履歴書を『紙・手書き・郵送』で要求する企業はこっちから足切りだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと就活時代の履歴書を”手書き”で書いていたことを思い出しました。

コンビニなどで履歴書を買って、証明写真を貼りつけて、自分が辿ってきた経歴を手書きで書いていく。
はー無駄無駄。

自慢じゃないですが、僕は文字がド下手です。なので文字の丁寧さで勝負されたら勝てる自信ありません。
それによく誤字脱字もしますから、履歴書の紙を何枚無駄にしたかわかりません。無くなったらまた購入しないといけないし。


なんか思い出すとだんだん腹が立ってきました。
負け惜しみみたいに聞こえるかもしれないけど、本気で無駄なんですよ。

これは散々論争されてきたことだと思いますが、履歴書を手書きで要求するような時代遅れ企業はこっちから足切りしようぜ。

履歴書は熱意を見るものではない。

netsui

そもそもなぜ履歴書に手書きを要求するの?
ググるとこんなことが書いてありました。

  • 丁寧に書くべき大切な書類で、字を丁寧に書いているか
  • 重要な書類で誤字脱字をしないか、適切に修正しているか
  • 「一般的に履歴書は手書きで書くべき」という情報を収集し、実行できているか
  • 相手にあわせて対応する社会性があるか
  • 企業に対する熱意・志望度

出典:履歴書を手書きするかどうかの判断方法【新卒・中途別】


あー古くせえ
ほこりが舞っていますよ。



「重要な書類で丁寧に字を書けるか」をみる?

今どき署名で名前と住所書くぐらいでしたか仕事で文字書かないでしょ。
パソコン作成で十分でしょうが。データだって残るし。

こういう手書きを要求するようなアホな会社って、仕事でも非効率なことばかりやっているはずですよ。



それに最後の精神論。
文字の丁寧さから熱意とか感じ取れると本気で思ってるのか?


そもそも履歴書の目的ってなんでしょうか?


応募者の経歴などの情報を確認するのが目的でしょ。

それ以外のなにものでもない。
履歴書は熱意を示すための書類じゃないんだよ。

本来の目的からめちゃくちゃずれてます。
そんなこともわからないの今のおっさん世代って。

書道の課題でも出せばいいんじゃない?

247d1e23fa38b0a040420be4d28b3e6a_s

もし文字などの丁寧さとかで熱意が見たいなら書道の課題でも用意したらどうですか?
きっと楽しいことになりますよ!夢とか希望とか書かせましょうぜw
そしてら文字から熱意が伝わるかもしれませんねw


ちなみに手書きでもらって嬉しいのはラブレターぐらいですね。ラブレターがWordで作成されてたら萎えますよねw

紙の無駄でもある。履歴書はデータで十分。

4e1e7dcc1ec47e4b980175918f01579e_s

手書きの書類って管理も大変。
応募者が多く来る企業なら毎年履歴書が山積みになってしまいますよね。


だったら最初からデータにしろよという話です。
そもそも履歴書なんて紙である必要もないでしょ。

邪魔すぎる。紙の無駄。環境破壊ですわ。

書類はすべてデータ化するべき。
管理も楽で、劣化もしない。こんなに効率的なことないよ。

書類の郵送も無駄

601cae5db1edecf609b5f8d80a56bb0c_s

書類を郵送で遅らせる企業もいらない。


なぜ到着に2日、3日もかかる手段を使わないといけないの?
切手代や封筒代だってかかるし。

メールなら数秒ですよ?
時代遅れ企業のみなさん知ってますか?メールっていう便利なコミュニケーション手段があるんですよ?
ぜひ使いましょう!!!

かび臭い精神論

94736738d4d75e15d0ecf129346eceec_s

くそみたいだわ。

書道家レベルなら文字から相手のことを読み取ることができるのかもしてませんが、一般の人間が判断できるわけありません。

昔、手書きから人柄を判断できるという人に話を聞きましたが、いまいちピンとくるようなことは聞けませんでしたね。
やっぱり文字を丁寧に書くことが熱意につながると信じているみたい。

そんなとこに熱意を注がせるなら、ほかにアピールさせる場を用意したらどうなの?

人間はそんな簡単じゃないんだよ。
たかが履歴書の文字で判断する浅い人間なんかこっちからお断りだ。

まとめ


そんなこんなでやっぱり履歴書の手書きはくそですね。

就職活動をしている人の皆さんは企業の募集要項に「手書き」「郵送」の文字が書いてあったら足切りしてしましょう。

その会社は応募者だけじゃなく、社員にも無駄なことを要求してくる時代遅れ企業です。下手したらブラックな職場の可能性もあります。


若いときの時間を無駄なことに費やす必要は無いです。
時代遅れな習慣に従わず、常に変化を求めるような意識をもって、今後の社会人としての生活に活かしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*