ブログはいつでも手放せるようにしろ!WEB業界で執着心は命とりだぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

最近はSuchmosという日本のバンドにハマっております。流行ったのが去年なので周回遅れ甚だしいですが、良いものは良いのだよ。


僕は本業はWEBデザイナーとして働いています。
WEBデザイナーは流行は取り入れながらサイトのデザインを考えていくのが主なお仕事です。

IT業界で働いていると流行にはかなり敏感にならないといけません。
そしてその流行が、今持っている技術と相反したり、古いものになってしまった場合はすぐに捨て去らないとダメなのです。

例えばひと昔前は覇権を握っていた『FLASH』
今では全く聞かなくなりました。

もともとiPhoneがFLASHに対応していなかったり、FLASHに頼らなくてもアニメーションを実現できる技術が出てきてしまったので、瞬く間に消えていきました。

今ではFLASHアニメーションを作っているのところなんて鷹の爪ぐらいじゃないでしょうか?

このようにIT業界では突然状況が変わって、あっという間に廃れていくことがあります。
それがITの面白いところでもあり、恐いところでもあります。

IT業界で流行に乗り遅れることは非常に危険ということですね。


ブログも一緒。
ブログもIT業界の分野の一つ。流行もあれば、廃れることもあります。

でもせっかく築き上げてきた資産、いくら廃れたからと言って捨て去るのは心苦しい。


じゃどうすればいいの?


捨ててください。



大事な資産なのはブログ自体ではなく自分自身


IT業界で執着心に囚われているとあっという間に腐っていきます。

だから何かしらの革新が起こった場合、ブログそのものが古いものになった場合、即刻捨て去らなければならない。そして新しいものに飛びつくのです。

そうしないとこの業界で生き残ることはできないです。

ここで肝に銘じてほしいことがあります。
資産として大切なのはブログそのものではないのです。


ブログを書いてきたのは誰ですか?
言わなくてもわかる通りあなた自身です。

あなた自身があなた自身の考えて、自分で文章を書いたのです。

ということはブログの源泉となるのはあなたそのものなんですよ。

ブログはあくまで表現方法の一つに過ぎません。
その表現方法の一つが廃れたところで、あなた自身が廃れるわけではないですよね。

だったらブログが無くなっても生き残ることはできるはず。
あなた自身の魅力が変わらなければ新しいところでも生き残るれるんですよ。

もちろん記録としてのブログは大切ですが、そんなの他の場所にバックアップでも取っておけばいいんです。

大事なのはその情報の源である自分自身です。


捨てることができないなら、注力のバランスを変えればいい。


ここまで行ってまだ未練を捨てらなそうだという方。
だったら注力するバランスを変えましょう。

今まではブログに100%の力を注いでいたなら、そこを最初は60%、50%みたいに徐々に抑えていけばいいんです。
余った労力は新しいものに注いでいきましょう。


新しいものが出たからって、一気にスッパリと捨て去るのが一番というわけではありません。
徐々に切り替えていけば、未練も吹っ切れながら挑戦することができます。


こうすれば、なんだかんだでうまいことバランスが取れてきますよ。

一番ダメなのが何もしないこと。少し遅れてもいいから新しいことに挑戦しないIT業界では生き残れないのです。

ブログが廃れる前に自分の魅力を上げておこう


先ほどもいいましたが、一番大事なのはブログ自体ではなく、源泉である自分なのです。

この源泉の魅力を上げることが今大事なことです。
その人に魅力があれば、ブログだろうと、SNSだろうと、Youtuberだろうと、リアルだろうと周りの人間を引き付けることができるのですよ。

ブログも大事ですが、まずは自分自身の魅力を上げていくことに注力していきましょう。

まとめ

めっちゃ説教くさくなってしまったけど、僕も女々しい方なので、すぐにブログを捨てろといわれても戸惑ってしまいそう・・・。

でも一応WEB業界で数年働いていますので、いつなんどきでも捨てる覚悟はあります。

恐いですよねーIT業界って。明日なにが起こるかなんてわからないですから。
聞いたこともないようなものがいきなり流行りだしたり、安泰だと思っていたものがあっさり崩れ去ったり。
油断はできないですね。


僕も自分の魅力あげていかないとなー_(:3」∠)_

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*