しステップを踏んでほしいわけです。
付き合いたてのカップルが手もつながずいきなりS〇Xおっぱじめるのと同じぐらいこっちは心の準備ができていないんです。

そんな理由からわざとフレンドリーたちにテンションを合わせても、無理している自分がバカらしく感じる。
だからわざとツンツンしてフレンドリーな奴らが寄ってこないようにしている。


もっと素直になれればいんだけどね。


フレンドリーたちも仲良くしてくれようとしているのはわかるけど、もうすこし時間をくださいよ!
そうしたらこっちも心を開けるから!

なんでもかんでもすぐに仲良くなれるわけじゃないことを知ってくれ。

まとめ 


とにかくフレンドリーな人に言いたいのは、

・初対面のタメ語ダメ。
・酒と音楽ではウェーイとなれない。
・もうすこし距離感を持って。


ということです。

あ、でもこの記事読んでいる人は僕と同じタイプだろうから、ここでフレンドリーな人に訴えかけても意味ないのか。


アーメン。

就活で心身が壊れる前に頭に入れてほしいこと5つ

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。


どうやら6月から2018年卒の就活がスタートしたみたいですね。
僕の時は3年の12月でしたので、随分とズレこんだなーという印象。

まぁ、それでもやることや労力の量なんかは変わらないから、短い期間にギュッと詰め込まれたということでしょう。

ちなみに今回の有効求人倍率はバブル期越えの1.48倍だそうです。

www.nikkei.com

しかーし!騙されないように!不景気なのは変わらないし、多くの学生が大企業に集まる状況も変わらないからね!




新田さんが言うように、この構図はしばらく動くことはないです。
手をこまねいているのは中小零細です。もちろんその中にはホワイトもあればブラックもあることを忘れないでください。

ということで2018年卒の就活の現状を見たところで、今回は僕が就活で心身ともに疲弊しないように頭に入れてほしいことをまとめました。


就活をしていると気持ち的にも身体的に結構きつくなる時が来ます。その際に就活生に知っておいてもらいたいことを5つ書いていきます。


できれば僕も就活する前に知っておきたかったなーと思いますよ。



自分を過小評価しない。


就活をしていると大体の人が不採用を食らうことがあります。
それが積み重なるとどんどん自信が無くなってくるし、自分を過小評価してしまいます。


しかしそんなことはない。
落選したのはただその企業に合わなかっただけで、あなたそのものが否定されたわけではない。

やたらめったら告白すればみんなが恋人になってくるわけではないように、企業だって受ければ合格するわけではない。

バンバン内定もらう人はただ愛想が良かっただけです。別にあなたより優れていたというわけではないんです。

ただ合わなかっただけなんです。それだけよ。


社会人なんて大したことない。


自分を過小評価すると、同時に社会人誰もが凄い人に感じてしまうことがあります。
つまり過大評価しちゃうわけですね。


しかし残念ながら社会人なんて大したことないですよ。8割は無能です。

間違えた9割かな。


どちらにしても社会人の大半は全然凄くない。もしそんな人だらけなら何故こんなにも不景気なんですかね。

仕事が適当な社会人だってたくさんいるし、いい加減な人が多い。働くのは難しくないんですよ。


だから自分を過小評価する必要もないし、社会人を過大評価する必要もない。

大したことない社会人に面接で落とされたぐらいじゃあなたの魅力は変わりませんよ。


ホワイト企業が本当にホワイトだとは限らない。


ホワイト企業が本当にホワイトなのでしょうか?
残念ながらそんなことはありません。



僕の友人Rくんの話をしましょう。


Rくんは誰もがうらやむ大企業N社に勤めています。従業員数は万単位、売上高もウン兆円超え、高給で福利厚生も充実している誰もが羨む大企業です。

高学歴の学生たちがこぞって受けに来る企業です。


それではRくんは幸せなのかというと、決してそういうわけではない。むしろ辞めたいと常々言っています。

N社はホワイト企業なのでしっかりと残業代が支払われます。ですが残業代をなるべく減らしたいN社は残業規制を導入し、申請が無ければ残業が出来ない仕組みになっています。

もちろん早く帰れるのは素晴らしいですが、仕事量が減ったわけではない。Rくんは家に帰って仕事の続きをしているのです。

もちろんそれだけでは終わらないので、休日も家で仕事をしています。その間の給料は出ません。実質サービス残業ですね。

こんな生活が続くあまり、やりたいこともできずストレスが溜まってしょうがないみたいです。



どうです?
N社は世間的にはホワイト企業です。ですが実態はブラックと変わらない労働を強いられています。

これが果たしてホワイト企業と言えるのでしょうか?ライフワークバランスもクソもないですね。 


これはN社に限ったことではなく、他のホワイト企業と言われている会社でも行われている可能性があります。

いくらホワイトだからと言って本当に真っ白かというとそういうわけではない。


高給なだけに惑わされがちですが、お金を使う時間すらないのなら人生の満足度は低いですよ。
時給換算したら恐ろしいことになりそう。

(他にもDeNAのWelq事件みたいに社会倫理に反することをしてバッシングを受けた”ホワイト”企業もありましたね。)


こういった事実をしっかり頭に入れて会社の見極めをしてください。ホワイトの皮をかぶったブラックに騙されないように。


自分のやりたいことを軽んじない


僕が就活生に強く言いたいことは絶対にやりたいことを仕事にしてくださいということ。


内定が欲しいがために妥協して興味のない仕事をしてもしんどいだけです。
僕はそこで失敗しました。新卒入社した会社を2か月で退職しています。


www.yutopi-60pablog.com


当時は本当に辛かったです。たった2ヶ月ではありますが、1日1日が長く、死にたくなることもありました。

こんなに興味のないことをし続けるのが苦しいとも思いもしませんでした。


就活生の中には自分のやりたいことを軽んじる人もいますが、絶対に最優先事項にすべきです。

僕みたいにこんな辛い思いしてまで遠回りがしたいですか?
自分にウソをつくことは後々ツケが回ってきます。


学生の皆さんは、就活が始まったばかりのこの時期のうちにやりたいことを見つけましょう。
今やらなきゃいけないことはそこですよ。


色々な道があることを忘れるな


最後になりましたが、就職することが絶対的なことではないですよ。
今は世の中が大きく変わってきています。


フリーランスの数も増え、人工知能もどんどん実用化されてきています。同一労働同一賃金が実現されれば、正社員も非正規もアルバイトも同じ仕事内容なら同じ給与をもらうことができます。
ベーシックインカムだって導入されるかもしれません。


今や就職することがただ一つの進路ではなくなりました。

1年後の卒業後を考えるよりは10年後、20年後、さらにその先のことを大局観的に見て自分の進路を決めてください。

もし就職に迷った場合はそういった別の道を考えるようにしてみましょう。もっと広い視野で自分の将来を考えてみてください。


 まとめ


就活をしているとしんどいことは多々あります。結構孤独な闘いなので、辛いくなってきます。

でもそういうときは大体視野が狭くなっているか、疲れているかのどっちか。
視野が狭くなっているなら、今回書いたことを参考にすればいいし、疲れているのなら寝ましょう。

周りは関係ないです。自分の人生なのだから全て自分で決めていきましょう。


(それにしても就活なんて制度は早く無くなってもらいたいですよね。みんな揃って一斉に就職するって気持ち悪い。)