ギリギル癖のある奴は、いい加減に未来の自分を信用するのはやめろ!今やるんだ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもユトピ(@yutopi60pa)です。

僕って結構ギリギリ癖があるんです。
どうにも目の前の欲望に負けてしまうことが多いんです。

特に眠気には勝てませんね。



僕「1時間寝た後にやることやろう・・・。」



~1時間後~


僕「明日やろう・・・。今日はもうお布団だ・・・。」



こんなのを数日続けてギリギリになってしまうことがありました。

皆さんも経験あるんじゃないでしょうか。


これのダメなところって欲望に弱いところ以上に、未来の自分を信用し過ぎているところだと思うんですよ。

未来の自分にまかせることで、上手いことその場の欲望に逃げることを肯定しちゃってるんですよね。


この癖はマジで辞めたほうがいい。
未来の自分を信用しない方がいいよ。


今やらなければ、未来もやらない。


最近つくづく思います。
結局のところ今やらないならば、その先もやらないんですよ。


だって数時間後や数日後にやる気が出る根拠はどこにあるの?やる気が出るようなことをしているわけでもないのにやれるわけないよね。

しかも先延ばしにすることで事態はますます面倒な状況になりますよ。
仕事が溜まりまくって、急いで片づけた結果雑なものになってしまったらどうしようもないですよね。

もっとゆとりをもって丁寧にやれたらよかったんです。これは先延ばしにした結果です。


僕みたいにギリギリ癖のある人は、いつまで経っても根は怠惰なんですよ。だから未来の自分も怠惰なのです。
これはそうそう揺るがないですよ。

だからもう未来の自分にぶん投げるのはやめましょう。未来のあなたも信用なりません。

未来の自分もどうせなんやかんや言い訳を見つけて、そのまた未来の自分にまかせてしまうんです。もはや無限ループ。



それならば一体どうすれば良いのか?

答えは簡単!


今やれ!!!




すっごく明快ですね!!



めんどくさいを感じる前に体を動かす!


と、ずいぶん乱暴に「今やれ!」とぶん投げたわけですが、ここからは今やるための僕なりのコツを紹介。

何かしなければないらないことに直面した場合、大体はすぐに「めんどくせぇ・・・」の声が聞こえてくると思います。
かくいう僕もそうなので。


なので、この「めんどくせぇ」が頭の中に鳴り響く前に体を動かしちゃいましょう。


おそらく0.000001秒ぐらいの世界ですが、頭の中に無意識に「めんどくさい」が思い浮かぶ前にやり始めてしまえばいいんです。


結局のところ、人間は始めるまでのハードルが高いのです。ですが逆に言えば一度始めればそのまま集中して作業を続けられます。

ここを利用して、始めるまでのハードルを強引に下げてしまい、脳が嫌がる前に体を動かしてしまうのです。


最初のうちは上手くいかないかもしれませんが、習慣化すると作業スピードがめちゃくちゃ速くなります。
加えてフットワークも軽くなるし、決断も早くなる。
人生が高速化しちゃうわけですね。


問答無用に体を動かせば、「めんどくさい」なんて言葉浮かばなくなるはず。
これでギリギリ癖も未来の自分を信用することもなくなりますね。


まとめ


なんだか解決策が強引なような気がしちゃう人もいそうですが、要は体で覚えろってことですよ。

やるべきことが来たら体が先に自然と動き出すサイクルを作っちゃえばいいんです。

未来の自分なんてあてにならないので、今の自分を信用できるようになりましょう。
そうすれば仕事や作業もゆとりをもってやることができます。



そんなこの記事も「今やれ!」の実践で書いてみました。30分ぐらいで書き終わってくそワロタ。


ということで、皆さんも僕と一緒に信じられる今の自分を作っていきましょーぜ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*