電話対応が嫌で会社を辞めたけど、直すつもりはないので、これからも電話にでんわ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。


僕は電話が大嫌いです。

これは昔からなんですよ。LINEが普及したからとかそんなんではなく、顔が見えない相手と話すのは耐えられないのですわ。


例え友達だろうと親だろうと電話は基本無視します。(可愛い女の子は別)

それに電話が鳴ることによって見事に集中力が切られる

人の時間を無理矢理奪うなよ。


そんな感じで大人になってしまいました僕は、新卒で入った会社を電話対応が嫌で辞めました。



電話対応が嫌すぎて2か月で退職

僕は新卒でバス会社の総合職に入社しました。

本社勤務でしたが、とにかく新人は電話を取れな風習。

もうそれがどうにも耐えられなかったですね。5分に一度ぐらいバンバンかかってくる電話。

新人ながらも仕事はあったので、そのたびに仕事が中断されるのはたまったものじゃなかった。


しかも新人が出ないといけないので、誰かが代わりに取ってくれるということもないわけですし。

お客のクレームまでこっちに来るとか意味わからんよ。クレーム係いるのに。無駄過ぎ。

もともと電話が極度に嫌いな僕からしたらあっという間に精神持っていかれました。

1か月もすれば体が動かなくなりましたね。

退職の理由として人事には『電話対応が嫌だった』と言いましたよ。本気で辛かった。


顔も見えない相手と話すストレス、そのたびに作業が中断するストレス、これは他の人には理解しがたいと思います。


でも会社を辞めるほど嫌だったんですよ。

ちなみに今でも電話対応は苦手だし、嫌いです。ですが直そうとも思っていません。

最近は電話してくる方が無駄なんだと思い始めました。



電話嫌いの声が大きくなってきた。

最近までは自分が特殊なんだろうと思っていました。

どうやらそうではないらしいと感じて安心。



[blogcard url=”http://style.nikkei.com/article/DGXZZO17499910Z00C17A6000000?channel=DF180320167076″]

[blogcard url=”http://www.ikedahayato.com/20170619/71045531.html”]

もはや名前がパワーワードなイケハヤさんや堀江貴文さんも電話嫌いを公言。

僕とは理由は多少違えど、電話のデメリットを語ってくれています。

たぶんね、本気で打ち込める仕事を見つければ、みんな「電話はクソだ」と理解するんですよ

ビジネスシーンにおいて電話が残っているのは、大半の日本人が適当に働いているから。

あんなもの、ちょっと優秀なら不要なツールだと確信できますよ。


本当に電話はクソ。

緊急性が無い限り電話はするものではない。

会社にかかってくる電話も緊急性のあるものなんてめったにかかってこないよ。作業効率考えたら電話に出ないか、電話担当を置いとけば良いと思います。


それに気付けている企業はどの程度いるのかなー。そもそも昭和のおじさんたちは未だに電話至上主義で、それに疑問も抱かないからなー。

ここはしつこく電話に出ないことで抵抗するしかないのかも。そもそも電話ばかりしてくる人間とは付き合わない方がいいし。


電話に出ないのが異端なのではなく、電話をしてくるのが異端な世の中になればいいなぁ。



まとめ

「めんどくさいから電話した」って言う人ってたまにいるよね。どういう神経しているのか。

「めんどくさいのはこっちじゃ!」って言ってやりたい。基本的にそう言ってきた人からの電話は今後一切でないに限りますね。

たった一回の罪が重いからな!



もうスマホに電話機能いらないんじゃね??

それはダメか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*