どんなにブログのデザインやSEOが優れていても『熱量』に勝るものはない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おっぱい大好きユトピ(@yutopi60pa)です。

おっぱい不足でたまらんのです。誰か僕に清きおっぱいをお願いします。

皆さんは好きなものとかあります?

おそらくあるでしょうね。

僕はおっぱいが好きです。

じゃなくて、特撮やアメコミが好きです。

好きが興じてフィギュアのレビューブログを4年ほど運営しています。

これはぶっちゃけ赤字だし、記事を書くのもものすごーーーく時間がかかります。

金稼ぎ目的な人は絶対続かないでしょうね。

めちゃくちゃ大変です。

しかし僕は始めた最初と変わらない気持ちで運営できています。

赤字でも全然気になりません。(100%ではないけど)

それは『熱量』が決定的に違います

世の中には「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、これは真理。

好きなものは見返り度外視で、その世界に浸っているだけで満たされていくんです。

それはもう楽しくてしかたないんですよね。

僕もフィギュアをいじり倒して、カッコイイ写真を撮るとテンション上がります。

箱から取り出すときとか最高よ。

要するにブログなんてどんなにデザインやSEOが優れていても、熱量に勝るものなんてないんですよ。

熱量のあるブログは直観的にわかる

最近、同じジャンルで運営しているブログをたまたま見つけました。

デザインや1記事単位の情報量、SEO的にも僕のブログの方が優れています。

ですが、熱意が違いました。

毎日更新は当たり前、その分野に関する知識も僕より多いように思います。ツイッターなんかもそのテーマに関するネタを楽しそうにつぶやいていました。

直観的に「このままでは負ける・・・。」と思いました。

撮影技術や文章の技術は拙いのに、なんだか非常に楽しそうだったんですよ。

この書いている本人が楽しめているかどうかって、読者に伝わるんです。

これが直観的にわかってしまうんですね。

熱のないブログは見向きもされない

正直僕はそのジャンルに関してはにわかレベルです。好きなことには変わりないですが、知識量は足りていないと自覚しています。なによりもファン歴が浅いんですよ。

たぶんこのままでは負ける。


熱量っていうのは読み手から見て直観的なところでわかるんですよ。

これがあるかないかでは全く違う。

熱量のあるブログの方が読みごたえもあるし、ふとした時間に閲覧したくなります。

逆に熱がこもっていない、愛がこもっていないブログなんて誰にも見向きもされない。長続きもしないですよ。

アフィリエイト新規参入の人でよくみられるんですが、高額案件だからってその分野に熱量を注げないならやめた方がいいって思います。完全に時間の無駄。

これってリアルな仕事でも同じ。熱量があれば勤務態度も効率も全く違ってきますよ。

デザインやSEOも大切なことですが、あくまでフォローレベル。

軸となるコンテンツの内容がペラッペラで、その分野が好きな人から見たら全く熱がこもっていないのが分かりますよ。

くれぐれもこの点を忘れないようにしてもらいたい。特に初心者ブロガーの人にはね。

マジで好きこそものの上手なれだから。

まとめ

これを読んでいる人の中で、ブログを運営している人はいますか?そしてそのブログに熱がこもっていますか?

自信もってYESと答えられない人は今すぐに方向転換するべき。

ブログのジャンルが間違っているかもしれないし、もしかしたらあなたの熱意はブログでは表せないものかもしれない。

しっかりと自己分析して、やるべきことを見極めてください。

一応ヒントとしては、これだったら時間もお金もどれでけ犠牲にしても構わない!!

てものがあるかどうかですね。

僕はそれだけでブログを今でも運営できていますから。

もしそれがあると思ったなら後は動くのみ。

意外と物事は単純なんですよね。

僕も頑張らねばね。

おっぱい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*