いまだに号外新聞!?紙媒体は情弱の情報収集手段になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連日オリンピックが盛り上がっていますねー。
今回の日本勢は本当に大躍進みたいです。

特にこの記事を書いている今日は、朝からテニスの錦織圭選手が96年ぶりにメダルを獲得したそうで大騒ぎでした。

そんなニュースを見ている最中、街中のようすみたいなのが映し出されてたんですが、そこにびっくりするものが映っていました。

新聞の号外。



いわゆる瓦版ですかね。
朝刊と夕刊しか出さない新聞社が速報性の高いニュースを報じるために街中で無料で配っているあれです。


よく「号外だよー!号外だよー!みたいなのをドラマで見たことあります。

そんな号外についてですが、これって必要あります?

ネットニュースで十分。

gorimobile20160729561616_TP_V

こんなの説明するまでもないですが、今はネットニュースの方が新聞よりもリアルタイムで報じられて瞬時に情報を入手することができます。
それに今はスマホを開けばすぐに最新のニュースが表示されます。

もはや当たり前すぎて説明するのも面倒です。

世の中ニュースを得る手段は格段に進化したのになぜいまだに号外なんて出してるんでしょうか?

号外の理由は新聞社の宣伝

MS251_enshinbun_TP_V

こういう時代になっても号外を出している一番の理由は「新聞社の宣伝」だそうです。

ほぇー。随分アナログな方法をまだ使ってるんですねー。

どれほどの宣伝効果があるのかは謎ですが、これってのちのち確実に無くなっていく気がするんですよ。

号外をもらう人がいなくなる。

586e5e217ca01dd0c260d3bedcee7205_s

ニュースを見る限り号外新聞をもらってるのは50代、少なくとも40代以上のように見えました。
こういう世代の人たちはまだ働き盛りなのでオフィス街などで配ればある程度もらってくれるでしょう。まだ紙媒体に対して信頼を置いていますから。

でもネットネイティブな世代が溢れたら常日頃からスマホを片手に情報収集しています。スポーツのような気になるニュースなら常にチェックしているはず。

そんな人たちがわざわざ号外なんてもらうんでしょうか?
コレクターでもない限り邪魔になりますし、ゴミでになります。

いくら宣伝のために配っているからってもらってくれなきゃ意味がない。
チラシ配りばりにスルーされまくるのがオチ。

こんな状況ならもはや号外新聞に意味はありません。

紙の新聞は情弱相手の商売になる。

e75909d6216b8d867c4f6a1b24be6fc9_s

まだスマホやネットに抵抗がある人間っていますよね。特に上の世代は多い。
だから紙媒体もある程度は需要があります。

でものちのち紙の新聞は情弱相手の商売になっていきます。
だってネットの方が圧倒的に早くニュースを手に入れることができるんですから。

それを固執して利用しない人は情弱街道まっしぐら。

情弱乙で老害乙な人たちは残念ながらどんどん時代に取り残されていきます。
変化に対応できない人間はそうなる運命なんですね。

そのうち新聞もなくなったら情弱の人たちはどうするんでしょうね。

まとめ


文化としての号外はある意味残してもいいのかなと思いますが、情報伝達手段としての重要度はもうそこまで高くはないんですよね。

また号外を出している理由について「新聞社の社会的責任とプライド」みたいなものを見ましたが、これが本当なら無駄なことしてますね。
新聞の社会的責任って偏向報道をすることなんですかね?


いずれにしてもこういったアナログな情報媒体って確実に減少の一途をたどってる。
本にしてもアマゾンの読み放題プランの登場によって電子書籍への心理的ハードルがより一層下がってきた気がします。

もしかしたら世の中から「号外」が姿を消すのもそう遠くはないのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*