定時帰宅の新入社員を否定するキャリアコンサルタントの記事がツッコミどころ満載な件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おいおいイマドキこんな記事書くなんて炎上狙いなのか?

[blogcard url=”http://diamond.jp/articles/-/98421″]

要するに新入社員が定時で帰るのは、会社への帰属意識が足りないから。だから会社は新入社員にとっての「居場所」作りをしていこうみたいな内容。

いや言ってることはわかるけど、あまりに古臭くない?昭和90年なの?
そもそもなんで会社を「居場所」にしなければならないのかわからない。そこまでして残業させたいの?


まじで何考えてるの?

「定時だから帰る」が学生感覚という謎理論

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s

この記事を書いたキャリアコンサルタントに櫻井樹吏氏は冒頭で、定時に退社する新入社員についてこういっています。

決められた時間の中で、業務をこなす。こういったアルバイト感覚、学生感覚が抜けきっていないうちは、組織に所属しているという意識が根付くまでに時間がかかります。新入社員が「定時だから帰る」という行動は、まさにその意識の延長線上にあります。


え?何がいけないの?
自分の仕事が終わったら帰る。当たり前のことじゃんw

なぜそれが学生感覚になるわけ?これが学生なら社会人より優秀ですわ。
だって無能な上司や先輩を差し置いて、無駄な残業なんかせずに時間通りに仕事をこなせるんですからね。

超優秀じゃん。この人何言ってるの?
まさか「新入社員ごときが上の人間より先に帰るとか生意気」なんて思っちゃってるの?マジ昭和すぎるでしょ!


他にもこんなことを書いています。

また、入社したての場合には、組織に対して遠慮がちな部分があります。「何かやることはありますか?」「それ、お手伝いさせてもらえませんか?」という一言が言い出しにくい新入社員もいるでしょう。そんな葛藤から逃避しようと、定時で帰るケースも考えられます。この場合には、所属意識よりも社会人としての意識が低いと言えなくもありませんが。


そもそもそんなことで悩む必要ないでしょ。
自分の仕事が終わったらさくっと帰る!それが一番なんですが。なんでわからないの?社会人として立派ですよ!

本人の所属欲求の強さから行動は変わってきます。

所属欲求とかいうものがあるのなら、その会社が好きということですよね?
そうしたら無駄をなくすためにも残業せずに帰るのが会社のためになると思うんだけどなー。


僕は昔から自分の仕事が終わったらすぐに帰ってますよ?
やることないのに残るなんて無駄。



え?やることないなら手伝えって?

業務時間内ならまだしも、定時までに終わらすことができない人の仕事なぜ手伝う必要あるんですか?
自分の仕事ぐらい自分でしてね。新入社員じゃあるまいし。

会社に「居場所」を作る必要なんて無い

4026da04ec93822872125b66ba511790_s

筆者によれば、会社を定時で上がる理由に会社が「アウェイ」になっていると書いています。

極端な話、帰宅後のインターネット上の集まりこそが自分のホームだと考えていれば、会社の労働時間はアウェイに相当します。当然、定時になれば本来のホームに帰ろうとする欲求が生まれます。いつまでも会社の中に残ることを良しとしません。


そもそも会社をホームにする意味は?残業がしやすくなるとか?
いらないいらない、本気でいらない。

ホームは会社ではない。自分の時間を自分のために確保できる場所がホームだからね。
会社に死ぬまでいるつもりなの?会社はそのうち退職しますよね。そしたら居場所なくりますけど?

それに在宅勤務の場合どうするの?フリーランスは?
働き方は多様化しているのに、この人はキャリアコンサルタントのくせにいつまでも古臭い理論を展開してますね。
もっと周りを見たほうがいいんじゃない?

会社が「居場所」になると「社畜」になる

OOK3S0420140125180412-thumb-1000xauto-18264-820x547

この筆者、ノー残業デーなのに残る上司などのいわゆる「社畜」に対してマイナスイメージを持たれることは知っているようですが、その根本原因がこれまた「居場所」に対する思いだとか言っています。

新人は「所属意識」に縛られすぎる環境を恐れている傾向があります。例えば、「ノー残業デー」という取り組みをしている会社にもかかわらず、帰らない上司。形式上だけタイムカードなどを定時に打ち、日々深夜まで仕事をしている。強制的に一定の時間になると、社内ネットワークが切られるという状況でもパソコンを持ち帰り、家で作業する上司。そういった上司の姿は自分の将来の姿として映り、明るい未来を感じられないのです。

 もちろん繁忙期はどの業界にも存在しますが、常にそういう状況であることを目の当たりにして意欲が高まる若者ばかりではないのです。インターネットでは、特に「社畜」という言葉は忌み嫌われる言葉として語られ、投稿サイトや口コミサイトでも多用され、実際に大学でも就職支援でもマイナスのイメージで語られています。

 こうしたマイナスの感情を会社に持つのはなぜか。その根本原因を探ると、「居場所」に対する思いも関係していることがわかります。

いやいや会社に居場所があれば、ノー残業でも残業する上司やタイムカードを打刻した後に仕事をすることに対してプラスなイメージ持つの?



