163cm低身長男ユトピの現実とぼやき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やぁ。ユトピ(@yutopi60pa)だよ。

iPhoneでユトピって入力すると変換候補にヤタピって出るんだけどなんなの。

何回もユトピって入力してるのにヤタピが先に出る。

こうやってヤタピって入力するたびにヤタピが変換候補の最初に来ちゃうからもうヤタピって打つのやめるよ。

ということで今日は僕の身長の話。

僕をリアルで知ってる人は薄々気づいているでしょうが、僕は低身長ボーイです。

昨年の健康診断だとたしか163.9cmだったと思います。

(ミリ単位で上下することあるんだけど、身長にもコンディションとかあるの?)

まあどちらにせよ、ここ数年はずっと163cm代をふらふらしてます。

この身長って男にしてはかーなーり小さい!

なぜこんなに小さいままなのかはわからないけど、高校生ぐらいで止まってしまいました。

運動を全くしなかったからかもしれないよね。

ということで今日は身長163cmの低身長男ユトピの現実をつらつら書いていこうと思います。

無意識に人と比べちゃう

周りの男より小さいことはあります。モデルの友達は180cmあるので、並ぶとスタイルの悪さが目立ちます。

でも女性とならなんとか勝てます。

10人いたら6勝3敗1分ぐらいの勝率だと思ってます。

服が似合わない

サイズに合ったものを着ればある程度はよさそうですが、脚が長いわけではないので、やっぱり厳しいよね(´・ω・`)

厚底靴は意地でもはかない

でも厚底靴とかは履きたくない!!だっていくら偽っても現実は変わらないやん。。。

ナメられやすい

正直ナメられやすい。

結構人にぶつけられるし、絡まれます。

でも僕も結構気が強いタイプなので、反抗しちゃうんですけどね。

卑屈になりやすい

やっぱり小さいとどうしても卑屈になりやすいんですよ。

あまり人から身長について言われることはないのですが(というか気を遣ってもらってる)、言われなくてもどうしても比べてしまうので、必然的に卑屈になっていくんですよ。

歩くの遅い

身長が小さいので、男友達より歩くのが遅いです。

脚が長いっていいなぁ

ヒール履かないで

女性と歩くときにヒールをはかれるとあっという間に抜かれちゃいます。

以前女性とデートした時に、相手がヒールを履いてきて、『あ、ヒール履いてきちゃった・・・』って言ってたんです。

(あ、気を遣わないでいいからね・・・。)

低身長が実はモテるみたいな記事に飛びつく

それでもモテたいからGoogleとかで、低身長男子の印象って実際どうなん?っていうのを検索したりする。

それでこういう記事があると飛びつく。

[blogcard url=”https://smartlog.jp/34391″]

(可愛らしさをアピールって顔ありきやろ・・・)

姿勢だけは良くしようとしてる

ここからはちょっとポジティブめで。

すこしでも大きく見せようといつも胸は張り気味でいます。オードリー春日の70%ぐらいの張り具合。

猫背よりましよ!

ガリガリにはならないようにしてる

あとチビでガリとか悲壮感がやばいから筋肉はつけるようにしている。

なのでそこまでガリガリではないはず・・・・・です!!

気持ちは180cm

僕は大きいんだ。

いつもそう思うようにしています。

人間関係フィルターをかけることができる

逆にこんなチビでもしっかりと接してくれれば、それはある程度見た目だけで判断する人ではないんだなというフィルターがかかりますね。

それが恋人とかだったら嬉しいよね。

身長は小さくても心は大柄でいたいね!!

まとめ

でもやっぱり中身が大事だよね。

ここまで低身長男子の嘆き的なのを披露してきましたが、結局は中身ですよ。

ベタな結論ですみませんw

でも高身長でも性格クズとかわりといるし、見た目じゃわからんのだよ!

と、ここまで徒然と書いてきちゃいましたが、実際のところはもう身長気にしなくなってきました。

20代前半あたりまでは見た目ってすごく気になっていましたけど、いまは中身の能力とか経験とかの人間的なところを磨いていきたいなと思っています。

そこを理想まで近づければ自然に自信も持って、身長なんかで卑屈になることもないですし。

実際僕も働き出してから身長や見た目のことよりもとにかく経験と技術を身につけたくて日々頑張っています。

結果が出た時は周りからの視線も変わってきたし、以前よりも全然自身が持てるようになっています。

ということで低身長に悩める男子よ!!

中身だけは誰にも負けないような人間になれるようにがんばっていきましょうぜ!!!

心は180cm越えでいこうぜ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*