準備ばっかりしてないでさっさと行動。失敗して恥かいてやっと上達するんだよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やぁ。結構忘れ物をしやすいユトピ(@yutopi60pa)だよ


皆さんはやりたいことがありますか?

僕はあります。

もっとたくさんWEBデザインやりたいし、ブログも書きたい、フィギュアの撮影もしまくりたし、独立もしたい。
挙げたらきりがないですが、やりたいことって皆さんも数多くあると思います。

でも大体の人はくすぶっています。

なぜか?

それは”準備ができていないから”。


こんな理由でみんな何もせずくすぶっていますよね。

でもその準備整うことってあります?

行動のための準備は一生整わない。

皆さんはなにか目標を作ったときに、


「まずは実績を作ってから」「技術をつけてから」「貯金をしてから」


などなど考えてませんか?

おそらくその準備って整うことないですよ

または突然の状況変化で路線変更せざるを得ないことも起きるかもせれませんよ。

家族に不幸があって精神的に落ち込む、介護のために出費が増えてしまう、自分の時間を思うようにとることができない、大病を患ってしまうなどなど、キリがないですね。

結局行動するための準備は一生整うことはありません。

準備ばっかりしていたらあっという間に歳をとり、チャンスを逃し、状況が変わって諦めることになるかもしれませんよ。
変な話、いつ死ぬかわからないんです。

恥をかいて失敗しまくれ

ちょっとここで説得力を増すために吉田兼好大先生の言葉をかりましょう。

これから芸を身につけようとする人が、「下手くそなうちは、人に見られたら恥だ。人知れず猛特訓して上達してから芸を披露するのが格好良い」などと、よく勘違いしがちだ。こんな事を言う人が芸を身につけた例しは何一つとしてない。

「徒然草」第百五十段

かの有名な「徒然草」に書いてある言葉です。
下手なうちは人に見せないで、上手くなってから芸を披露したいという人に、成功した人は誰一人いないということ。

正にその通り。
下手なうちから失敗を繰り返した方が学びが多く、上達スピードも格段に違います。
挑戦もせず失敗もせずいる人が上達しないのがはあたりまえですよ。

こういった吉田兼好大先生の言葉からでもわかる通り準備が整うことはありません。
もし本気で成功したいなら下手なうちからやっていきましょうよ。

僕の場合は正直文章力もへたくそですし、WEBデザインだって胸張って自慢できるほど技術があるわけではないんです。

でもこうやってブログやっていますし、WEBデザインでなんとか仕事しています。
世に出しているということはプロの現場で戦っているんです。

これがコソコソうまくなるまでひっそりやっていたらまだくすぶっていたでしょうね。はじめの一歩も踏み出せていなかったです。

今はなんとかこうやって行動しています。
下手くそですが、WEBデザインなんか始めた当初のものと比べると見違えるほど上達しているのがわかります。

文章はこれから上達途中といったところでしょうか。

まとめ


まさにやりたいことがあるのにくすぶっているあなた、準備が整うのを待っているあなた。

今すぐ手を動かしてください。
おそらく最初は失敗するでしょう。

でもそこで折れずに失敗に慣れていけばいつか成功を掴めます。

世の中動いた人が勝つんです。

これだけは真実なんで、本気で動いていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*