就活面接で答えを暗記している学生は9割落ちる理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも。ユトピ(@yutopi60pa)です。

もうすぐ暖かくなると黒タイツが見れなくなるので寂しい今日此の頃です。

今年も就活解禁したらしいね。基本的にそんなの意味が無いってのは知ってると思うけど。

僕もこの機会に自分の就活で意識していた面接を通りやすくするコツを書いておこうと思うよ。

ちなみに僕はこのやり方でよっぽどおかしな質問をしてくる企業以外は面接無双してました。

特に一次二次あたりはすんなり通ってましたね。

話すことを覚えるな

まずはじめに言いたいのは、面接で話すことをセリフ調で覚えるなということ。

「私が御社を志望した動機は〜です。」みたいなテンプレは本当にやめた方がいい。

事前に質問を予測して答える練習をしている人に多い傾向。

僕も実際に待合室で口パクパクさせながら練習してる人を何回か見ました。頭の中でシュミレーションしてるんですね。

この練習方法には大きなの欠点があります。

それは最初の一言が詰まるとなにも話せなくなること。

緊張して頭真っ白になるとなにが言いたかったかも忘れてしまい、そのままコミュ障認定でお祈りですよ。

聞いてる面接官としても質問に対して、ロボットみたいなテンプレ返答されても印象に残らない。

あと応用も効かないし。

セリフ調のテンプレ回答は相当危険なので絶対にやめてください。デメリットしかないです。

面接は会話

それではどうしたらいいのか?

まず意識してほしいのは面接は会話だという事

人間同士の会話なんだよね。

友達や親、先生と話すのと同じ。

普段の会話で相手からセリフ調な返しを受けたらどう思います?

気持ち悪いですよね。

つまりはそういうこと。面接官も気持ち悪いと思ってます。

だからセリフ調での面接練習は絶対やらないでください。

答え方はポイントだけ頭に入れる。あとはアドリブでOK

それじゃどうやって面接の質問に備えればいいのか?

答えは簡単で、伝えたいことのポイントだけ覚えてればいい。

志望動機なら御社のココが気に入ったから!とそれだけ覚えればいい。

あとはその場で言葉を紡ぎながら話せばいい。

質問されてもポイントは頭に短くインプットされていますので、すぐに答えることができます。

セリフ調みたいに最初の言葉が出てこないともうお終いなんてことがないですよね。

これが面接における最大のコツです。

なんも難しいことない。思ってることをそのままいえばそれでおけ。

ポイントだけ頭に入っていれば応用も利くし、不自然な返答にもなりません。

何度もいいますけど面接は会話です。

演技のオーディションじゃないんですよ。

過度に準備したくなる気持ちもわかりますが、方向性が間違った準備の仕方はしないようにしましょう。

まとめ

ぶっちゃけると今回はそんな大したこと言ってないですw

当たり前のこと書いただけなんですが、なぜか面接になるとそれが出来なくなる人が多いんです。

最初のうちは上手く喋れなくても二、三回やればすぐに慣れます。

とにかく動いていきましょう。

では、就活生の皆さん、社畜にだけはならないよう頑張ってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*