日本好き外国人に見る「好きなことを仕事にする」ということ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よくみる日本大好き外国人の番組。
彼らの情熱は本当にすごいですよ。

先日僕が見ていた番組出ていた外国人の方が人生の生き方において非常に参考になりそうだったのでメモ。

日本のパソコンゲームが好きなフランス人

72561fa4d5740aa4e44056a3e8c3b525_s

この番組では日本の様々な文化に惚れ込んでいる外国人を紹介。
その中で気になったのが日本のPCゲームに惚れ込んでいるフランス人の方。(名前が思い出せない・・・)

その方、その辺のオタクなんかとはレベルが違うコレクターぶり。
フランスに住んでいたころの貯金数百万円を全てつぎ込んで、日本のレトロなPCゲームを何千タイトルと集めているそうです。その集めたゲームをまるで博物館のごとく貯蔵庫にQRコードで管理、除湿器や扇風機で室内の温度湿度を24時間体制で管理している徹底ぶり。

これは本当に個人でやっているのかと疑うレベルでしたね。
ここまで好きなものにつぎ込める情熱がすごい。

そして彼の驚くべきところは好きなことで仕事もしている点。
自分で協会を作ってしまったり、コラムを寄稿したり、海外でも取材を受けながら活動したりと多岐にわたる活躍っぶり。

これってまさに好きなこと突き詰めていったらそれが仕事になっていたパターンですよ。

イチロー選手も好きな野球をただやり続けたからあそこまでの選手になれた。

すごいですよねー。
ここまで好きなものにのめりこめたらその道の第一人者になって仕事ができちゃうんですよ。

皆さんあります?ここまで好きなもの。

好きなことを仕事にした人

8945308eba9b139c9d64b96d3ed30784_s


先日、堀江貴文氏の著書99%の会社はいらないの中でも書いていたのですが、今の日本人は好きなことではないことを仕事にしているから苦しく辛いみたいなことを言っていました。

それを脱するには好きなことをやれと。そうすれば楽しく仕事ができると展開していました。
堀江氏も好きなことを仕事にしているので、毎日忙しくても苦にはならないそうです。

ここで言っていることと、PCゲーム好きなフランス人はまさにそれを表してますね。
やっぱり好きなことを突き詰めていくのは楽しいことだし、それをやり続ければいつかはその道の第一人者になれちゃうんですよね。

あー、本当にうらやましい。
実は僕も特撮オタです。仮面ライダーやウルトラマン、戦隊、ゴジラなどなどが本当に大好きです。グッズも買いあさってますw
でもその道の第一人者かと言われたらまだまだ足りないんです。至らない知識がまだまだあります。

特撮も極めて言ったらきっと「特撮専門家」なんて肩書がつくかもしれないですよね。

あのエヴェンゲリオンや最近ではシン・ゴジラを監督した庵野秀明氏は自他ともに認める特撮オタク。
エヴァには特撮要素満載ですし、シン・ゴジラはいわずもがなですね。
数年前は庵野氏自身が館長を務めた「特撮博物館」なんてものも開催してました。


すごいですよね。本当に好きなんだなと感じます。
僕なんて足元にも及ばねぇ・・・。

好きなことを作ることが幸せな人生のスタートライン

f92c5b851e57fff65038ca2bd3fda7f7_s


いまつまらない人生を送っている人、そこからなんとか脱出したいと考えている人。

まずは本気でのめりこめるような好きなものを作りましょう。
なんでもいいんです。できればニッチなものの方がなお良し。

社畜みたいに毎日しんだように仕事して生きていくなんてもったいない。
自分の人生なのだから自分のために生きましょう。

それに対してまだまだ世間の目は厳しいかもしれません。でも他人に合わせてもいいことなんてないですよ。

好きなものを見つけることができたら、ここは勇気をだしてそのことに人生をかけてみましょう。

そしたらいつのまにかそれが仕事になっているかもしれませんよ。



僕も頑張ろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*