「俺はこの会社の一員だから無給でも仕事頑張っちゃうぞ♪」



バカかよ。
例え会社が居場所でもサビ残なんて御免だからな。居場所と給料は別の話。当たり前なんですが。
それに以前トヨペットがタイムカード打刻後に残業させて書類送検されたニュースがあったばかりなんですけど。

[blogcard url=”https://news.careerconnection.jp/?p=24070″]

このキャリアコンサルタントのいうことは法的にも世の中的にも”犯罪”なんですよ。

家庭がアウェイ・・・。会社なんかよりそっちのがヤバイ件

OZP86_kuso-yarareta_TP_V

記事の中では家に居場所がなくて、会社に居場所を求める中堅社員の例を挙げています。

逆に多くの時間を残業に費やしている中堅以上の社員は、所属意識だけでなく「居場所」を会社に求めている場合があります。ただ単に家に帰りたくない場合や、家庭の中で居場所がない場合。少し早く仕事が終わっても、まっすぐに帰らずに周りを食事や飲み会に誘う上司。これらは定時に帰るトンデモ新入社員とは、正反対だと言えます。

つまり会社がホームとなっており、家や家庭がアウェイという状況なのです。

家庭がアウェイとかやばすぎでしょ・・・。会社がアウェイよりも非常にやばいでしょ。
会社に居場所をつくるよりも先にやることあるだろw

家がアウェイなんて尋常じゃないよ。
家や家庭はホームであるべき。そうじゃなきゃ孤独な人生を送ることになりますよ。

会社に居場所を求めている場合じゃない。

無駄な貢献意識

むだ

そして最後の方ではこんなことを言っています。

しかし、新入社員の場合は、今後の働き方によってその意識も変化する可能性があります。

チームで仕事をする、実際に会社のサービスが役に立っている場面に遭遇する、いずれ後輩や部下ができる。仕事の中にあるイベントが所属意識を変えるかもしれません。
思い起こせば私自身も新入社員の頃は、自分のことだけを考えて働いていた記憶があります。ですが、周囲やもっと大きな貢献に繋がる仕事を続けていくことで、意識を高めていくことも新入社員の大切な仕事なのではないでしょうか。


んー、なんでこの人こんなに突っ込みたくなることばかり書くのかなー。
仕事を通して周りの人間や社会に貢献していくのは素晴らしいことですよ。業務時間内で思う存分やってください。

でもそれと最初に言っていた「定時に帰る新入社員がけしからん」的な話は繋がらない。



「貢献できるから無駄に残業しますよ!」


そんな無駄な貢献いらねーよ。
自分の仕事終わったらさっさと帰りなさいよ。

自分の仕事が終わってない他の社員や上司のことなんかほっといて早く自分のホームに帰えれよ。


他にも会社と家の両方を居場所にすればOK的なことも書いています。

では、どのように意識づけをすれば、新入社員の帰属意識は高まっていくのでしょうか。どこか1ヵ所だけが「居場所」なのではなく、会社「も」居場所と思えるような仕事を与えていくことが必要です。そうした家庭のなかで、残業が必要になる場合は、残業を良い悪いではなく、何のために残業が必要なのかを新入社員に考えさせる。そうしたコミュニケーションを丁寧にとっていくことがまずは重要ではないでしょうか。


残業は徹底的に悪だから。無駄の極み。それに良いものなんてない。
先ほども言いましたが居場所は自分の時間を自分のために使えるところです。

それは会社じゃない。
会社はお金を稼ぐ場所であって、自分のために時間を使っていない。会社は自分の居場所にしてはいけないところなんだよ。
そんなことしてたら一生社畜ですよ。居場所というなの牢獄ですからね。

まとめ

本当にびっくりするぐらい突っ込みどころが多い記事でしたw

これがキャリアコンサルタントなんて終わってますね。全然未来的な思考が無いし、本気で新入社員のことなんて考えていない。

この櫻井樹吏氏は著書の中に「ゆとり世代のトンデモ行動学」なんて言う本を書いているようです。

ゆとりドンピシャの僕としては逆に興味持ちましたよw
一体どういう内容なのか気になりますので、ちょっと買ってみようと思います。
そのうち紹介記事でも書いてみようかな。

一応この櫻井樹吏氏のプロフィールを見つけたので貼っときますね。

櫻井樹吏 - office桜一輪
なにが「ゆとり世代・さとり世代のエキスパート!!」だよ。社畜にするエキスパートだろ。



とりあえず定時で帰ってよいのか迷っている新入社員の諸君、胸を張って定時に帰りましょう!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*